1分でわかる「シンガーソングライター」

仕事内容
シンガーソングライターとは、基本的にポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のことをいいます。

提供された楽曲などを歌う人を「歌手」、また広く楽器の演奏を行う人を「ミュージシャン」というのに対し、自分で曲作りを行い、そこに詞を乗せて、自分の声で聴衆に楽曲を届けていく人がシンガーソングライターです。

歌と同時に、ピアノやキーボード、ギターなどの楽器を演奏する人もいます。

自分の世界観を持ち、それを詞や曲に込めて歌で表現し、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。
なるには
シンガーソングライターになるために、特別な資格や学歴が求められるわけではありません。

代表的なルートとしては、音楽専門学校や音楽スクールなどで歌唱力を身につけたり曲作りの基礎を学んで、コンクールやオーディションに参加し、スカウトされる方法が挙げられます。

また、自主的なライブ活動やレコード会社への音源持ち込みを行い、業界関係者に声をかけてもらうのを待つ方法もあります。

そのほか、最近ではSNSなどを活用して知名度を高めていくなど、さまざまな方法でシンガーソングライターとしての活動をすることができます。
給料
シンガーソングライターの収入は、プロダクションに所属する場合はプロダクションから給料が支払われるほか、歌唱や作詞作曲の印税も入ってきますが、新人時代は一般の会社員の平均年収を稼ぐことも難しいのが実情です。

インディーズで自主的に活動する場合には、ライブのチケットやCD・グッズなどの売上がおもな収入源となります。

プロダクションなどから決まった給料がもらえるケースはさほど多くないため、どうしても不安定な生活になりがちです。
将来性
産業として縮小傾向が続く音楽業界の現状は、厳しい状態にあるといってもよいでしょう。

しかし、大衆音楽はエンターテインメントの一種として不可欠なものであり、つねに新しいアーティストや、新しい楽曲が求められていることも確かです。

メジャーレーベルは今後も厳しい状況が続くと考えられていますが、インディーズで地道に人気を集めて自分らしく活躍するアーティストもいます。

また、ミュージシャンへの楽曲提供や音楽講師など、音楽のスキルを生かして多方面に活躍することも可能です。