「ミュージシャン」とは

ミュージシャン_画像

ロック、ポップス、ジャズなど、おもに大衆音楽を演奏し、人々に喜びや感動を与える。

ミュージシャンとは、楽器を演奏したり歌を歌ったりする人で、特にロックやポップス、ジャズなど、大衆音楽の演奏家のことをこう呼びます。

また演奏だけではなく、作曲や編曲をする人もあわせてミュージシャンと呼ばれることがあります。

仕事はライブハウスなどでの演奏活動を中心に、レコーディングをしてCDを出すことやテレビ出演、演奏の講師など、多岐に渡ります。

また、レコーディング時にソロ歌手など他のアーティストの演奏の手伝いをする「スタジオミュージシャン」や、コンサートに同行して演奏する「サポートミュージシャン」、また路上や公園などで演奏する「ストリートミュージシャン」と呼ばれる人たちもいます。

プロになるためには、高い演奏技術や音楽的なセンスのほか、業界との繋がりや運も必要となります。人気のある仕事ですが、この仕事で生計を立てるのは簡単ではありません。

一時的にメジャーデビューしたとしても、表舞台からは短い期間で消えて人も多くいます。

「ミュージシャン」の仕事紹介

ミュージシャンの仕事内容

ポップスやロックなどの大衆音楽を演奏する

ミュージシャンは、世の中の人々に向けて楽器を演奏したり歌を歌ったりする仕事で、とくにロック、ポップス、ジャズなどの「大衆音楽の演奏家」のことを指します。

楽器演奏以外に自身で作詞・作曲・編曲をするミュージシャンや、個人ではなくグループを組んで活動をするミュージシャンもいます。

そのようなミュージシャンたちは、CDのリリース、ライブハウスやホールでのパフォーマンス、メディア出演、音楽学校の講師など、さまざまな活動を行っています。

多くの人々が憧れる職業のひとつではありますが、世間から認知され、本当の「プロ」として食べていけるのはほんの一握りだけであり、技術やセンス、運、業界関係者との人脈なども求められる厳しい世界です。

ミュージシャンの就職先・活躍の場

多様な活躍の場が広がっている

ミュージシャンは会社に就職するわけではなく、メジャーになると事務所に所属し、そのサポートを受けながら活動をしていきます。

ミュージシャンの演奏場所はライブハウスやアリーナ、ホール、レストランなどさまざまであり、さらに随時CDのリリース、テレビ出演、演奏の講師などを行い、生計を立てています。

「ソロミュージシャン」として自分一人で作曲から編曲、演奏まで行うミュージシャンもいれば、「バンド」や「ユニット」の形で、他のミュージシャンと組んで活動する場合もあります。

さらに、他のミュージシャンがレコーディングする際に演奏を手伝う「スタジオミュージシャン」や、ツアーに同行する「サポートミュージシャン」といわれる人たちもいます。

ミュージシャンの1日

ミュージシャンの生活は不規則

ミュージシャンの1日の過ごし方に、決まったパターンはほとんどありません。

勤務時間や休日が指定されているわけでもなく、仕事内容によって毎日違うスケジュールで動くことが多いため、どうしても不規則になりがちな仕事だといえます。

ここでは、バンドで活動するプロミュージシャンのある1日を紹介します。

11:00 起床
マネージャーからのメールをチェックして、出かける準備を整えます。

11:30 食事
近所の定食屋で朝食兼昼食をとります。

14:00 打ち合わせ
次の全国ツアーについて、バンドメンバーやマネージャー、関係者と一緒に打ち合わせを行います。

17:00 スタジオ入り
メンバーとスタジオに入り、次のレコーディング日に向けて調整を行います。

22:00 帰宅・練習
帰宅途中に食事をとり、帰ってからは個人練習をします。

24:00 就寝
翌日は朝早くから音楽雑誌の取材が複数入っているため、早めに就寝します。

ミュージシャンになるには

決まりきった方法がないからこそ、難しい

ミュージシャンは、メジャーデビューをしたり、プロになるための決まりきった方法を語るのが難しい職業です。

この仕事には資格も学歴も必要ありませんし、もともと「ただの音楽好き」だと思っていた人が、突然テレビに出て演奏しているという可能性も十分あり得ます。

ミュージシャンは「こうしたら必ずプロになれる」という方法がないため、プロになって生計を立てることは逆に難しい仕事です。

一般的には独学や音楽系の学校に通って演奏技術を身につけ、ライブハウスでの演奏活動を続けて地道にファンを増やしていったり、コンテストに応募したり、レコード会社にデモテープを送ったりしながら、業界関係者の目に留まることを目指してデビューに向かっていきます。

