ゲームクリエイターに なるために必要な勉強は? 独学でなれる?

ゲームクリエイターを独学で目指す人はいる?

ゲームクリエイターを目指す多くの人は大学や専門学校で学び、ゲームクリエイターに必要な知識やスキルを身につけようと考えますが、独学でゲームクリエイターになることも可能です。

独学でもプログラミング言語を学ぶことは可能ですし、実際に独学で情報技術関連の資格を取得し、プログラマーとしての就職を果たしている人もいます。

ゲームデザイナーを目指す場合も、独学でデッサン力を高めたり、「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトを用いて作品作りをすることは可能です。

インターネット上に公開されている情報を集めて学習したり、関連書籍を購入して学習し、小さなプログラムなどから実践して学ぶこともできるでしょう。

しかし、学校で教わるより効率の面では劣る場合が多いため、学習時間を多めに確保し、いつまでに何をできるようになるかを明確にしておく必要があります。

独学のメリット

独学のメリットとして挙げられるのは、まず経済的な負担が少ないということです。

また時間の拘束もないため、他の仕事をしながら自分のペースで学習時間を確保して学ぶことができます。

近年はスマートフォンで楽しむゲームが普及しており、以前よりも多様な企業が人手を欲し、アルバイト採用のゲームクリエイターを求めています。

独学かつ未経験であっても、そのような企業にアルバイトとして採用してもらい、現場で学びながら自宅で座学をおこなうといったことも可能です。

そうして経験やスキルを身につけ、ステップアップを目指していくのもよいでしょう。

独学のデメリット

企業によっては特定の学部の大卒以上の学歴を応募資格に掲げている場合もあり、独学では応募が難しい場合もあります。

とくに有名企業などは学歴を重視する傾向にあるため、大企業に就職することが難しくなる可能性もいなめません。

また、ゲームプランナーゲームディレクターなど企画職の場合は、専門的な知識・スキルよりも、幅広い見聞や時代の流れを読むセンスなどが重視される傾向にあるようです。

そういった素養はゲームに関することを学ぶだけでは身につけるのが難しい面もあります。

企画職志望者は、「大卒以上」など一定以上の学歴が求められる求人枠から就職し、ゲームディレクターやゲームプロデューサーの実際の仕事ぶりから学ばなければいけない場合が多いでしょう。

また、独学の場合だと、学校の最新設備を利用したり、教員に勉強でつまづいた点を気軽に相談できないことなどの理由から、学校に通う人よりも学習時間が増えることも予想されます。