作詞家の1日のスケジュール・生活スタイル

作詞家の業務スケジュール

仕事とプライベートの線引きが難しい

作詞家は、常に新しい情報を求めてアンテナを張っているため、起きている間は常に仕事をしているといっても過言ではありません。

逆に、デスクに向かって執筆活動をしているようでも、ネットサーフィンをしながら調べものをしたり、情報収集をしたり、音楽を聴いたりと、仕事に没頭していないときもあります。

仕事とプライベートがあいまいなところが、作詞家の1日の特長です。

ある有名作詞家は、1つの曲を仕上げるのにかかるのは2時間程度だといいます。

2時間で1曲というととても楽な仕事のように見えますが、豊富な知識や情報力、音楽的センス、表現力など、さまざまなスキルが備わっていなくてはできない仕事です。

集中して仕事をしている時間は2時間だとしても、そのバックボーンには、映画やテレビを見たりアーティストと交流したりするなど、さまざまな刺激を受け世相や流行にアンテナを張っている膨大な時間があるのです。

こうした生活を楽しめる人でなければ作詞家という職業は務まらないといっても過言ではありません。

流動的なスケジュール

作詞家は、スケジュールによって自由に休みを取ることが可能です。

仕事が立て込んでいなければ、比較的ゆったりと過ごすことができます。

しかし急な依頼が舞い込んだり、締め切り間近になってもよい詩が浮かばなかったりした場合は、休日を返上し、徹夜をしてでも仕事をしなくてはなりません。

作詞家の繁忙期

新曲のリリース情報を見ると、Jポップだけでも曲がリリースされない日はないほど毎日新しい曲が生まれています。

曲が制作される期間はアーティストやレコード会社によって異なるため、1ヶ月の中で作詞家が忙しい時期というのはあまり予測ができません。

一方、アーティストから「決め打ち」で仕事を受ける作詞家の場合は、そのアーティストがアルバムを出すタイミングに合わせてピークがやって来ます。

アルバムの曲を1人の作詞家が担当すると、何曲も同時進行で制作しなければならないため、数ヶ月にわたって忙しい時期が続きます。

無事に仕事を終え、リリース日を迎えた時には感動もひとしおです。

作詞家の1日

08:00 起床
会社員と違い、決まった時間に出勤する必要がありません。

ただし、生活リズムを考えてなるべく毎朝同じ時間に起床する人が多いようです。

09:00 ウォーキング
仕事をしているとどうしても座っている時間が長くなってしまうため、自己管理が大切です。

移動や仕事の合間などには身体を動かすことを心がけます。

10:00 打ち合わせ
所属している音楽事務所での打ち合わせに参加します。

基本的に仕事は自宅で行い、打ち合わせなどがある日だけ事務所に出向きます。

この日は事務所のプロデューサー、マネージャー、レコード会社のディレクターを交え、新人アーティストグループのデビュー曲について意見を交換します。

13:00 ランチ、休憩
打ち合わせに参加したメンバーと交流、情報交換を兼ねた食事会に参加します。
15:00 帰宅・デスクワーク
デスクに向かってみっちり仕事をするのは1日3〜4時間程度です。

これから歌詞をつける曲を繰り返し聞いてメロディを覚えたり、文字数をカウントする作業をしたり、インターネットで情報収集したりと、仕事内容は作詞に限りません。

19:00 音楽鑑賞
気になるアーティストの楽曲を聞いたり、直近のヒットソングを聞いたりして歌詞を分析します。

また映画や舞台を鑑賞したり、美術館を訪れたりすることも、情報を蓄え感性を磨くための大切な時間です。

21:30 仕事終了
急ぎの仕事がない場合は、規則正しい生活を心がけます。

作詞家の勤務時間・休日