このサイトは音響スタッフを目指す人のための情報サイトです。

音響スタッフの仕事内容

ミュージシャンのコンサートや演劇の舞台、音楽や映画などの制作において、音響全般に関する技術的なサポートをするのが音響スタッフです。

担当する現場によっては「PA」「サウンドエンジニア」「音声さん」「ミキサー担当」などの名称を使っていることがありますが、基本的には同じ職業のことをさします。

音楽そのものを作曲したり演奏したりするのではなく、使用するマイクの種類や設置場所を決めたり、収録時の音のバランスを調整したりするのが音響スタッフの仕事です。

たくさんの機材を使いながら音の響きを作り上げていく技術職なので、工学的な知識と音楽的なセンスの両方が求められます。

音響スタッフになるには・必要な資格は?

この職業に就くために絶対に必要な学歴や資格というのはありませんが、保持していると役に立つとされている音響関係の資格はあります。

たとえば、厚生労働省管轄の国家試験である「舞台機構調整」は初心者向けの3級から上級者向けの1級まであり、市民会館やホールなどの公的な場で音響スタッフとして働きたい人が合格をめざすことが多いようです。

また、スタジオでのレコーディングにおける知識やスキルが問われる「サウンドレコーディング技術認定試験」やテレビ番組の音響処理について問われる「映像音響処理技術者資格認定試験」などの試験に合格しておくと、仕事の内容によっては役に立つこととなるでしょう。

音響関係の資格以外では、機材を積み込んで車で現場に行くことがあるので、自動車免許を取得しておいたほうが良いといわれています。

音響スタッフに向いている人

この職業で何よりも大切なのは、「耳の良さ」です。

音の大小や楽器のチューニングを聞き分けられることはもちろんのこと、機材の調整によって音の響きがどんなふうに変わるのかを正確に聞き取れる耳がなければ、ミュージシャンや役者の要求に応えることができません。

もうひとつ、求められるのは「体力」と「集中力」です。

コンサートやライブイベントは前日のリハーサルから当日の本番後の撤収まで休む暇もなく仕事をしなければいけませんし、スタジオでのレコーディング作業は長時間にわたって夜を徹して作業を続けることがあります。

優れた耳を持ち、長時間集中して細かい作業をすることができるタフな人に、最適な職業といえるでしょう。

音響スタッフの就職状況・雇用形態

音響スタッフになるためには、コンサートやイベントの音響全般を請け負っている企業や、映画やテレビ番組の制作に携わる制作会社、音楽制作に携わるレコード会社の求人に応募するのが一般的な方法です。

この他にも、大手の放送局やレコード会社の技術職の正社員採用という選択肢もありますが、就職試験は非常に倍率が高いことで有名です。

業界全体の雇用形態の特徴としては正社員以外の採用が多いという実情があり、コンサートやライブなどの仕事の量にあわせて派遣社員やアルバイトを雇うこともあります。

フリーランスの音響スタッフとして活動している人もいますが、高い能力と幅広い人脈がなければ厳しいでしょう。

音響スタッフの給料・年収・待遇

音響スタッフの給料や年収は、所属している組織や仕事の量によって大きく左右されます。

一般的には、大手の放送局やレコード会社の技術職として正社員採用されている人はとくに待遇が良く、年収600万円以上になることもあります。

コンサートやイベントの音響を請け負っている企業や番組制作会社で働く場合は年収300万円前後になることが多く、アルバイトやパートの音響スタッフの場合は時給1000円前後になります。

業界全体としては契約社員や派遣社員などの非正規雇用が多く、不安定な生活のなかで働いている人もいるので、この業界に飛び込むのであれば雇用形態や待遇をしっかりチェックしながら就職先を探すことが大切です。

音響スタッフの生活・勤務時間・休日

音響スタッフの仕事は音楽や映画などを作り出すクリエイティブなものですから、制作が思い通りに進まないときには予定よりも時間がかかるのが当たり前の世界です。

勤務時間や休憩時間、休日が不規則になることや夜遅くまで作業が続くことが多いのは、ある程度覚悟したほうがよいでしょう。

また、コンサートや演劇などの舞台があるときは、前日のリハーサルから本番前のサウンドチェック、本番、撤収、打ち上げまで全て参加しなければいけないことも多く、長時間労働になることは珍しくありません。

一般的なサラリーマンのように決まった勤務時間の中で働けば良いというような業界ではないので、このような勤務スタイルを理解したうえで就職したほうが良いでしょう。

音響スタッフの現状と将来性

音響スタッフの仕事には、今「デジタル化」の大きな波が押し寄せています。

音源の収録や調整の際に使う機材はパソコンを中心としたデジタル機器を使用するようになり、大きな劇場を中心に会場の音響を調整するためのデジタルミキサー卓もぞくぞくと導入されています。

こうした流れのなかで、音響設備の機能や性能が格段にあがっているので、仕事の面白さもますます広がっています。

同時に、ベテランの音響スタッフの中には「アナログの機材なら扱えるけどデジタルの機材は苦手」という人もいるため、最新の機材を使いこなせる若手を積極的に採用しようと考える企業もあるようです。

デジタル機器に慣れ親しんでいる若者が能力を十分に発揮できる業界ともいえるので、新しい音響の可能性に挑戦してみる価値はあるでしょう。