ゲームプランナーに向いている人、適性、素質

さまざまな人とコミュニケーションがとれる

ゲームプランナーは、ゲーム制作に携わる職種のなかでも、とくに高いコミュニケーション力が求められるといえます。

プログラマーやデザイナーといった開発現場のスタッフへの連絡や指示出しなどをしなくてはなりませんし、ディレクターやプロデューサーなど、現場を監理する立場の人の思いを理解して現場に伝えるといったことも行います。

ゲームプランナーが仕事を円滑に進めるためには、コミュニケーションが必要不可欠です。

さまざまな立場や状況に置かれている人とうまく接していけるようなタイプの人が、ゲームプランナーには向いているといえるでしょう。

人に何かを伝えることが好き・得意

ゲームプランナーは、ゲームの企画を考えて形にしていく役割を担います。

頭の中にあるアイデアを、他の人にもわかるように提案書を作成したり、プレゼンテーションをしたりする機会が多くなります。

どれだけ素晴らしい考えがあっても、それが人に理解されなくては作品として世に送り出すことは難しいため、自分の考えをきちんと話すことができたり、言葉などで伝えていくことが好きな人や得意な人に向いている仕事です。

ゲーム作りへの強い情熱がある

ゲームクリエイター全般にいえることですが、ゲーム制作に関わる以上、「こういうゲームを作りたい!」という情熱は欠かせません。

売れるゲーム、多くの人に愛されるゲームを生み出すことは、そう簡単なことではありません。

とくにゲームプランナーは、ゲームのコンセプトや設定を作り上げていく立場となるため、発想力が重要なものとなってきます。

また、これまでにない作品を生み出すための独自性やユニークさが求められることも多々出てきます。

日ごろからアンテナを張り、こんなゲームを作ってみたいという思いがどんどん沸き起こってくるようなタイプの人であれば、ゲームプランナーの仕事を楽しめるでしょう。