ゲームプロデューサーのやりがい、魅力

手掛けた作品がヒットすること

ゲームプロデューサーとして最大のやりがいといえるのは、自分がプロデュースした作品がヒットし、たくさんのユーザーに遊んでもらえることだといえるでしょう。

ものづくりに携わっていく以上、やはりできるだけ多くの人に作品の魅力を知ってもらいたいという気持ちはつねにあるものです。

とくにゲームプロデューサーはプロジェクトの責任者となるため、発売前はプレッシャーも人一倍ですが、ユーザーから「面白い!」といった前向きなコメントがあると、それまでの苦労もすべて吹き飛びます。

ゲームプロデューサーは一つでも多くのヒット作品を生み出すべく、毎日頭を動かしています。

プロジェクトが無事に終わったとき

ゲームプロデューサーは、とにかくたくさんの人と関わる仕事です。

社内の開発スタッフはもちろん、社外の関係者と折衝する機会も多く、プロジェクト全体を見ながら現場がスムーズに動くように立ち回っていかなくてはなりません。

ゲームの開発期間は年単位という長期スケジュールになることもあり、大規模プロジェクトを任されると関わる人の数もさらに多くなります。

考えなくてはならないことがたくさんあり、眠れない日々が続くこともありますが、無事にプロジェクトが終われば大きな達成感に包まれます。

成果を出して評価されること

ゲームプロデューサーは、手掛けた作品がどれだけヒットしたかによって評価される仕事です。

もちろん、マネジメントスキルや企画力など多様な能力が認められて評価されるケースもありますが、最終的には重視されるのは結果であり、ヒット作品を数多く生み出せるゲームプロデューサーは、業界内外から注目を集めます。

プロデューサーとして実績を残していけば、自分主導で大きな予算を動かしながら新規タイトルを立ち上げたり、会社の中でさらに重要ポジションへと昇進していくことも可能です。

成果は収入にも跳ね返ってくるでしょう。

頑張れば頑張っただけ認められていくことも、ゲームプロデューサーとして働くやりがいにつながります。