「ラジオパーソナリティー」の仕事とは

ラジオパーソナリティーの仕事内容

ラジオパーソナリティは、トークを中心に行ってラジオ番組を進行させる仕事です。

リスナーからのハガキを読んだり、ゲストを迎えてトークを進めたりしながら、番組を滞りなく進めていきます。

ときには番組の企画作りに携わることもあります。

生放送が多いラジオ番組では、時間を見ながら段取りよく仕切る力が求められます。

また、テレビと違って顔が見えないため、リスナーを惹き付けるだけのトーク力や豊かな人間性も必要です。

ラジオパーソナリティーになるには

ラジオパーソナリティは、特に学歴や資格が求められる仕事ではありません。

なるための一般的な方法としては、大学や放送系の専門学校で学びラジオ放送局に就職する方法が挙げられますが、他にもタレント事務所に所属し仕事を紹介してもらえる場合や、ラジオ局主催のオーディションを受けて、業界への道が開ける可能性もあります。

正社員として働くのは簡単ではありませんが、アルバイトから経験を積んでいくことも可能です。

ラジオパーソナリティーの給料・年収

ラジオ局に就職した場合、各会社から毎月固定の給料が支払われます。

正社員の年収は勤続年数や実力に応じて300万円~800万円程度に収まることが多く、一般的な会社員と大きな差はないでしょう。

アルバイトの場合は、時給800円程度からスタートする人もいるようです。

タレント事務所に所属する場合は、事務所にマージンを取られることもあり、仕事が少ないうちは年収100万円に満たないという人もいます。

ラジオパーソナリティーの現状と将来性・今後の見通し

昔に比べ、ラジオを聞く人の数は随分減っていると言われます。

そのため、ラジオ業界全体が縮小傾向にあり、各ラジオ局の経営も苦しくなっています。

とはいえ、ラジオが完全に無くなることは考えづらく、また、インターネットラジオの普及に伴い、ラジオパーソナリティが新しい分野で活躍できるチャンスも出てきています。

厳しい業界で生き抜くためには、特別な能力や才能を持っていることが大きな強みになるでしょう。