ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームクリエイターの仕事とは

私たちが日々遊ぶゲーム作品は、実にたくさんのプロフェッショナルたちが集結して作られています。

「ゲームクリエイター」とは一般的に、こうした「ゲームを作る人たち」のことを総称して使われます。

ゲームのシナリオを書く人、背景グラフィックを作るチーム、キャラクターを作成するチーム、ゲームシステムを作り操作性向上にたずさわるチーム、音楽を作るチームなどがあります。

その他チームを取りまとめるディレクターや、各ディレクターをまとめるチーフディレクター、ゲーム全体の総指揮をとり、人材や資金繰りにもたずさわるプロデューサーなどにより構成されます。

それぞれが自分の得意分野に基づいた役割を持ち、チームワークを存分に発揮しながら、一つの作品を完成させるために全力を尽くしていきます。

またスマートフォンが普及してからはゲームアプリを制作する人々も増えています。

個人で制作している場合は1人でひとつのゲームの全てを制作することもありますが、おもにはひとつのゲームに大勢の人が関わっています

ゲームクリエイターの業務の内容

ゲームクリエイターの業務は、どのような部署に所属しているかによって違ってきます。

たとえば、

・新しい作品の企画を立てて世界観を考える人
・ゲームシステムやシナリオを作る人
・BGMや効果音を作曲する人
・キャラクターをデザインする人
・現場監督としてスタッフをまとめる人

といった具合に、一人ひとりが得意分野に応じた役割を持ち、全員で協力しながら一つの作品を完成させていきます。

ここでは、代表的なゲームクリエイターの職種をいくつか挙げてみましょう。

プランナー

新しいゲームを生み出すきっかけとなるアイディアを出す人です。

「これからどんなゲームが流行りそうか?」「どれだけ売れそうか?」などマーケティング力も発揮しつつ、市場を理解した上で具体的な企画内容に落とし込み、仕様書を作ります。

また、シナリオ作成や作品のテスト、スクリプト言語を使ったプログラムのような作業を行うこともあります。

シナリオライター

ゲームのストーリーや、登場人物のセリフ等を作成する人です。

企画意図に沿って、またシステムを頭に置いてシナリオを書いていく必要があるため、ディレクターやプランナーが兼任することもあります。

プロデューサー

ゲーム制作に不可欠な予算面の管理や制作メンバーのチーム編成、スケジュール管理などを担当します。

現場の仕事に中心的に携わることはあまり多くはなく、対外的な職務を多くにないますが、作品を統括する立場として必須の存在です。

ディレクター

制作チームの中で、いわゆる「現場監督」としてチームをとりまとめる立場の人がディレクターです。

予定通りに制作が進行しているか把握しながら、各セクションのスタッフに指示を出したり、必要に応じて軌道修正を行い、クオリティの管理もおこないます。

全体を見渡しながら多くのスタッフをまとめ、適切な指示を出していかなければならないため、責任は重大です。

CGクリエイター(3D/2D)

ゲームに使用される風景や、画面上で動くキャラクターなどのグラフィックを生み出す人です。

2Dの場合「ドット」と呼ばれる点で人物や背景などを描いていきますが、近年主流となっている3Dグラフィックではポリゴンという技術を用いて絵を表現します。

紙に書いた原画を提供する「キャラデザイナー」と呼ばれる人もいますが、おもに有名な漫画家イラストレーターが担当することが多いです。

サウンドクリエイター

ゲーム内で使われる音楽を作る人です。テーマ曲や戦闘用音楽だけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音(SE)も制作します。

音楽一つでゲームの印象がガラッと変わるため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、しっくりくる音楽を作り上げる必要があります。

DTM(デスクトップミュージック)というシステムを使用して楽曲の作成をする人が多くいますが、なんらかの楽器演奏の経験がある人が多いようです。

プログラマー

絵や音楽など、ゲームを成り立たせるための全ての要素をゲーム内に落とし込む作業を行うスペシャリストです。

具体的には、コンピュータに専門的な言語を使ってプログラミングを行い、バグが出なくなるまで修正を行う職種です。

デバッガー

ゲームを実際にプレイしてみて、何か不具合がないかどうかを確かめる人です。

さまざまな方法でプレイをしてみて、不具合が出ないかひとつひとつ確かめる、根気のいる作業です。

不具合がある場合はプログラマーがデバッグという作業をして、不具合が出ないように修正をおこなえるように報告する仕事です。

ゲームクリエイターの役割

昨今ではメディア間を超えた作品の制作がさかんにおこなわれています。

たとえば、アニメや映画が原作の作品をゲームにしたり、逆にゲームをアニメ化や映画化するといった具合です。

そのような場面では、企画担当のプランナーやプロデューサーなどが他職種の上役と交渉や協力をしながら作品を作っていきます。

またスマートフォンの普及により、家庭用ゲーム機やアーケードゲーム機だけでなく、スマートフォンでダウンロードして気軽に遊べる「ゲームアプリ」の開発もさかんです。

スマートフォンの性能が上がるたびにゲームアプリの質も向上し、今では大人も気軽にゲームアプリで遊べる時代になっています。

ゲームクリエイターの勤務先・有名な企業

ゲームクリエイターとして働く人々が多く勤める組織は、ゲーム制作を中心とした企業です。

有名な企業では、ゲーム機の制作もおこなっている「任天堂株式会社」、映画『バイオハザード』で海外でも有名になった「株式会社カプコン」など、さまざまな企業が挙げられます。

