「作曲家」の仕事とは

作曲家の仕事内容

音楽を作り、アーティストなどに提供する

作曲家は、アーティストやクライアントから依頼を受け、音楽を作る仕事です。

基本的にメロディーのみを作るのが作曲家の仕事ですが、なかには曲に言葉をのせていく作詞まで手掛けたり、歌のメロディー以外の伴奏部分、つまりカラオケのすべてのパート(ギターやドラム、管楽器や弦楽器など)を考える編曲にも携わる作曲家もいます。

作曲家が作る音楽には、歌手やミュージシャンがCDやライブなどで演奏するポップスやロック音楽はもちろん、ゲーム、映画、テレビドラマ、アニメなどで流れるBGMなどもあります。

作曲家の就職先・活躍の場

事務所に所属するか、フリーランスになるか

作曲家は大きく「プロダクションなどの事務所に所属するタイプ」と、「フリーランスで活動するタイプ」に分けることができます。

前者は、事務所からのオーダー(依頼)で仕事を行い、事務所に所属するアーティスの曲やCMなどを制作していきます。

後者の場合には、クライアントから直接依頼を受けて、案件にマッチする楽曲を制作していくことになります。

とくにフリーランスの場合は実力はもちろん、実績や人脈も必要になり、誰もが簡単にできる働き方とはいえないでしょう。

作曲家1日

ひたすら作曲を続ける毎日

作曲家の日々は、だいたい「打ち合わせ」か「作曲」のどちらかをしていることが多くなるでしょう。

日によって仕事をする時間は変わることもありますが、ここではCMの楽曲を作るある作曲家の1日について紹介します。

10:00 起床
メールチェックをし、クライアントからのメールには即返信。

11:00 作曲開始
前日の続きの作業を進めます。主体となるメロディーをピアノでパソコン内に打ち込みます。

14:00 微調整
おおよその楽器音を入れた後、クライアントが聴きやすいように音のバランスを整えます。

15:00 クライアントへ送信
デモが完成したら、メールでクライアントに送付します。

15:30 休憩
昼食をとります。

17:00 別の楽曲を作成
企業から提案されたCMのイメージを確認し、何個かパターンを考えながら作曲を進めます。

19:30 完成
何パターンか作ってクライアントへ送付。

20:00 自由時間
今日は早めに仕事を終わらせ、夜は自由時間として過ごします。

作曲家になるには

音楽関連の学校に通う人も多くいる

作曲家になるための方法に決まりきったものはありません。

現在、作曲家として活躍している人の経歴もまちまちですが、なるための方法を大きく分けていくと、「音楽大学や専門学校に通う」「レコード会社主催のオーディションやコンクールで優勝する」「自身の音楽活動を通じて業界に入る」などの方法が挙げられます。

作曲家は特別な学歴や資格が求められる職業ではありません。

独学でも作曲の勉強をすることはできるため、自分でオーディションに応募して業界関係者に認められ、作曲家デビューも不可能ではありません。

ただし、作曲のことをより効率的に学ぶために、音楽大学や音楽専門学校に通う人もたくさんいます。

現代はパソコンの音楽作成ソフトを使って作曲する機会が多くなっていますが、楽器が弾けることは強みになるでしょう。

作曲家の学校・学費

本格的に音楽理論を学べる音大から、手軽な講座まで

作曲家になるための学校の種類としては、音楽大学、音楽専門学校、そして音楽関係の講座やスクールなどが挙げられます。

クラシック系の音大で作曲を学ぶためには、ピアノ演奏やある程度の楽典(楽譜)や理論等の入学試験をクリアしなければならず、難易度は高めです。

専門学校は2年制の学校が多く、とくにポピュラー系の作曲家を目指す人はこちらに進むことも多いです。

このほか、習い事感覚のスクールや講座で、手軽に作曲の基礎を学ぶことも可能です。

作曲家の給料・年収

実力や経験、人気によって大きな差が出る

作曲家は、アーティストに楽曲提供をする場合、CDが売れるたびに1%ほどの印税が入ります。

この率は作曲家の地位や実力によっても異なりますが、なかには曲の権利を買い取られ、印税が入らないケースもあります。

また、ゲームや映画等の音楽を作る場合は、「1本あたりいくら」で報酬を得ます。

いずれにせよ、この仕事では100万円未満の人から何千万円を稼ぐ人までさまざまです。

フリーランスの著名な作曲家として大金を手にしている人もいますし、実力があり人気が出れば収入もアップするといえるでしょう。

作曲家のやりがい、楽しさ

自分の中から生まれたメロディーで人の心を動かす

作曲家という仕事のやりがいや魅力は、自分の心から生まれたメロディーが、CDやネットで日本全国、そして世界へと配信され、多くの人の心に伝わっていく喜びを味わえることだといえるでしょう。

