ゲームプランナーの現状と将来性

ソーシャルゲームやアプリゲームの需要が高まる

ゲームプランナーの活躍の場は、昔に比べると広がっているといえるでしょう。

現代は、家庭用ゲーム機向けのゲーム作品だけでなく、スマートフォンやタブレット向けのソーシャルゲームやゲームアプリの需要が高まっており、それらのプランニングに携わるゲームプランナーのニーズが急増しています。

新しいゲーム制作会社も増えており、ゲームプランナーを目指す人にとってもチャンスはまだまだあるといえるでしょう。

しかし、ゲーム業界として競争は厳しくなっているのも事実です。

ゲームプランナーは大ヒット作を生み出すきっかけになる重要な役割を担う職種であるため、つねにアンテナを張り巡らせてトレンドや市場ニーズに対して敏感である必要があります。

そのうえで、オリジナリティあるゲームを生み出せるプランナーがますます求められるようになっています。

若い人が活躍しやすい業界

ゲーム業界の魅力のひとつは、若手が活躍しやすいということです。

実力主義の傾向が強く、実績を積みながらスキルを磨いていけば、年齢関係なく有名になれるチャンスも得られますし、独立して働くこともできます。

逆にいうと、実力がなければ大きなプロジェクトに関わったり、新しい仕事に挑戦していくことも難しくなることがあります。

ゲームプランナーはゲーム制作の全体像を理解している必要があるため、つねに向上心を持って勉強を続けると同時に、ゲーム作りに対する情熱を持ち続ける必要があるといえるでしょう。

新しい技術を学ぶことも必要

IT技術の進歩により、ゲーム業界でも新しい技術がどんどん取り入れられています。

たとえば「VR(仮想現実)」や「AI(人工知能)」の技術も導入されていますし、世界で人気の高い「FPS(ファーストパーソン・シューター)」といわれるようなジャンルに、これから日本のゲームメーカーはさらに力を入れていくという見られ方もあります。

ゲーム業界は速い勢いで変化し続けていくため、ゲームプランナーは、それらに対応したたプランニングができるだけの知識・技術を身につけていかなくてはなりません。