ミュージシャンの需要・現状と将来性

ミュージシャンの現状

CDが売れなくなった

インターネットを通じたダウンロードコンテンツが拡充し、多くの人々がネットを通じてさまざまなコンテンツを入手できるようになった現代、「CD」の売り上げは低迷しています。

一部のアイドルグループのCDは売れているものの、ミュージシャン業界全体でみると大幅な落ち込みがみられています。

プロモーション方法も多様化

ミュージシャンが自身の音楽や名前を売り込む方法も多様化し、さまざまな方法に対応する必要性が出てきました。

以前であればテレビや雑誌などのメディアを通じてのプロモーションが一般的であったのに対して、昨今はブログやSNS、動画投稿サイトを通じたプロモーションの手法が利用されています。

時代に取り残されないためには、最新の情報発信ツールを利用する柔軟性を発揮する必要があるのです。

ミュージシャンの需要

大衆音楽の需要は今後も続く

クラシック音楽が長年その需要を残し続けていること以上に、大衆音楽の需要は世界的に残り続けるといえます。

感情を揺さぶり、リラックス効果などさまざまな力を持つミュージシャンの音楽は、今後も人々に求められ続けるでしょう。

新しい音楽に対してどう対抗するか?

しかしながら「新しい音楽」に対してどのように対抗すべきかという点は無視できません。

昨今、「ボーカロイド」などの合成音声を使った新しい音楽が人々に浸透しており、大衆音楽が従来の音楽需要を塗り替えたように、ミュージシャンの音楽も新しい手法の音楽に取って代わられる可能性は十分に考えられます。

音楽全体の需要は残り続けるものの、その中から人々の関心を維持し続けることは決して簡単なことではないのです。

ミュージシャンの将来性

成功のためには「どう生きたいか?」が問われる

ミュージシャンにとって「芯」となる部分、ミュージシャンとしてどう生きたいかを明確にし、大切にすることも重要なポイントとなります。

ミュージシャンとしてどのような地位を築き上げたいのかを明確にしなければ、中途半端なミュージシャンに終始し、人々の関心を集めることは難しくなってしまいます。

プロモーション活動にも注力する

ミュージシャンとして活動し、黙っていても売れるような時代はもはや終焉を迎えました。

ミュージシャンとして生き残るためにはメディアへの出演やインターネットでの情報発信を利用したプロモーション活動や、その時代に合った音楽を手掛けるといった臨機応変な動きが求められるのです。

インディーズも視野に入れて将来を見据える

しかしながら、露骨に「売れるため」に活動しているだけでは、決して成功への道は開けません。

自分自身の音楽を追求し、ミュージシャンとしての成功の地位を築き上げるためには「インディーズ」として活動することも視野に入れなければならないでしょう。

ミュージシャンの今後の活躍の場

動画投稿サイトやSNSを利用したプロモーション

昨今、動画投稿サイトやSNSによって情報発信しているミュージシャンが注目される事例を数多く見かけるようになりました。

無料でも利用できる動画投稿サイトやSNSはスマホ利用が盛んな現代に最適なプロモーション方法の1つであり、知名度を高めるために利用するミュージシャンは数多くいます。

メディアの形が変わればミュージシャンの活躍の場も変わる

今後、新しいメディアやネット上のサービスが登場すれば、そこにミュージシャンとしての新しい活躍の場が生まれる可能性は十分に考えられます。

ミュージシャンに求められるのは、人々が注目し利用する新しいメディアやサービスの登場に対して柔軟に対応し、いち早くそこに自分の活動の場を確立させることができる対応力の高さです。

逆に、従来のプロモーションの手法は廃れてしまう可能性がありますので、1つの手法に固執せず、幅広い方法で音楽を披露できる行動力も求められます。