声優への転職・何歳まで声優になれる?

声優への転職状況は?

声優に憧れ、一度は別の職業に就いたもののあらためて声優を目指すという人も多くいます。

しかしながら、プロの声優になって生活していくだけのお金を稼ぐのは、とても難しいことです。

たとえ10代の若いうちから厳しいレッスンを受けたとしても、なかなか芽が出ずに別の道へ進む人も大勢います。

声優は実力はもちろんのこと、運やセンス、人脈なども必要とされる仕事であるため、いくら自分ががんばっても必ず成功できるとは限りません。

少なくともよほどの才能がある人でなければ、養成所でしっかりとレッスンを受けない限り、憧れの気持ちだけで声優になることは難しいといえます。

また養成所を出てプロダクションに所属できたとしても、新人のうちは転職する前よりもグッと収入が減る覚悟はしておく必要があるでしょう。

なお、もし年齢を重ねてからこの世界に入るのならば、ライバルの多いアニメの声優よりも、いわゆる「ナレーター」としての仕事のほうが絶対量が多く、仕事も手に入りやすいようです。

未経験・社会人から声優になるには

声優は、特別な資格や学歴が求められる職業ではないため、なろうと思えば誰でも目指すことができるといえます。

しかし第一線で活躍する声優を目指すのであれば、きちんとレッスンを受けてスキルを磨く必要が出てきます。

独学のみで声優になるのはとても難しいとされているため、声優の養成機関に通う必要があるでしょう。

声優になるための養成所やスクールは、全国にいくつもあり、学校によってカリキュラムや特色は異なりますが、なかには夜に開講するところや、週末を使って効率的に学べるところもあるため、努力次第では仕事とスクールを両立させることは十分可能だといえます

自分の生活パターンや、目指すべき声優像を明確にしたうえで、きちんと学べる学校を選ぶとよいでしょう。

現在プロとして活躍している声優の中にも、仕事をしながら養成所に通っていた経歴を持つ人は少なくありません。

声優への転職に必要な資格・有利な資格

声優になるために特別な資格は必要ありません。

それよりもとにかく声優に対する情熱を持ち、努力を続けることが大切です。

声優は実力勝負の世界で、次から次へと若手の実力派声優が登場し、いざ仕事を始めることができたとしても、すぐに追い抜かれてしまうこともあります。

厳しい環境でも夢のために足を踏み入れたいという気持ちがあるのなら、たとえレッスンがない日でも、自主的に家でトレーニングをしたり、勉強をしたりする努力が必要です。

学ぶ時間が限られているからこそ、他の人よりも集中力を発揮できると前向きに考えて、日々地道な努力を続けることが大切です。

声優に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

チャレンジは何歳から出も可能

一般的に声優は俳優タレントとは異なり、表舞台に立つことはほとんどありません。

そのため、アニメや映画の吹き替えの仕事では、大人が子どもの声を演じることもあれば、比較的若い人がお年寄りの声を演じるということもよくあり、実力さえあればあまり年齢は問われない仕事だといえます。

たとえ年齢を重ねてからも、自分の体力と気力が続く限り仕事を続けていくことができるのも、声優という職業の特徴です。

「若いほうが体力がある」「覚えがいい」といった面はあるかもしれませんが、情熱と努力し続ける覚悟があれば、何歳からでも声優を目指すことは不可能ではないといえます。

年齢制限がある養成所も

気を付けておきたいのは、声優の養成所によっては、入所に際して年齢制限があるという点です。

「40歳くらいまで」を条件としているところが多いようですが、養成所によってはもっと若い人しか通えない場合があるようです。

どうしても入りたい養成所があるのなら、早めに年齢制限について確認し、すぐに行動を開始したほうがよいでしょう。