ゲームクリエイターのやりがい・楽しさ・魅力

さまざまな領域のプロフェッショナルが集結し、ゲーム作品を作り上げていく「ゲームクリエイター」という仕事には、関わる人の数だけやりがいや楽しさがあるものです。

この記事では、多くのゲームクリエイターに当てはまる仕事の楽しさ、やりがいを紹介します。

ゲームクリエイターのやりがい・楽しさ

「おもしろい作品づくり」を追求する喜び

ゲーム制作とは、「おもしろい作品」をひたすら追求し続けることでもあります。

おもしろいゲームでなければ売れませんし、ユーザーに長く楽しんでもらうこともできません。

そのため、ゲームクリエイターたちは一切の妥協をせず、徹底的に「おもしろさ」にこだわっていきます。

しかし、簡単に「おもしろいゲーム」といっても、これだけ多種多様な作品があふれているなかで、新たなアイデアから企画を生み出し続けるのは想像以上に大変なことです。

それでもなお、ひたすら人々を楽しませるものを作っていくゲームクリエイターは、夢とロマンにあふれたやりがいのある仕事だといえるでしょう。

今までなかったものを形にできること

「ゲーム作り」というとクリエイティブで楽しそうなことのように思えますが、ひとつの作品を最後まできちんと完成させるのは非常に大変な作業です。

すべてのゲームの根源となっているものは、もともと誰かの頭の中にアイデアの種として存在していたものです。

それをゲームプロデューサーゲームディレクター、シナリオライターCGデザイナーサウンドクリエイターゲームプログラマーなどのゲームクリエイターたちが、自分の能力を最大限に発揮し合うことで少しずつ形にしていきます。

ゲーム作品に正解はありません。

「おもしろいゲームを創造しよう!」という気持ちを忘れず、クリエイターとしての情熱を持ち続けられる人であれば、無限の可能性が広がっていくでしょう。

チーム全員でゲームを作る醍醐味

ひとつのゲームを作るときには、シナリオ・音楽・グラフィックなどに関して、多方面から人が集まり、チームとなって働きます。

新人のうちは先輩のアシスタント業務など、簡単な仕事からスタートすることが一般的ですが、経験とスキルを身に付けていくことで少しずつ大きな仕事を任されるようになります。

多くの人の中で話し合いを続けながら制作していくと、最初の頃に出てきたアイデアよりさらに多くの発想がもたらされ、予想以上の作品が出来上がることもしばしばあります。

このような体験は、多くの人々と協力して作品を作り上げるからこそのものであり、チーム作業の醍醐味といえるでしょう。

ユーザーやプレイヤーの声が力になる

自分たちが時間をかけて制作した作品が世に出た後の人々の反応に対しては、多大な時間と労力をかけてきたぶん、ハラハラするのが正直なところです。

作品がヒットし、たくさんの人が楽しんで遊んでくれていることがわかれば、クリエイターにとってそれ以上の喜びはありません。

最近は、レビューサイトやSNSなどを通じて、クリエイターがユーザーの声を直接受け取れる機会も増えています。

自分が関わった作品のウケがよければ喜びを感じられますし、ネガティブな意見も真摯に受け止めることで、次回の作品作りに生かすことができます。

「ユーザーの声」は、クリエイターにとっての力になるものです。

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームクリエイターの魅力

ゲームクリエイターとして働くことにより、他の職種でも活用できる知識や技術が得られることもあります。

どの方面を担当するかで多少の違いがありますが、得ることのできる代表的なスキルをご紹介します。

プログラマーの場合(各種プログラミング技術)

プログラマーといっても、3DCGプログラマー、バックエンドエンジニアなどさまざま役割を担う人がいますすが、いずれにせよ各方面のプログラミング技術を磨くことができます。

プログラミングは、ITやWeb系の業界でも必須のスキルです。

ゲーム制作においてプログラマーとして経験を積んでいけば、将来的に他方面でも経験を生かすことができるでしょう。

サウンドクリエイター、CGデザイナーの場合(DTM、3DCGデザインの技術)

サウンドクリエイターは、ゲームの中で使用される音楽(DTM:デスクトップミュージック)を制作するスキルを得ます。

CGデザイナーは、ラフ画から3DCGデザインの技術を習得することができます。

ハードウェアの性能が大きく向上しているなか、よりリアルなサウンドの演出や風景、キャラクターへの需要は増えており、今後もこのような技術は重宝されるでしょう。

ゲーム以外では、映画やアニメなど多くの方面での活躍も期待できます。

チームでものづくりをするスキルも身につく

多数の人々とひとつの作品を作るときに大切なのは、お互いの意見をきちんとやりとりし、お互いに誤解や勘違いのないように表現することです。

そういったチーム内でのやりとりの中で、コミュニケーションスキルやプレゼン能力が自ずと向上することもあるでしょう。

一人では実現が難しいことでも、多くの人々が集まれば可能になることは、ゲーム制作以外の場でも多くあります。

チームで働く中で身につけたスキルは、もし他の仕事をすることになっても役立ちますし、人生のさまざまな場面において生かせる経験であるといえます。

ゲームクリエイター経験は他業界でも役立つ

ゲームクリエイターの仕事は、自分の思い描いたものを仲間と一緒に作り上げることができる、やりがいのある仕事です。

そして、ゲームクリエイターに求められるプログラミングスキルやデザインスキルは、他業界に行っても役立つスキルです。

スキルがあれば、終身雇用が崩れてきている現代でも仕事に困ることはないでしょう。

ヒューマンアカデミーは、アニメーター専攻コースなどもあり、他専攻の授業も受けられるので幅広いスキルを身につけることが可能です。

業界との繋がりが深く、就職サポートも手厚いのも魅力です。

詳しい情報を知りたい人は、無料で資料請求していますぐ情報を手に入れてください。

また、ゲーム、アニメ、イラストなどの実践的なコンテンツ作りを学べる学校としてアミューズメントメディア総合学院も有名です。

【アミューズメントメディア総合学院の魅力】
1.産学共同・現場実践教育
2.業界に直結した就職・デビューシステム
3.卒業後もずっとバックアップ!OB・OGネットワーク
4.業界の第一線で活躍する現役プロ講師

グループ内で映画の制作会社や音楽会社も経営しているので就職率も高く人気のスクールとなります。

ぜひ2校とも資料請求や学校見学をしてみてください。

ヒューマンアカデミー 公式サイト

アミューズメントメディア総合学院 公式サイト