シンガーソングライターののつらいこと、大変なこと、苦労

新しいものを生み出し続ける苦しみ

シンガーソングライターは、他の芸術家たちと同様、自ら創作をして世間に発表をしていく仕事です。

自分の伝えたいことを曲や詞にのせて表現することができるのは、この仕事の魅力ですが、一方では「生みの苦しみ」を味わうことも出てきます。

たとえ1曲大ヒット曲が生まれたとしても、その後も継続して人気を保ち続けることができなくては、すぐに世間から忘れさられてしまうほど厳しい世界です。

曲作りが思うように進まないときには身を削るような気持ちになるかもしれませんし、寝ても覚めても曲作りのことを考えるような生活を送ることになるでしょう。

シンガーソングライターは、そうしたプレッシャーにも打ち勝つ強さが求められてきます。

認められないときのつらさ

ただ自由に曲を作って歌うだけであれば、さほど難しいことではありませんが、シンガーソングライターとして成功したいのであれば、やはり大衆から評価されなくてはなりません。

自分では良いものができたと思っても、それが思うように売れなかったり、ライブやコンサートの動員数がなかなか増えない状態が続けば、自分そのものが「ダメだ」といわれているような気持ちになり、落ち込むこともあるでしょう。

しかし、すぐに日の目を浴びることができる人は限られており、強い意志を持って自分が信じる道を進んでいく必要があります。

不安定な生活になることも

シンガーソングライターとして成功し、稼げるようになるのは、決して簡単なことではありません。

プロダクションと契約を結ぶことで、固定の給料をもらうことができる場合もありますが、収入は活動状況やCDなどの売上によって大きく変動しやすく、年収100万円程度の人から、一般の会社員並みの年収、あるいはそれ以上の高収入を得る人までまちまちです。

いずれにしても、人気商売であるため生活は不安定になりがちであり、そうしたところも含めてシンガーソングライターとして生きていく覚悟が求められてきます。