「シンガーソングライター」とは

シンガーソングライター_画像

ポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のこと。

シンガーソングライターとは、基本的にポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のことをいいます。

提供された楽曲などを歌う人を「歌手」、また広く楽器の演奏を行う人を「ミュージシャン」というのに対し、シンガーソングライターは自分で曲作りを行い、そこに詞を乗せて、自分の声で聴衆に楽曲を届けていきます。

なるために特別な資格や学歴が求められるわけではなく、多くの人は音楽専門学校や音楽スクールなどで歌唱力を身につけたり曲作りの基礎を学んだのち、コンクールやオーディションに参加したり、自主的なライブ活動やレコード会社への音源持ち込みを行ったりしながら、活躍の場を広げていきます。

収入は、プロダクションに所属する場合はプロダクションから給料が支払われるほか、歌唱や作詞作曲の印税も入ってきますが、新人時代は一般の会社員の平均年収を稼ぐことも難しいのが実情です。

音楽産業は縮小が続いており、成功することはさらに厳しくなっていますが、新人アーティストはつねに求められています。

また、ミュージシャンへの楽曲提供や音楽講師など、音楽のスキルを生かして多方面に活躍することも可能です。

「シンガーソングライター」の仕事紹介

シンガーソングライターの仕事内容

自分で作詞・作曲した楽曲を歌う

シンガーソングライターとは、基本的にポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のことをいいます。

提供された楽曲などを歌う人を「歌手」、また広く楽器の演奏を行う人を「ミュージシャン」というのに対し、自分で曲作りを行い、そこに詞を乗せて、自分の声で聴衆に楽曲を届けていく人がシンガーソングライターです。

歌と同時に、ピアノやキーボード、ギターなどの楽器を演奏する人もいます。

自分の世界観を持ち、それを詞や曲に込めて歌で表現し、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。

シンガーソングライターの1日

メジャーとインディーズでは異なる

「シンガーソングライター」とひと口にいっても、主にメジャーとインディーズ、活動形態によって1日の行動も異なります。

たとえばメジャー契約していれば、マネージャー(事務所)がついて、日々の基本スケジュールを管理し、宣伝や販促も行ってくれるので、シンガーソングライターは音楽(芸能)活動中心の生活を送ることができます。

一方インディーズの場合は、メジャーに負けないところもありますが、契約しても事務所に所属することは少ないようです。

ですから、自分やバンドのスケジュールは自分で把握し、宣伝や販促も自ら行わなくてはなりません。

中には音楽活動だけでは食べていけず、副業(アルバイトなど)をするケースもあります。

なお、シンガーソングライターの1日は、会社員や公務員のように、決まったタイムテーブルはありません。

メジャー契約者は、売れれば売れるほど音楽(芸能)活動で忙しくなり、インディーズ所属の人は、音楽以外のさまざまな雑事に追われることもあるといえます。

シンガーソングライターになるには

コンクールやオーディションに参加

シンガーソングライターになるために、特別な資格や学歴が求められるわけではありません。

代表的なルートとしては、音楽専門学校や音楽スクールなどで歌唱力を身につけたり曲作りの基礎を学んで、コンクールやオーディションに参加し、スカウトされる方法が挙げられます。

また、自主的なライブ活動やレコード会社への音源持ち込みを行い、業界関係者に声をかけてもらうのを待つ方法もあります。

そのほか、最近ではSNSなどを活用して知名度を高めていくなど、さまざまな方法でシンガーソングライターとしての活動をすることができます。

シンガーソングライターの学校・学費

音楽関連の学校に行かなくても問題なし

現在、シンガーソングライターとして活躍している人が、すべて音楽系高校や大学、音楽学校に行っていたわけではありません。

逆に音楽とはまったく関係のない学校出身でも、有名シンガーソングライターになった人は少なくないのです。

世界的なヒット曲を、数多く生み出したビートルズでさえ、初期は譜面を書けなかったといいます。

とはいえ、学びたいという意思がある、学校へ通えるチャンスがあるなら、音楽を基礎から専門的に勉強するのは、シンガーソングライターを目指すためにも有益です。

音楽系高校や大学に入るのは学力に加え、音楽の知識や高い演奏力(実技)が要求されます。

しかし、音楽専門学校の場合、作詞・作曲、各種演奏(ピアノ、ギター、ボーカルほか)、声楽など、初心者からプロ向けまで、あらゆるレベルの講座(授業)が設けられているため、自分のスキルに合ったクラスであれば、それほど狭き門ではありません。

