ゲームプランナーの給料・年収

平均年収

ゲームプランナーの1年目の平均年収は、未経験者で250万円~350万円ほどといわれています。

実務経験者になると350万円~500万円くらいになりますが、実績によってはそれ以上を得ている人もいます。

大手ゲームメーカーでは比較的安定した給料が望めますが、数ある中小のゲーム制作会社の給与形態は「実力主義」の傾向が強く、勤務年数による年功序列型の増加はあまり期待できません。

実績を残すことにより年収がアップしていくことが多いようです。

会社によっては、制作したゲームがヒット作となれば臨時ボーナスが出ることもありますし、毎月の残業時間によっても収入が変動します。

ですから、時期によって、またはある年だけ収入が大幅に増えるということもあるようです。

どんな風にキャリアアップできる?

ゲームプランナーは、ゲームディレクターと同じように、ゲーム制作の「何でも屋」のような立場になることがあります。

制作工程の全体像を理解し、現場がうまく回るようにコントロールしていくのですが、開発現場はつねに案件に追われており、人手が足りないといった状況になると、プログラミングやデザインまでプランナーが手掛けることもあります。

別の見方をすると、さまざまなスキルを持っているプランナーは、多くの現場で重宝される存在となります。

仕事ぶりがプロデューサーなどから認められるようになると、大きな作品の制作時に声がかかるようになり、給料アップにもつながっていくでしょう。

ゲームプランナーとして実績を残していくと、そこからプロデューサーになる人もいますし、他のゲームクリエイターと一緒に独立して自身のゲーム開発会社を設立する人もいます。

競争は厳しい世界ですが、実力次第で収入を上げていくことは可能です。

残業代についてもよく確認を

ゲームプランナーの仕事は納期に追われたり、バグへの対応といったことから激務になりがちで、残業時間がどうしても多くなりやすいようです。

しかし、残業代については、給料に「みなし残業代」が含まれている会社、すべて支給される会社、あるいは「裁量労働制」を取っているため残業代は出ない会社などさまざまです。

ゲーム制作の仕事に就いて、毎日ほぼ定時ピッタリに帰れるといったことはまれであるため、残業代についても確認しておくことをおすすめします。