ローディーの1日

ライブ本番の日のスケジュール

ローディーの仕事は日によってスケジュールが大きく異なるので、一般的なサラリーマンに比べると不規則な働き方になることが多いようです。

ライブやコンサートが開催される場所や時間帯、規模によって、会場に前日入りするかどうかや公共の交通機関を利用するのか、自分で車を運転するかどうかなどが決まります。

ここでは、プロダクションでロックバンドの専属ローディーとして働いている人のライブ本番の日のスケジュールを見てみましょう。

09:00 スタジオに集合して必要な楽器や機材を確認する

09:30 運搬用のトラックに積み込む

10:00 ワゴン車を自分で運転してライブの会場に向かう

11:00 道中で昼食休憩をとる

12:00 会場に到着したら楽器や機材の積み下ろしをする

13:00 ステージ上に楽器や機材をセッティングする

13:30 チューニングやメンテナンスをする

14:00 ミュージシャンが会場入りしてリハーサルを行う

16:00 ディレクターやミュージシャンの指示をもとに調整する

17:00 早めの夕食をとる

18:00 ライブがスタート、本番中は曲と曲の間に楽器の交換などをサポート

20:00 ライブが終わり次第、撤収をスタート

21:00 トラックに荷物を積み込んでスタジオに戻る

ハードなスケジュールになることも

ライブイベントが行われる日は、楽器や機材の運搬からリハーサル、本番、撤収と全ての作業を1日で行わなければいけないこともあり、ハードなスケジュールになることも多いようです。

会場でのリハーサルの時間や本番のスタート時間はもちろんのこと、会場を片付けて完全に撤収しなければいけない時間も厳密に決まっているため、ローディーはミスなく迅速に作業をすることが求められます。

全国ツアーや海外ツアーの場合は数日から数週間かけてサポートを担当することになり、長期的な出張になることもあります。

担当しているアーティストやミュージシャンの年間スケジュールに合わせて働くことになるので、休みの取り方も流動的になると考えておいたほうがよいでしょう。