ゲームクリエイターに なるために必要な勉強は? 独学でなれる?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ゲームクリエイターを独学で目指す人はいる?

ゲームクリエイターを目指す多くの人は、大学や専門学校でゲーム制作に必要な基本的知識・技術を学ぶことを考えます。

ただ、独学でゲームクリエイターになることも不可能ではありません。

「ゲームプランナー」など一部の職種では、学生時代の専攻や出身学部などは一切問われずに採用されることもあります。

「ゲームプログラマー」のような開発職においても、学歴はとくに問わない企業も存在します。

スキル面でいえば、インターネット上に公開されている情報を集めたり、関連書籍を使ったりしてプログラミングの基本を独学することも可能です。

とはいえ、ゲーム系の学校でしっかり学んだ人と比較された場合には、どうしても不利になることもあります。

また、独学だと学校で教わるほど深く学べない場合もあるため、学習時間を多めに確保し、「いつまでに、何をできるようになるべきか」を明確にしておく必要があります。

独学のメリット

ゲームクリエイターを目指す人が独学するメリットとして挙げられるのは、まず経済的な負担が少ないということです。

また時間の拘束もないため、自分のペースで学習時間を確保して学ぶことができます。

近年はスマートフォンで楽しむゲームが普及しており、以前よりも多様な企業が人手を欲し、アルバイト採用のゲームクリエイターを求めています。

独学かつ未経験であっても、そのような企業にアルバイトとして採用してもらい、現場で学びながら自宅で座学に励むといったことも可能です。

アルバイトから経験やスキルを身につけ、ステップアップを目指していくのもよいでしょう。

独学のデメリット

ゲーム関連企業によっては、特定の専門学校や大卒以上の学歴を応募資格に掲げている場合もあり、独学では応募が難しい場合もあります。

とくに有名企業などは学歴を重視する傾向にあるため、独学では大企業に就職することが難しくなる可能性も否めません。

なお、「ゲームプランナー」や「ゲームディレクター」など企画職の場合は、就職時点では専門的な知識・スキルよりも、幅広い見聞や時代の流れを読むセンスなどが重視される傾向です。

そういった素養は、ただ単にゲームに関することを学ぶだけでは身につけるのが難しい面もあります。

企画職志望者は、大学に進学して広い教養を身につけると同時に、ゲーム以外の多様なものに興味をもち、自分の引き出しを増やしておくことが、のちのち仕事で生きてくる可能性が高いです。

また、独学の場合だと、学校の最新設備を利用したり、教員に勉強でつまづいた点を気軽に相談できないことなどの理由から、学校に通う人よりも学習時間が増えてしまうことも予想されます。

ヒューマンアカデミーは、プロのゲームクリエイターによる指導を受けることができます。

就職サポートもしっかりしているので、本気でゲームクリエイターになりたい人は一度相談してみるのもよいでしょう。

「ゲームクリエイターになるためには、具体的にどんなことを学ぶの?」「ヒューマンアカデミーがどのようなスクールか知りたい」そんな思いがある人は、まずは完全無料の資料請求を検討してみてください。