声優になるためにはどんな学校にいけばいい?(専門学校・大学)

声優になることを考えた時、学校をどう選ぶかは非常に気になるポイントです。

本記事では、声優になるための学校の種類や学費、学校の選び方などを紹介します。

声優になるための学校の種類

声優を目指す人の多くは、声優の養成所で学んでいます。

養成所は主に声優事務所やプロダクションが主催するものと、それ以外の専門学校・大学・短大に分けられます。

声優事務所・プロダクション主催の養成所

メリットとしては、以下が挙げられます。

メリット
  • 在学中からオーディションを受けられる
  • 新人向けの仕事が舞い込みやすい

その分、入所の際にはオーディションが厳しいのが特徴で、多くの人はこの対策をすべく専門学校や大学などで演技を学び、養成所の門を叩きます。

その他の専門学校・大学・短大

専門学校のなかには、声優学科やナレーター学科など声の仕事をするための学科もあります。

プロから直接学ぶ機会があったり、オーディションの情報が入ってきたりするなど、一般的な学校よりは実践的な内容が多いようです。

大学や短大の場合は、演劇学科や舞台芸術学などで演技の基本を学びます。

演技に関する専門的な内容だけでなく一般教養なども学ぶため、声優に特化した知識・スキルをすべて習得することはできません。

こうした学校で基礎を学んでから養成所に入所する人が多いようです。

声優になるには

声優を目指す人が大学に行くメリット・デメリット

演技だけでなく幅広い知識を学び教養を身につけられること、仮に声優になれなかった場合も、大卒という学歴により職業選択の幅が広がることが挙げられます。

デメリットは、4年制大学を卒業してから声優事務所に入所すると、どうしても若手に遅れを取ってしまうことです。

声優になるための専門学校

専門学校で声優になるための知識・スキルを専門的に学ぶことで、声優養成所に入ることができる可能性が高まります。

学内で行われるオーディションに合格すれば、在学中から声優としてデビューすることも可能です。

ただし、専門学校自体は声優事務所や養成所と強い結びつきがあるわけではなく、卒業したからと言って必ず入所できるわけではありません。

また、声優の専門学校では声優になるための勉強しかしないため、仮に声優になれなかった場合は一般的な仕事に就くにあたって人よりも苦労する可能性があります。

声優の学校選びのポイントは?

学ぶ期間や費用、そしてカリキュラムなどを見比べて自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

さらに、卒業してから実際に声優として活躍している先輩たちはいるか、プロの声優から直接指導が受けられるかなども加味するとよいでしょう。

声優になるための学校選びのまとめ

声優になるためには養成所へ通うのが一般的ですが、養成所の門を叩く前に専門学校や大学・短大で演技の基礎などを学ぶ人も多いようです。

養成所ではより実践的で専門的な内容を集中して学ぶことができますし、大学・短大では専門知識以外の教養を身につけることもできます。

それぞれの学校のメリット・デメリットを比較して自分に合ったところを見つけましょう。

声優になる最短ルートは…?

声優を目指すならまずは学校に入ることがスタートです。

ただ、大学や専門学校はプロダクションとのつながりが薄いですし、養成所は基礎からの勉強ができません。

かといって、大学や専門学校に行ってから養成所に入ると遅れを取ってしまいます。

そのため最短ルートで声優になりたい人は、ヒューマンアカデミーがおすすめです。

幅広い勉強ができるため、完全初心者から声優も目指せます。

また、有名プロダクションとのつながりも深く、学内オーディションは年350回以上もあるため、デビューのチャンスも多いです。

ヒューマンアカデミーの詳しい情報は、無料資料請求で今すぐ確かめてみましょう。