歌手としてデビューするには? オーディション合格やスカウトされるコツは?

歌手のデビュー方法

職業歌手を目指す人たちは、日々「デビュー」できることを夢見て、地道な練習や音楽活動に取り組んでいます。

デビューするためにはいくつかの方法がありますが、ここでは、その代表的なものについて紹介していきます。

オーディション、コンテスト

歌手のデビュー方法として、最もよく知られているといえるのが「オーディション」や「コンテスト」です。

歌手のオーディションやコンテストは、主にレコード会社や音楽プロダクションが開催しています。

そこでは、歌手志望者がプロの審査員の前で自分の歌を披露したり面接を受けたりして、自分の実力やセンスなどをアピールすることができます。

同時にこれはレコード会社や音楽プロダクション側にとって、才能ある新人歌手を発掘することができるというメリットがあります。

規模はさまざまですが、オーディションやコンテストは、年間を通じて比較的多く行われています。

最近ではアマチュアが参加するカラオケ大会のような形式で進むコンテストも人気です。

テレビ番組でも人気のコンテンツになっているので、興味のある人は調べてみるとよいでしょう。

オーディションやコンテストの合格のためには審査員との相性や運も必要なので、合格を勝ち取るためには、とにかくたくさんの応募をすることが大切です。

デモテープの送付

自分の歌が入ったCDやデータなどを、レコード会社や音楽プロダクションに送付して売り込む、という方法も昔からよくとられています。

すぐに聴いてもらえるとは限りませんが、何か光るものを見出してもらえた場合には、「一度会いませんか?」という形で連絡が入ることもあります。

この方法をとる人は、自信作ができるたびに定期的に送っていたり、複数の会社に送っていたりするような人も少なくありません。

まさに夢に向かって地道に種をまく活動だといえます。

ただし、デモテープを受け付けている事務所とそうでない事務所があるので、できれば事前に音楽事務所に確認しておきましょう。

ライブ活動

ライブハウスや路上ライブをやりながら、少しずつ歌手としての知名度を上げていくという方法をとる人もいます。

こちらはオーディション参加やデモテープ送付の方法とは異なり、少しずつ動員が増えていく喜びや、観客から直接反応がもらえるという特徴があります。

音楽業界の人たちは、常に次世代の新人アーティスト発掘に勤しんでいるので、「あそこにいい歌手がいるみたいだよ」という噂が広まれば業界関係者がライブを見に来てくれる可能性もあります。

まずはあらゆる方法を駆使して、関係者の目に何とか留まるように意識することが大切だといえます。

歌手のスカウト

地道に音楽活動を続けていると、音楽プロダクションなどの業界関係者から「デビューしませんか?」といったスカウトの話を受けることがあります。

しかし、スカウトといっても条件はさまざまです。

本当に親身になってサポートしてくれるプロダクションもあれば、レッスン料をとって収益を上げることを目的に話を持ち掛けてくる、悪質なスカウトも存在するようです。

スカウトが来たからといってすぐに話に飛びつくのは禁物です。

会社の規模や条件をよく聞き、本当に安心できる話か見極めてから契約するようにしましょう。

スカウトの注意点

スカウトを受ける際に注意しなければいけないことがあります。

「スカウトが来る」ということは、歌い手としてのレベルが少なからず認められるようになったということでもあります。

ここですぐに契約を決めるという選択肢もありますが、このままもう少し活動を続け、他のプロダクションからのスカウトが来ないか様子を見てみるのもひとつの方法です。

実際、デビューを決めた人の多くは、数社からのスカウトのうち最も信頼できそうなプロダクションに決めたと話す人も少なくありません。

会社によって売り出し方やカラー、歌手に対する考え方が違いますから、スカウトの話が本当に自分に合うのかどうか見極めてからでも遅くはありません。

スカウトを受けるコツ

実はスカウトされやすい場所というのは、ある程度決まっています。

地方よりは都市部、とくに東京には多くの音楽プロダクションが存在しているため、スカウトの数も圧倒的に多いといわれています。

もちろん、実力があると噂になれば、地方にいてもスカウトが来ることはあります。

とくに近年は、動画サイトに自分の歌っている姿を簡単に載せることができるため、住んでいる場所は関係なく、自分自身をアピールしやすくなっているのも事実です。

しかし、やはり都市部に出たほうがスカウトの目に留まりやすいことから、若くして上京し、地道に一人で音楽活動を続けている歌手の卵も大勢います。