アニメーターに向いている人・適性・必要なスキル

どのような職業でもそうですが、アニメーターを志すにあたって気になるのは、自分が向いているのかということでしょう。

本記事では、アニメーターに向いている性格や必要なスキル、反対に向いていないのはどんな人かを紹介します。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アニメーターに向いている性格・適性

アニメーションが好きな人

アニメーターは、アニメーションを見るのが好きなことはもちろん、自分で動かす・作り出すことに興味を持てる人が向いています。

この仕事は想像力を働かせなければならない部分もありますが、一方で1枚1枚絵を仕上げていく単純作業の繰り返しという面もあります。

特に動画を担当しているうちは、ひたすら同じような絵を何枚も描き続ける毎日が続き、人によっては飽きが来ることもあるでしょう。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉もあるように、単純作業に勝るのはアニメを好きな気持ちです。

責任感がある人

アニメーションは制作に携わる多くの人の力を集めて作られます。

絵を描く作業は机に向き合って一人でコツコツとやるにしても、後工程の作業をする人たちや他のスタッフたちのことを考え、協力しようとする姿勢が必要です。

自分の作業が遅れれば、後工程のスタッフに迷惑をかけることになります。

  • 締め切りを必ず守る
  • いい加減な仕事をしない

当たり前のことではありますが、上記の行動がとれる責任感ある人がアニメーターにふさわしいでしょう。

アニメーターになるには

アニメーターに必要なスキル・能力

周囲のアドバイスを受け入れられる人

アニメーターは独りよがりにならず、周りの人のアドバイスを素直に受け入れることも大事です。

どんな自信作も、客観的に見れば改善点が見つかるものです。

人の意見を素直に受け入れて生かそうとする人は、アニメーターとしてどんどん成長していけるでしょう。

才能よりも根気強さが大切

アニメーターは多くの絵を一定以上のレベルで仕上げなければならないため、1枚1枚の絵に向き合える根気強い人が向いているでしょう。

また、アニメーターは自分の好きな絵を自由に描けるわけではないため、ときには苦手な構図や難しい動きの絵にも取り組まなければなりません。

こうした根気強さは仕事をする上だけでなく自身のスキルアップのためにも欠かせません。

アニメーターとして長く働き続けるためには、才能やセンスよりも、根気強くこつこつと努力を積み重ねる姿勢が大切です。

アニメーターに向いていないのはどんな人?

仕事をしていく上で、収入や給料は切っても切り離せない問題ですが、アニメーターという職業は、就職すればすぐに稼げる仕事ではありません。

とくに新人のうちは一般的なアルバイトよりも収入が低いケースが大半で、長時間労働や低賃金を理由に挫折してしまう人もたくさんいます。

単なる憧れや生半可な気持ちでアニメーターを目指す人は、アニメ業界ではやっていけません。

アニメーターの適性のまとめ

アニメーションを見るのが好きなことはもちろん、自分で動かす・作り出すことに興味を持てる人がアニメーターに向いているといえます。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉もあるように、ひたすら描くという単純作業に勝るのはアニメを好きな気持ちです。

アニメーションは制作に携わる多くの人の力を集めて作られるため、自分の後に作業する人のためにも納期は厳守しなければなりません。

そして一定以上のクオリティーを保って絵を描き続ける力も大切です。

そのためには、人の意見を素直に受け入れて生かそうとする姿勢、根気強くこつこつと努力を積み重ねる姿勢が求められます。

単なる憧れや生半可な気持ちでアニメーターを目指す人は、アニメ業界ではやっていけません。