歌手の仕事内容・活躍の場

歌手の仕事とは

歌手とは、自分自身の声を楽器とし、歌を奏でることを生業とする人です。

近年は自分で詩や曲を書くシンガーソングライターが増えており、単純に歌うことだけを仕事とするのではなく、価値観や信念、ファッション性といったものも重視されるようになりました。

一見華やかな仕事に見えますが、舞台裏では声の調子を整えたり音域を広げたりするために厳しいトレーニングを重ねており、スポットライトを浴びるその瞬間のために見えない努力を欠かしません。

しかし、ひとたびその努力が報われれば、強い発信力で自分の思いや信念を伝えることができます。

歌声はもちろんですが、ライフスタイルやカリスマ性も歌手の武器になります。

自分自身が武器であり、売り物となる。

他の演奏家にはない魅力を持つのが歌手という職業です。

歌手の業務の内容

ライブやコンサートで歌を披露

歌手の仕事として広く認知されているのは、ライブやコンサートで歌うことでしょう。

人気の歌手は全国ツアーや海外ツアーを行っており、チケットが争奪戦となることも珍しくありません。

しかし、当然のことながら、人前で歌うためには持ち歌の数を増やす必要があります。

そのため、普段は歌のレッスンやレコーディング作業、ライブのための体力作り、ダンスや振り付けの練習などに時間を費やし、作品が完成すればCDをリリースしたり音楽配信したりします。

ファンとの交流も

大きな仕事としてはツアーやコンサート、CDのリリースなどがありますが、小さな仕事も数多くこなします。

たとえば、飲み屋やパチンコ屋での営業、イベント出演、ディナーショーなどがこれにあたります。

歌手は顔や名前を売ることも仕事のひとつです。

そのため、CD発売前やコンサート前には、雑誌やテレビに出ることも仕事になります。

こうした活動で人を惹きつけ、ファンを獲得していくのです。

熱心なファンをどれだけ持つかというのは、歌手にとっては非常に重要なことです。

そのため、ファンクラブにメッセージを寄せたり、ファンとの触れ合いイベントを開催したりすることも大切な仕事です。

また、表に出ない仕事としては、カラオケの指導やボイストレーニングの講師、政治家や有名人の結婚式などで歌を歌う仕事などがあります。

歌手の役割

歌手を大きく分けると、テレビなどにはほとんど出ずに歌を歌うことに専念する歌手と、テレビなどでの露出を増やして知名度を上げる歌手がいます。

前者の場合は自分の活動の場が既にあることが多く、オペラ歌手、ジャズシンガー、ヒップホップ歌手、ロック歌手、シャンソン歌手などがこれに当たります。

また、自分で作詞作曲した歌を歌うシンガーソングライターも前者のようなタイプが多くなります。

一方、後者のようなスタイルで活動するのは、アイドル歌手や演歌歌手といった形のものです。

これらの歌手は人気や歌の売り上げが活動に直結するため、メディアでの露出を増やす傾向があります。

さらに、歌手のなかには童謡歌手のように「古くから伝わる歌を後世に伝える」「世間に広める」といった目的で活動している人もいます。

こういった人たちは自分の歌を歌うことはまれで、昔から伝わる名曲を中心に歌います。

歌手の勤務先の種類(事務所・レコード会社)

歌手の勤務先の種類

世の中で「プロ」として活動をしている歌手の多くが事務所とレコード会社の両方と関わっています。

事務所とレコード会社の関係はしばしば混同されますが、まず、事務所とは「芸能事務所(プロダクション)」のことをいい、歌手などのアーティストは事務所と所属契約を結びます。

つまり、歌手は事務所に所属することで、マネジメントやコンサートへのブッキングをはじめ、さまざまな活動サポートをしてもらうことができるというわけです。

一方、レコード会社とは「CDなどの商品の製造や流通をする会社」のことをいいます。

アーティストは、そのレコード会社と契約を結ぶことでCDを発売することができます。

これに対してレコード会社はあくまでもアーティストがCDを出すために制作や宣伝などを行う場所であり、個々のアーティストのマネジメントや活動サポートなどは行いません。

普段、あまり歌手の種類を意識することは多くないかもしれませんが、どのような歌を歌うのかによって実際に活躍していく場や求められる歌唱力や技術は少しずつ異なってきます。