素晴らしいメロディーは、聞く人の心を豊かにし、感動を伝えます。

自分が作ったメロディーは、赤ちゃんが初めて聞く音楽になるかもしれませんし、1000年後も世界中で歌い継がれているかもしれません。

作曲は、技術的な側面も持ちながら、芸術そのものでもあります。

自分の表現によって人を楽しませたり喜ばせたりすることができるのは、この仕事ならではの魅力といえます。

作曲家のつらいこと、大変なこと

第一線で活躍し続けるための情熱と努力

作曲家は、まずプロとなって活躍する日を迎えることが簡単ではありませんが、いざ作曲家となってからも、活躍し続けるために努力の日々が待っています。

つねに最先端の音楽や楽器や技術を勉強し続けること、センスを磨くこと、オリジナリティある曲作りの研究など、やらなくてはならないことはたくさんあります。

多くの人の心に届く曲を作り上げるには、相当な情熱や頑張りが不可欠といえます。

プロの作曲家としてのプライドと謙虚な気持ちを持って、自分自身を高めていく姿勢を持たなくてはなりません。

作曲家に向いている人・適性

作曲することが苦痛でなく、自分の幅を広げていける人

作曲家に向いているのは、音楽が好きで、とくに「作曲」という行為そのものを心から楽しめる人だといえます。

作曲家は、1日に3~5曲ペースで作曲することもありますし、何十分という長い曲を書かなければならないこともあります。

作曲の仕事に日々追われる状況になっていくため、それでも平気という人でなければ、作曲家の激務をこなすことは不可能でしょう。

また、作曲家としての幅を広げていくためにも、好奇心旺盛でさまざまなジャンルの曲を吸収したり、チャレンジ精神を持って新しいことに挑戦するようなタイプの人も適性があるといえます。

作曲家志望動機・目指すきっかけ

自分の中から出てくる音のイメージを形にしたい

作曲家を志望する人は、その人自身、もともと楽器を演奏していたり歌を歌っていたリといった形で、何かしら音楽に親しんでいることが多いようです。

そのなかで、とくにメロディーを生み出す作曲という領域に深く興味を持ち、「自分の中からあふれ出てくる音のイメージを形にしていきたい」という思いから、作曲家を目指すケースがよく見られます。

また、歌手やミュージシャンとは違って表舞台に立つのではなく、裏方として音楽シーンを盛り上げたいという思いを持つ人もいます。

作曲家の雇用形態・働き方

事務所に所属するか、フリーランスになるか

作曲家は、大きく音楽プロダクションや作家事務所に所属をして仕事をする人と、フリーランスで仕事をする人に分けることができます。

プロダクションなどに所属する場合は、会社との契約内容によって働き方や収入に関する規定が変わってきます。

フリーランスの場合は、より自由度が高い働き方を実現させやすいですが、会社に所属している作曲家以上に個人の実力が問われてくるため、実績や経験を積まずに成功するのは難しいのが実情です。

作曲家の勤務時間・休日・生活

フリーで活動する場合は自分でスケジュールを管理する

作曲家には、決まった勤務時間や休日はありません。

基本的に依頼された作品を納期にまでに仕上げるという仕事なので、早朝も深夜もあまり関係なく仕事をしています。

したがって、自己管理をしっかりとし、スケジュールを調整していくような力も求められてきます。

一部の作曲家は作家事務所などに所属しており、社員として決まった時間帯で働くことがあります。

ただし、納期が近づけば休日返上で働いたり、泊まり込みなどをして作業をすることもあるようです。

作曲家の現状と将来性・今後の見通し

作曲家の需要が高まっている分野もある

新しい音楽はいつの時代にも必要とされており、また音楽を必要とするメディアは数多くあるため、この先も作曲家の仕事が大きく減ることはないでしょう。

とくに、近年はネットやモバイルを使ったゲームが普及するなど、ゲームやアニメの分野で作曲家の需要が高まっています。

アーティストに曲を提供する作曲家も求められていますが、CDの売上が落ちている現代では、売れる曲を作るのも一苦労といえます。

しかし、 確かな実力とセンスを持った作曲家は、どのような場でも活躍することができ、引く手あまたの状況になるでしょう。