アニメーターへの転職・未経験からなれる?

一度は別の職業に就いたものの、あこがれを断ち切ることができずあらためてアニメーターを目指すという人もいるでしょう。

本記事では、アニメーターへの転職状況や転職時に役立つ職務経験、チャレンジできる年齢について説明します。

アニメーターへの転職状況は?

アニメーターを募集する制作会社やスタジオでは、「未経験者歓迎」としているところも多くあります。

実際、採用される人の多くはアニメーションの専門学校や大学を出たばかりのまったく現場経験がない人です。

もし学校に通っていない未経験者でも、画力さえあればアニメーターになるのは十分可能といえます。

アニメが好き、アニメの仕事に就きたいという気持ちに加えて、基礎的な画力をアピールする必要があります。

アニメーターへの転職の志望動機で多いものは?

アニメーターへ転職する場合の理由としては、ほかの志望者と同様「アニメーションが好き」ということがあげられます。

新卒で1度採用試験に落ちてしまいほかの仕事に就きながらも、アニメーターへの夢をあきらめきれず努力している人は多いようです。

また、新人のうちは収入面で苦労することも多いため、1度就職し生活基盤を整えてからアニメーターへの転職にチャレンジするという人もいるようです。

アニメーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からアニメーターになるには

どこの制作会社やスタジオに応募する場合でも、作品の提出が求められます。

どの程度のレベルを求めるかは会社によって異なりますが、最低限の画力(デッサン力、レイアウト力など)があるかどうかは、やはり現物を見ないと判断できないからです。

まだ絵があまりうまくなくても、見込みがあると思われれば採用される可能性はありますし、上達のためのアドバイスをくれることもあります。

とにかく、まずは絵の練習をすることが第一です。

学校に通えば効率的に学べますが、本やインターネットなどを使って独学も可能です。

その後、自信がついたらファイルにまとめたポートフォリオ(作品集)を用意しましょう。

ポートフォリオがあれば、もし業界に人脈ができて「作品が見たい」「アニメーターの求人がある」と言われたときにもすぐに対応でき、チャンスが広がります。

アニメーターへの転職に必要な資格・有利な資格

この世界はとにかく実力主義のため、これまでの経験や学歴、資格は求められないことがほとんどです。

それよりも日々画力の向上に努めることと、積極的に制作会社に応募するなど諦めずに挑戦する気持ちが大切といえるでしょう。

アニメーターへの転職に役立つ職務経験は?

近年はアニメーション制作の現場でもCGなどのデジタル技術が多く使われているため、画力に加えてコンピューターやCG、デジタルに関する知識は必須です。

仕事でなかったとしても、アニメーションや絵画専用のソフトなどを使った経験があれば、十分アピールできるでしょう。

アニメーターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

アニメーターに明確な年齢制限はありませんが、20代半ばごろまでを採用の目安としている会社が一般的のようです。

未経験の場合はまずは年齢関係なく下積みからスタートするため、年をとると収入や体力的に辛い面もあります。

アニメーターへの転職・何歳まで声優になれる? のまとめ

採用される人の多くはアニメーションの専門学校や大学を出たばかりのまったく現場経験がない人です。

もし学校に通っていない未経験者でも、画力さえあればアニメーターになるのは十分可能です。

どこの制作会社やスタジオに応募する場合でも、作品の提出が求められます。

最低限の画力(デッサン力、レイアウト力など)を身につけ、ポートフォリオ(作品集)を用意しましょう。

この世界はとにかく実力主義のため、これまでの経験や学歴、資格は求められないことがほとんどです。

ただし、画力に加えてコンピューターやCG、デジタルに関する知識は必須です。

また、20代半ばごろまでを採用の目安としている会社が一般的のようです。