また、高校や大学、会社に通いながら勉強することもできます。

シンガーソングライターの給料・年収

売り上げや人気に応じて収入アップ

シンガーソングライターの収入は、プロダクションに所属する場合はプロダクションから給料が支払われるほか、歌唱や作詞作曲の印税も入ってきますが、新人時代は一般の会社員の平均年収を稼ぐことも難しいのが実情です。

事務所に所属しているシンガーソングライターの場合、新人のときは給料制、人気・売り上げがアップしてくれば、それに応じて収入も増えていくケースが多いようです。

収入の内訳は、CD売り上げのうち、シンガーソングライターが手にできるのは約1%(契約内容や実績により変動する)。

ただし、作詞・作曲を手がけているので、さらに数%の上乗せがあります。

インディーズで自主的に活動する場合には、ライブのチケットやCD・グッズなどの売上がおもな収入源となります。

プロダクションなどから決まった給料がもらえるケースはさほど多くないため、どうしても不安定な生活になりがちです。

シンガーソングライターのやりがい、楽しさ

自分のメッセージを世界に伝えられる

まず、好きなことを仕事にできることは、最高の喜びだといえます。

また、自分の作った楽曲に人々が共感・感動してくれる、想いやメッセージを伝えられる、ライブで思い切り演奏できるのはもちろん、国内外を問わず、業界関係者やファン、時には有名著名人など、多くの人とのつながりを得られる生き方は、とても魅力的だといえます。

また、音楽の世界は学歴や職歴にかかわらず、優れた楽曲を生み、素晴らしいライブを披露することで、名声や高収入を手に入れることができます。

会社員や公務員のように安定した暮らしは難しいですが、自分の目標に邁進できる点にやりがいを感じるシンガーソングライターは多いようです。

シンガーソングライターのつらいこと、大変なこと

自分と世の中の乖離に耐える

シンガーソングライターの世界はシビアで、実力・売り上げがものをいいます。

いくら「自分では共感してもらえる」と楽曲をリリースしても、誰も聴いてくれず、話題にならなければ、成功を手にすることはできません。

メジャー契約の場合、自分とは音楽の方向性やテーマの違う、「売れるような楽曲」を書かなければならないつらさがあります。

また、ヒット曲に恵まれたとしても、その人気や評価を保ち続けることは難しく、一世を風靡したシンガーソングライターが、あっという間に忘れさられてしまうケースも少なくないのです。

浮き沈みの激しいエンターテインメント業界を生き残るためには、常に感性を磨き、ファンの声に耳を傾け、流行や情報なども意識した曲作りが求められます。

思い通りにならないことが多いので、自分に折り合いをつけ、プレッシャーに打ち勝つ強さもシンガーソングライターには必要だといえるでしょう。

シンガーソングライターに向いている人・適性

「歌が好き」で「努力を欠かさない」人

何より「歌うことが好き(歌唱力に自信がある。ステージに立ってスポットライトを浴びたい)」「歌で自己表現したい」という強い想いが、シンガーソングライターには必要だといえます。

ただ、「好き」という気持ちだけで、音楽の世界は渡っていけません。

音楽の知識、演奏力、作詞・作曲の基本に加え、曲作りに欠かせない想像力、観察力・洞察力、感性、語彙力などを有していれば、シンガーソングライターへの近道になるといえます。