有名なレコード会社

歌手が所属する事務所やレコード会社にはさまざまなものがありますが、一般の人がパッと思い浮かぶものは、有名歌手が多数所属する大手レコード会社でしょう。

たとえば、「エイベックス」や「ユニバーサルミュージック」「ソニーミュージック」などのレコード会社には日本を代表する人気ミュージシャンが数多く所属しています。

大手レコード会社と契約を結べば、大手レコード会社の流通網や販路を利用して、楽曲を宣伝・販売してもらうことができるのが大きな強みです。

しかし、その代わりにアーティスト側はレコード会社の方針に合う曲を発表することを求められたり、自分の本意ではない活動を要求されたりすることがあります。

こうした理由から、最近では、自分の好きなように活動するためにあえて大手企業には所属しないという人も増えてきているようです。

歌手の仕事の流れ

曲作りからライブまで

シンガーソングライターとして活動している歌手の場合、作曲や作詞からライブまで全て自分で手掛けることになります。

仕事の流れとしては、まずは曲作りからスタートし、全体の大まかなイメージが固まったら信頼のできるアレンジャーに相談してアレンジを考えます。

それから必要なバックミュージシャンやコーラスを決めてスタジオでレコーディングを行い、CDをリリースします。

最近ではオンラインで一曲ずつダウンロードすることができる音楽配信に力を入れている歌手も多いようです。

一人でも多くの人に自分の楽曲を聞いてもらうために、リリースの際にはテレビやラジオ番組を通じて新曲の宣伝も行います。

無事に曲を作り上げることができたら、その曲を実際にファンの人たちに聞いてもらうためのライブやコンサートを開きます。

このような流れを繰り返しながら歌手としての活動を行うのが一般的ですが、体調や曲作りの進捗状況によっては長期で休みを取ることもあります。

仕事の必需品

歌手が仕事をするうえでは、欠かせない必需品があります。

たとえば、歌手にとって喉を冷やすことはご法度。

冷えは筋肉を硬直させ、伸びのある声が出しにくくなる要因となります。

レコーディングスタジオやコンサート会場の楽屋は、夏でも冷房が効きすぎていることがあるため、特に要注意です。

仕事中に少しでも冷えそうだと思ったらすぐにマフラーやストールを巻けるように、年中それらをカバンに入れて持ち歩いてることが多いです。

また、ホコリなどにまみれた汚い空気を吸っていると、咳が出て喉が荒れてしまうことがあります。

花粉症を持つ人は、クシャミや鼻水で思うように歌えないということにならないよう、花粉を吸い込むことも避けたいところです。

そのため、室内にいる時はできるだけ空気清浄機をかけ、クリーンな空気を保つように心がけています。

湿度に関してはさらに神経質になります。

乾燥した空気の中にい続けると、喉が痛くなったり風邪をひきやすくなりがちなので、自宅での加湿器使用はもちろん、ツアー中の宿泊先のホテルでも、必ず加湿器を借ります。

このほかにも、急に頭やお腹が痛くなったときのために、常備薬は持ち歩いている人が多いようです。

作詞作曲を手掛ける歌手の場合、街を歩いていたり、買い物をしていたり…といったふとした瞬間に、曲のメロディーや歌詞がひらめくことも。

そのひらめきを形として残すために、声を録音できるICレコーダーがよく使われています。

思いついたものを簡単に録音して、帰ってからじっくりと創作活動に取り組む。

それが、シンガーソングライターの日常です。

歌手の種類・働き方

昔も今も、プロ歌手として生きている人、つまり「歌手」を職業としている人はたくさんいますが、歌手は専門とする歌や音楽のジャンルごとに、種類分けすることができます。

歌手の主な種類としては、「演歌歌手」「クラシック歌手」「ジャズ歌手」「ロック歌手」「ポップス歌手」「フォーク歌手」「アニソン歌手」などが挙げられます。

この中でも、たとえばクラシック歌手であればソプラノ歌手、アルト歌手、テノール歌手、バス歌手といったように、種類としてもより細かく分けられていきます。

これら以外にも、歌手の種類の分け方はさまざまあります。

たとえば、自ら作詞作曲まで手がける歌手のことは「シンガーソングライター」と呼ばれるのが一般的です。

また、街中でギターなどを弾きながら歌う歌手は、「路上歌手、路上ミュージシャン」として親しまれています。

さらに、歌手を職業としてやっている人であっても、メジャーデビューしている歌手から、インディーズで活躍する歌手まで、さまざまな人がいます。

最近では、声優や俳優として活躍している人が、歌手としてCDをリリースすることも多いようです。

その一方で歌手として活躍している人が俳優として出演することもあり、歌手の働き方のスタイルはさまがわりしてきています。