フリーランスのゲームプランナー

フリーランスで働くとは

ゲームプランナーはフリーランスとしても働くことができますが、この仕事を未経験、あるいは経験がほとんどないような人が、いきなりフリーランスになって働いていくのは難しいでしょう。

とくにゲームプランナーは、ゲーム制作工程の全体を理解する必要があるため、ゲームメーカーやゲーム制作会社に勤務し、ある程度の経験と実績を重ねてから独立してフリーランスになるのが一般的です。

フリーランスは基本的に一人で活動しますが、なかには他のゲームクリエイターと手を組んで制作会社を起業する人もいます。

幅広いスキルを身につけておく

ゲームプランナーとして一人でやっていきたいのであれば、企画を立てることはもちろん、プログラミングやグラフィックデザインなどまで、幅広いスキルを身につけておくに越したことはありません。

一人で開発のすべてに携われるくらいになっておくほうが、何かとつぶしがきくでしょう。

そのうえで、他の人には負けないような得意分野や強みを身につけておけば、フリーランスになってから働きやすくなるはずです。

また、ゲーム業界は人と人のつながりも重要になってくるため、できるだけ業界内で人脈を作っておくとよいでしょう。

フリーランスとして働く方法は?

ゲームデザイナーがフリーランスになるために、何か特別な資格等が求められるわけではありません。

会社に所属せず、自分でフリーランスになることを決めてしまえば、すぐにでもその道でやっていくことは可能です。

しかし、たいていの場合、案件が自動的に舞い込んでくるわけではなく、自分で営業をかけていかなくてはなりません。

その際にも知識やスキルは確実に問われてくるため、自信を持ってアピールできる程度の実績を残しておくことが必要だといえるでしょう。

業界内である程度名の知れたゲームプランナーになれば、企業側から声がかかることも多く、継続的に案件に携わっていけるような形になるでしょう。