また、アンテナをめぐらせ、常にトレンドをキャッチしておくことも忘れてはなりません。

メンタル面では、自分の歌が評価されなくても腐ることなく、売り上げのプレッシャーを跳ね返せる精神力、つらい状況に直面しても冷静に対処できることも大切です。

厳しい世界とはいえ、最初からあきらめていては何も始まりません。

今の自分に不足している技術や知識を身に付けるため、常に努力を怠らないことが、成功につながるといえるでしょう。

シンガーソングライター志望動機・目指すきっかけ

「音楽を仕事にしたい」が主流

シンガーソングライターを目指す(目指した)きっかけは、実にさまざまです。

その中でも、「歌や音楽が好きなので、それを仕事にしたい」というケースが多いといわれています。

また、「好きなシンガーソングライターの楽曲やライブに感動し、自分も音楽で自己表現したくなった」人も少なからずいるようです。

一方で、ある有名シンガーソングライターには、「有名になって、異性にモテてたいからギターを始め、いつの間にか本職になっていた」という話もあります。

ちょっと不謹慎に感じますが、これもひとつのきっかけだといえるでしょう。

レアなところでは、軽い気持ちで知り合いのバンドに飛び入り参加したところ、自分だけがスカウトされて……といったケースも耳にします。

シンガーソングライターの雇用形態・働き方

主流契約は「メジャー」と「インディーズ」

シンガーソングライターの雇用形態は、大きく「メジャー契約」と「インディーズ契約」に分けられます。

第一線で活躍しているシンガーソングライターは、ほとんどがメジャー契約で、大手レコード会社と契約を結び、事務所に所属しています。

メジャー契約のシンガーソングライターは、CD(楽曲)製作費をはじめ、宣伝広告費用、龍までレコード会社が負担してくれます。

インディーズ契約は事務所に所属している人もいますが、無所属も少なくありません。

インディーズ契約の場合、流通(店舗や配信先などに卸す)はしてもらえますが、CD製作費や宣伝広告はシンガーソングライター側で負担するケースが主流のようです。

ただし、大手インディーズ、メジャー企業が直接運営している中には、メジャー契約に近いところもあります。

インディーズ契約は、会社によって契約規定が異なるため、所属する際に確認しておくことが必要だといえるでしょう。

また、稀にすべて自分で行っているシンガーソングライターもいるようです。

シンガーソングライターの勤務時間・休日・生活

個々のランクによって大きな差がある

会社員や公務員とは違い、シンガーソングライターのスケジュールを型に当てはめることは難しいといえます。

それは、シンガーソングライターのレベルやランクに応じて、働き方は大きく異なるからです。

たとえば、メジャー契約している人気・実力の高いシンガーソングライターであれば、新曲・CDのリリース(配信)に合わせて楽曲を作り、レコーディング、完成したらプロモーション活動を行います。

またリリースに合わせて、ライブやツアーがスタートする場合はリハーサルが始まり、その後、ツアー本番となります。

リリースやライブがあれば、スケジュールはかなり過密ですが、これが一段落すると、テレビや雑誌の取材、音楽番組出演といった仕事がなければ、残りの時間はオフになることも少なくありません。

大物シンガーソングライターの中には、長期休暇を取る人もいます。

ただ、メジャー契約はしていても、デビューしてから日の浅いシンガーソングライター~中堅シンガーソングライターは、普段もプロモーション活動に余念がないようです。

これに対してインディーズ契約しているシンガーソングライターは、楽曲制作、レコーディング、プロモーション活動をしつつ、生活のためにアルバイトしている人が多いといいます。

このようにシンガーソングライターのスケジュールには、契約や所属によってかなりのばらつきがあるといえます。

シンガーソングライターの現状と将来性・今後の見通し

流行や時代の流れに左右されやすい業界

CD売上の縮小傾向が続く音楽業界の現状は、厳しい状態にあるといってもよいでしょう。

しかし、大衆音楽はエンターテインメントの一種として不可欠なものであり、つねに新しいアーティストや、新しい楽曲が求められていることも確かです。

ダウンロード版が主流となっている現在、業界ではライブに力を入れているといいます。

ライブを行うとチケット料に加え、会場で販売されるオリジナルグッズやツアーグッズといった商品、さらにCDの売り上げも期待できるためです。

また、メジャーレーベルは今後も厳しい状況が続くと考えられていますが、インディーズで地道に人気を集めて自分らしく活躍するアーティストもいます。

また、ミュージシャンへの楽曲提供や音楽講師など、音楽のスキルを生かして多方面に活躍することも可能です。