シンガーソングライターの1日のスケジュール・生活スタイル

シンガーソングライターの業務スケジュール

毎日異なるスケジュール

シンガーソングライターの1日は、会社勤めの人のように、毎日決まりきったようなスタイルになるわけではありません。

勤務時間が定められているわけではなく、朝から動き回ることもあれば、深夜に活動する日もあります。

また、ライブが入れば全国を回ることもありますし、普段の休日は仕事の入り具合に応じて自分で決めていくことになります。

大きな自由が手に入る反面、不規則な生活を強いられることになるのは必至といえるでしょう。

人によっても異なる働き方

ひとくちにシンガーソングライターといっても生活スタイルや仕事の進め方などは、人によってまったく異なってきます。

たとえば、プロダクションに所属してメジャーで活動している人と、インディーズで個人的に活動している人でもだいぶ変わってきます。

また、ライブやコンサート活動を中心に行う人と、メディア露出も積極的に行う人とでも生活パターンには違いが見られます。

なかには学校に通いながら、あるいは会社員として働きながら、シンガーソングライターとしての活動を両立させているような人もいます。

したがって、一人としてまったく同じ生活を送っている人はいないと考えておいたほうがよいでしょう。

不規則な生活パターンになりやすい

どのような活動をしていくのかにもよりますが、多くのシンガーソングライターは楽曲を作り、作った曲をライブやコンサートで披露したり、音源制作を行ったりする日々を過ごすことになります。

なかでも楽曲制作については「創作」の一種であり、自分自身でアイデアを形にしていく作業となります。

一般の会社員とは異なり、勤務時間や休日が明確に定められているわけではありませんが、ファンをつけるためには、継続して魅力的な楽曲制作を続ける必要があります。

創作のアイデアはいつひらめくかわかりませんから、そういった意味では、どんなときでも仕事のことを考えているともいえるでしょう。

トレーニングや、プロモーション活動も

プロダクションに所属している場合は、宣伝やプロモーションのほとんどを任せることができますが、個人的に活動する場合には自主的に行わなくてはなりません。

最近ではSNSを使った宣伝活動や、動画投稿サイトに歌を載せて知名度アップを図る人も増えています。

また、日常的なボイストレーニングや楽器の練習も不可欠です。

地道なトレーニングをルーティンワークとして行いながら、シンガーソングライターとして活躍の場を広げるための活動を続けることになるでしょう。

プロで活躍するシンガーソングライターのある1日

9:00 起床
9:30 朝食とSNSチェック
普段からSNSの管理は事務所に任せていますが、投稿に対するファンの反応をチェックするのは日課です。
11:00 事務所で打ち合わせ
所属事務所のオフィスに出向き、マネージャーと近日中に行われるメディア取材等のスケジュールを確認します。
13:00 レコーディングスタジオへ
現在はアルバム制作にむけたレコーディング期間中のため、レコーディングスタジオに通います。

プロデューサーと細かい部分を確認しながら、作業を進めます。

長丁場になることが多いため、食事をとったり、休憩をしたりしながら仕事をすすめます。

20:00 レコーディング終了
21:00 食事
マネージャーと打ち合わせをしながら食事をします。
22:00 帰宅
翌日もレコーディングがあるため、録音する楽曲の確認と微調整を行います。