音楽家になるには

音楽家になるまでの道のり

音楽家になるためには特別な学歴は必須ではありませんが、一流の音楽家になることを目指すのであれば、できるだけ早い段階からきちんとした音楽の指導を受けておく必要があるといえます。

クラシック音楽は長い歴史の中で理論やルールを構築しており、音楽家はそれに基づいて演奏する必要があるため早い段階で適切な音楽の指導を受けることが必要なのです。

ただし、実力主義の音楽家の世界には学歴は不問であり、学校や個人レッスンで音楽の指導を受けていなくても一流の音楽家になれないわけではありません。

とはいえ、しっかりした指導を受けて音楽の基礎を学んでいないと音楽家として活動することは難しいので、学校での勉強と並行して個人レッスンを受け、人によっては海外留学を視野に入れることも考える必要があります。

音楽家の資格・難易度

特別な資格は必要ない

音楽家になるためには、特別な資格や学歴は必要としていません。

音楽家を名乗るだけなら、国家資格や民間資格を取得したり、音大などを出ている必要はなく、誰でも名乗ることができます。

ただし、ただ音楽家を名乗るだけでは、音楽の道で生きていくことはできないでしょう。

コンクール入賞は一流音楽家の資格のようなもの

音楽家として成功し、生計を立てていくためには「一流の音楽家」を目指す必要があります。

では、何をもって一流であると評価すべきかといえば、わかりやすい評価基準として「コンクールに入賞する」ことが挙げられます。

音楽コンクールでは、音楽家としての技量を披露し、権威ある人たちの審査をもってして表彰されます。

有名なコンクールであれば「○○コンクールで入賞した」という肩書を持つことで、音楽家としての活動に大きな手助けとなるでしょう。

音楽家になるための学校の種類

音楽大学

音楽家になるためには特定の大学を卒業することは必須ではないのですが、音楽に関する知識や技術を習得するためには音楽大学や芸術系の学部を持つ大学で学ぶことが推奨されます。

ただし、誰でも入学できるわけではなく、入学に際しては音楽に関する知識や技量を問われることが多く、中には何浪もして有名大学に入学するというケースもあります。

音楽教室・個人レッスン

子どもの頃から音楽家を目指す人の多くは、一般的な学校に通いながら音楽教室や個人レッスンで音楽のスキルを磨くという方法をとることが多いです。

将来的には音楽関連の大学を目指す道が多いのですが、音楽関連の教室はレッスン料が相応であり、将来かかる学費も含めて相応の費用がかかることを覚悟しなければなりません。

音楽家になるためにはどんな学校にいけばいい?

音楽家に向いている人

音楽への情熱を持っている

音楽家になるためには、相当な時間を音楽関連のレッスンや勉強に費やさなければなりません。

コンクールでの優秀な成績をおさめることも必要であり、努力むなしく成果を挙げられない日々を送る人も少なくありません。

そうした日々を乗り切るためには、音楽に対する強い情熱を持ち、努力し続けられることが必要なのです。

強い精神力

音楽家は、人前で技量を披露することが基本であり、コンクールで緊張してしまえばせっかくの練習の成果を発揮することが難しくなってしまいます。

そうしたプレッシャーに負けない強い精神力を持っていることも、音楽家を目指すうえで重要な才能の1つであるといえます。

音楽のセンスがある

こればかりはどうしようもない部分もありますが、音楽家として成功するためには技術面の強みだけでなく「センス」も持ち合わせていることが必要です。

持って生まれたセンス、幼少の頃から磨いてきたセンスは、大人になってから得られるものではなく、いかに音楽家向けの環境に生まれてきたかということも問われるのです。

もちろん、音楽センスだけで生き残れる世界ではありませんので、自分の才能でできることを見つけ、その道を突き進んでいくという割り切りも必要になるでしょう。

音楽家に向いている人・適性・必要なスキル

音楽家のキャリアプラン・キャリアパス

別の形で音楽に関わる

音楽家は、同じ道を何十年も歩き続けることもできますが、何らかの理由で「別の形で」音楽に関わる道に切り替えることもあるかもしれません。

例えば今まではヴァイオリン奏者として活躍してきた音楽家が、作曲家に転身したり、後進の指導に専念したり、あるいはヴァイオリンを製造する立場に転身することもあるかもしれません。

音楽家に限った話ではありませんが、例えば仕事をする中で体を壊してしまったことで今までと同じ仕事ができなくなり、それでも同じジャンルの仕事を続けたいということで別の形で関わっていくという道もあるのです。

メディアへの登場も視野に入れられる

一流音楽家として名前が広まれば、メディアへの登場も視野に入れることができます。

音楽家としてその技量を発揮するもよし、タレントとして活躍の場を広げていくことも視野に入れることができるでしょう。

音楽家を目指せる年齢は?

音楽家には、いわゆる「定年」というものはありません。

天才少年・少女として音楽のセンスを発揮する人もいれば、高齢の一流音楽家として名を広めている人もいます。

しかしながら、今まで音楽に関わっていなかった人が、大人になってから音楽家を目指すのは簡単なことではありません。

例えば定年後に趣味で楽器演奏を楽しむという道はあるでしょうが、プロとして音楽で生計を立てていくのは難しいでしょう。

仮に音楽的なセンスがある人であったとしても、技術面において遅れをとってしまいますので、活躍できるジャンルが限られてしまいます。

もし、音楽家として生きていくことを決めたのであれば、できるだけ早い段階で音楽家を目指すための勉強を始めることをおすすめします。

音楽家は高卒から目指せる?

音楽で成功をおさめた人の中には、高卒で音楽の道に進んだという人も少なくありません。

前述のとおり、音楽大学や芸術系の学部を持つ大学で学ぶことも重要なことではありますが、それは必須ではなく、学歴や資格が基本的に不問である音楽家にとって高卒という身分は決してハンデにはならないのです。

例えば高卒で個人レッスンや音楽教室、あるいは独学で技術やセンスを磨き、楽団に所属するなりして実戦経験を積み、コンクールで入賞して一流音楽家としての一歩を踏み出すという選択肢もあるのです。

あるいは高校卒業後に海外留学して、各ジャンルの音楽の本場で学ぶという道もあります。

大学では音楽だけに時間を費やせるわけではありませんので、むしろ高校卒業後に好きなだけ音楽に時間を費やせるという点においては有利になるかもしれません。

ただし、大学卒業の身分を持たないため、音楽家の道を諦める場合にはその後の就職に響く可能性がある点には注意が必要です。