ゲーム制作をおこなう大企業では、ゲーム以外のコンテンツも取り扱うことが多いですが、社員数も多いため、ゲーム制作チームはゲームのみに携わることがほとんどのようです。

それ以外に、ビジュアル関連のデザインやコーディングを担当する人は映像製作会社などに属する人もいます。

このような会社では、ゲーム制作以外に映画やアニメ制作に携わることもあります。

また同様にゲーム内の音楽やサウンドエフェクトを製作する人々は、音楽制作会社に勤務し、ゲームのほかにもさまざまな音楽シーンで活躍する人もいます。

ゲームクリエイターの勤務先と仕事内容の違い

ゲームクリエイターの仕事の流れ

一つのゲームができあがるまでの時間は長く、なかには数年、短くても半年程度はかかるのが普通です。

はじめに、プランナーが新作ゲームの企画書を作り、会議でプレゼンをおこないます。

プレゼンの結果企画が通ると、プランナーは次に「仕様書」という、より細かい仕様を盛り込んだものを作成します。

プロデューサーはゲーム制作に携わる人員確保や資金の管理を行います。

仕様書ができたら、それに沿ってシナリオライターが脚本を作成します。

またCGやゲームに使われる音楽、ゲームのシステムなどの制作をおこない、プログラマーが一つのゲームとしてまとめあげていきます。

プログラマーら制作チームと、プロデューサーやプランナーなど企画チームの間の調整をディレクターがおこない、現場監督の役割をにないます。

ゲームができあがったらデバッガーの出番です。

いろいろな方法でプレイをし、どのようなプレイをしてもバグ(ゲームが進行しなくなるなどの不具合)が起きないか試します。

報告されたバグをプログラマーが修正すると、ゲームができあがります。

ゲームクリエイターと関連した職業

ゲームプログラマー

ゲームクリエイターと呼ばれる職種のうちのひとつで、無くてはならないのがゲームプログラマーという仕事です。

ひとくちにプログラマーと言っても仕事の内容はさまざまで、ゲームプログラミングをする人以外にもアプリを作るプログラマーやウェブ制作を専門とするプログラマーなどがいます。

ゲームプログラマーの仕事

サウンドクリエイター

また、サウンドクリエイターと呼ばれる人のなかには、ゲームの音楽や効果音を作る以外にもオリジナルの楽曲を作り、販売する人もいます。

さらに、自分の作った楽曲に歌詞をのせて歌ってもらい売り出すといったような、楽曲以外のこともプロデュースする人たちもいます。

そのような歌手をプロデュースする人もプロデューサーと呼ばれますが、普段はゲームとはまったく違う仕事内容をしている人たちです。

しかし、そのような楽曲のクリエイターがときおりゲームミュージックのプロデュースをすることもあります。

その場合は、ゲームプロデューサーのもと、仕様書にしたがってサウンドクリエイターと同じような立ち位置で仕事をします。

サウンドクリエイターの仕事

ゲームクリエイターは多種多様

ゲームクリエイターの仕事は音楽、シナリオ、企画など様々な仕事があります。

自分にあった仕事を選ぶことが重要です。

しかし、やったことがないと決めるのが難しいと感じる人もいるでしょう。

ヒューマンアカデミーなら、在学中でも他専攻に乗り換えも可能なので、「目星はついているけどまだ迷っている」という人でも安心です。

インターンシップや就職サポートも充実していて、卒業後の進路確定率は95.6%を誇っています。

ヒューマンアカデミーについて知りたい人は、無料資料請求をして詳しい情報を手に入れてください。完全無料なので、気軽に申し込んでおくことをお勧めします。

ゲームクリエイターの「仕事内容」の口コミ投稿

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    ゲームプランナー ふぢいさん

    39歳 男性 経験5年 神奈川県

    退職済み(正社員)


    仕事はコンシューマーゲームのプランニングが主でした。

    企画書や各種仕様書の作成。それをプログラマーやデザイナーに渡し、ゲームに実装してもらいます。

    この業界では珍しく、横浜の割と郊外に近い環境に会社がありました。

    ただ、都心と違い自社ビルは3つ程ありました。