音楽家に向いている人・適性・必要なスキル

音楽家に向いている性格・適性

音楽に情熱を持っている

音楽家にとって最も重要なことは「音楽を愛し、情熱を向け続けられる」ことでしょう。

音楽家の道にはさまざまな困難が待ち受けています、厳しい練習をこなしても成果が現れない日々を送り続けることもあるでしょう。

ほんの一握りの「音楽の成功者」になるためには、その道のりを必死になって歩き続けられるだけの音楽への愛情と情熱を持つ人でなければ、その多くは途中で挫折してしまいます。

努力家である

もちろん、愛情や情熱を持っているだけでは、音楽家として成功することはありません。

楽器演奏の技術や音楽センスは日々の練習や勉強で培う必要があり、持って生まれた才能だけで生きていくことは簡単なことではないのです。

音楽に関する努力を続けられる性格であることもまた、音楽家として成功するために必要な適性であるといえます。

精神面でのタフさ

音楽家は「精神的なタフさ」が必要不可欠だといえます。

ライバルとの競争に負けず、コンクールなどの機会で緊張せずに万全なパフォーマンスを発揮できる精神的な強さが求められるのです。

体力がある

精神的な強さだけでなく、体力面でも音楽家は問われる場面があります。

練習のために時間を費やすだけでなく、生計を立てるためにアルバイトをこなす人も多いですし、有名になれば海外での公演や留学の機会もあり環境の変化に耐えなければなりません。

音楽家になるには

音楽家に必要なスキル・能力

音楽の技術

一流の音楽家として認められるためには、コンクールで入賞するなどの結果を残さなければなりません。

そのためには、例えば楽器演奏者であれば演奏技術などを伴っていなければならず、厳しい練習で地道に培っていかなければなりません。

音楽のセンス

音楽家には、技術面での優秀さだけでなく「音楽のセンス」も求められます。

音楽という世界は「決まった正解のない芸術の世界」であるため、技量の優秀さだけで生きていくことは難しいのです。

天性のセンスだけでなく日々の練習や勉強で培っていくこともできますが、優秀な指導者に巡り合い、自分に合った道を選ぶことができるかという点が重要になります。

根気強さ

音楽は優雅で美しい世界というイメージを持つ人が多いですが、それに携わる音楽家の人生は決して美しい部分だけではありません。

血のにじむ努力と結果を出せないことに涙する日々、生活するためのアルバイトに汗を流すといった、地道で地味な日々を乗り越えてはじめて成功をつかむ音楽家には、そんな日々を耐え抜くための根気強さが必要不可欠です。

協調性

例えば「楽団」に所属する場合、同じパート違うパートの仲間たちだけでなく、指揮者や楽団関係者、利用する施設の担当者など、さまざまな人たちと関わって音楽に携わることになります。

協調性を発揮することで仲間や関係者との関係を良好に保ち、音楽家としての活動に支障をきたすリスクを最小限に抑えられます。

音楽家に向いていないのはどんな人?

華やかさに憧れる

音楽を奏でることそのものが好きというより、華やかなコンサートで演奏する姿に憧れて音楽家を目指す人もいるでしょう。

憧れは悪いことではありませんが、やはり「音楽」に対する自分の気持ちと向き合うことができなければ、長く音楽家を続けることはできないでしょう。

地道な努力が嫌い

音楽家の道は、地道な努力の上にこそ輝いています。

日々の練習、仲間とのコミュニケーション、生活のためのアルバイトなど、外見ではわかりにくい地道な努力が成功につながります。

音楽家に限ることではありませんが、小さな努力が未来につながると信じることができなければ、「なりたい自分」になることはできないでしょう。

コミュニケーションが苦手

音楽家にはコミュニケーション能力や協調性といった、他人と関わるうえで必要不可欠なスキル・性格が必要です。

「ソリストなら不要では?」と思われるかもしれませんが、公演するにあたってはさまざまな人と関わらなければ開催することはできず、自分本位な音楽家は関係者から嫌われてしまいます。

特に楽団のように集団で1つの音楽作品を完成させる立場であれば協調性は欠かせないものであり、これが欠如していれば楽団での居心地が悪く、最悪の場合は楽団を追い出されてしまう可能性も捨てきれません。