作曲家の1日のスケジュール・生活スタイル

作曲家の業務スケジュール

作曲家の日常

ジャンルを問わず、作曲家だからといって特別な日常を送るわけではありません。

ただし、締め切りに合わせて楽譜やPCの画面をにらみながら曲を考え作り出すため、深夜作業や徹夜続きの日々になる場合が他の職業に比べると多いです。

とくに締め切りの直前など、睡眠不足の体力勝負といった厳しい状況に耐えられるメンタルも必要です。

これは作曲家に限らずクリエイティブな仕事に就く人々に共通することでもありますが、
どうしても生活が不規則になりやすいので、体調管理が大切です。

仕事ができなくなってしまっては、多くの人に迷惑をかけてしまうため、自分に合ったやり方を見つけるのも仕事のうちです。

心を豊かにする体験を

いかに優れた作曲家でも、空っぽやぼろぼろの精神状態では良いメロディーが作れるはずがありません。

そのため心に常に栄養を与えておかなければなりません。

音楽以外の体験や心を豊かにする経験、新しい情報を吸収する努力も怠ってはなりません。

日常の体験からさまざまなものを吸収して、それを作品としてはき出すことの連続が作曲家の生活なのです。

仲間との交流

作曲家は人との関わりが非常に重要です。

音楽はよく「共同芸術」と表現されますが、音楽は一人で作り上げるものではありません。

作曲家が作り上げたメロディーに作詞家が歌詞を書き、編曲家がアレンジしてアーティストが歌うことにより、ようやく人の耳に触れるのです。

そのためには多くの仲間やスタッフとの交流が不可欠ですし、こうした仲間との付き合いや心の交流などから得られるイマジネーションが作曲に生かされることもあります。

作曲家で働く作曲家の1日

作曲家は納期を守り、クオリティを保つことができれば仕事の仕方は自由です。

人により開始時間やスピード、曲の作り方も異なり、作曲の仕方もさまざまです。

10:00 起床
パソコンでメールチェックし、急ぎの仕事はないかを確認。
11:00楽曲の制作開始
今回はアイドルに提供する楽曲のため、歌う本人のイメージを確認しながら作曲していきます。
これまでに歌った歌や、ほかの作曲家がどのような楽曲を提供しているかもリサーチします。
12:00
主体となるメロディーをピアノでパソコン内に打ち込んでいきます。
13:00
ギターやシンセサイザーなどでメロディーに大まかな肉付けをしていきます。
14:00
おおよその楽器音を入れた後、クライアントが聴きやすいように音のバランスを整えていきます。
14:30 完成
デモは1分30秒前後のことが多いので、まだ最後までは作りません。
このあとはスタッフが曲を確認し、OKが出たら編曲家(アレンジャー)が曲を構成していきます。
15:00
デモをメールでクライアントに送付します。
15:30 休憩
メールチェックや昼食などをして休憩します。
17:00楽曲を作成
企業から依頼されたCMソングのため、提案されたイメージを確認したり、商品について調べたりしながら曲を作っていきます。
18:00 作曲開始
15秒や30秒という短い時間でいかに視聴者の心をつかむかを考えながら、いくつかのパターンを考えます。
19:30 終了
最終的に絞り込んだ数パターンをクライアントへ送ります。
20:00 音楽鑑賞
いま流行しているアーティストの音楽を聴いたり、気になる演奏法をチェックしたりなど情報収集は欠かしません。
22:00 すべての仕事を終了

作曲家の勤務時間・休日