ゲームプランナーへの転職、未経験採用

人の入れ替わりは比較的激しめ

ゲーム業界は、人の入れ替わりが激しいといわれています。

それにはさまざまな理由が考えられますが、制作の現場では長時間労働や徹夜になることも多く、心身ともに耐え切れなかったという声や、「ゲームクリエイター」というカッコいい肩書きに憧れたものの、一人前になるまでは地味な作業しか任せてもらえず、理想と現実のギャップに苦しんでしまったという声などが聞かれます。

大好きなゲームに仕事として関わっていけるのは魅力的ですが、それだけ厳しい世界であるということも知っておく必要があるといえそうです。

ただし、人の入れ替わりが激しいということは、転職希望者へのチャンスが多いということでもあります。

またゲーム業界では若い人が多く活躍しているため、経験が浅くてもゲーム制作に対する情熱があり、意欲的であれば、働ける可能性は十分にあります。

未経験者でも転職できる?

ゲームプランナーは、おもにゲームメーカーやゲームソフト開発会社で働いています。

ゲームプランナーの求人を見ると、即戦力になれる経験者を対象とするものもあれば、未経験者でも応募できるものもあります。

ただし、いくら「未経験者歓迎」となっていても、同時に経験者の応募があればそちらが有利になることは確かです。

ゲームプランナーは一度の求人で大量に採用されることはめったになく、退職者が出たなどで人員が不足した場合に不定期で募集がかけられることがほとんどです。

そのため、未経験者の場合は、簡単に転職先が決まらない可能性も考えておいたほうがよいでしょう。

また、学歴不問のことも多いものの、大手ゲームメーカーでは「大学卒」の学歴が求められることもあるようです。

アルバイトからスタートする人も

ゲーム業界には、正社員以外にアルバイトや契約社員といった形で働く人も多数います。

とくに未経験者はアルバイトや契約社員からスタートし、頑張りや実績が認められると正社員になれるといった会社もあります。

また、アルバイトであっても、ゲーム開発の現場で勤務した経験があれば、その後の転職活動時に経験をアピールすることができます。

正社員としての転職が難しい場合、まずは他の雇用形態で業界に入り込み、ステップアップを目指していく方法も考えられます。