ミュージシャンの学校・学費

専門学校から民間のスクールまでいろいろな音楽学校がある

ミュージシャンに学歴は一切関係ないといえますが、ミュージシャンを目指す若者の多くが、何らかの学校で音楽について勉強をしています。

音楽関連のおもな学校としては、音楽専門学校や音楽大学、民間の音楽スクールが挙げられます。

専門学校ではミュージシャン志望者向けの学科・コースもよく設けられており、ヴォーカルやギター、ベース、ドラムなど、各楽器ごとの演奏技術、また作曲や編曲などについても学ぶことができます。

音楽大学はどちらかというとクラシックの演奏家を輩出することを主としたカリキュラムになっています。

民間スクールは、月に数回~週に1回程度のレッスンとなることが多く、レッスン料は1回数千円程度からと気軽に学ぶことが可能です。

ミュージシャンの給料・年収

人気を保ち、大きく稼ぎ続けることは極めて難しい

プロ(メジャーレーベル)のミュージシャンは、「レコード会社(レーベル)」「プロダクション(事務所)」「音楽出版社」の3つと契約を行い、それぞれとお金(給料)のやりとりが発生します。

簡単にいえば、CDが売れれば売れるほど手元に入るお金は増えます。

その他、ミュージシャンにはメディアやイベント出演料さまざまな収入源がありますが、本当にこの仕事で大きく稼げる人は決して多くありません。

また、浮き沈みの激しい人気商売であるため、1曲大ヒットして一時的に何百万円、何千万円もの収入を得たとしても、10年、20年とその人気を保つことはとても難しいといえます。

ミュージシャンのやりがい、楽しさ

自分自身を表現して、人の心を動かすことができる

音楽には、聴くだけで気持ちが明るくなったり、ときには涙が出てきたりと、人の感情を左右するパワーがあります。

また「音楽は国境を越える」といった言葉もあるように、音楽は時代も場所も問わず、人々に影響を与え続けることができるものです。

そんな大きなパワーを持つ音楽を創造できるのが、ミュージシャンの仕事の大きなやりがいといえます。

自分自身を音で表現し、それに多くの人が喜んだり感動してくれたりする様子を見られるのは、ミュージシャンにとって本当に幸せなことです。

ミュージシャンのつらいこと、大変なこと

自分が目指すものに向かって頑張り続けること

日本では、毎年何百ものミュージシャンがメジャーデビューしているといわれますが、生き残れるのはほんのわずかであり、名前すら知られないミュージシャンも大勢います。

もし「たくさんのお金を稼ぐ」ことをミュージシャンの成功と考えるのであれば、それはとても難しいことだと覚悟しておかなくてはならないでしょう。

競争が厳しく、お金も思うように稼げないような日々の中で自分自身が目指すものに向かって頑張り続けることに、ふと「苦しい」と感じてしまう日もあるかもしれません。

ミュージシャンに向いている人・適性

根気よく努力を続けられる人

華麗に音を奏でるミュージシャンは華やかに見えるものですが、その裏では地道な努力を重ねています。

演奏技術は一朝一夕で身に付くものではなく、何年、何十年とかけてコツコツと積み上げていかなければなりません。

また音楽に正解や終わりはありませんので、つねに変化を求め、レベルアップし続けようとする向上心も大切です。

売れない時代にも怠けたり腐ったりすることなく、自分自身に厳しくあり続けることは、ミュージシャンとして輝くために必要な要素だといえるでしょう。

ミュージシャン志望動機・目指すきっかけ

「音楽で生きていきたい」という思い

ミュージシャン志望者の多くが、「大好きな音楽で生きていきたい」という思いをきっかけに、この仕事を目指していくようです。

好きなことを仕事にし、その世界にどっぷりと浸かれるのは本当に幸せな
ことだといえるでしょう。

好きであれば、日々の楽器練習や、努力することも苦しくないと話す人もいます。

ミュージシャンは、好きだからといってプロになれるほど甘い仕事ではありませんが、それでも「好き」という強い気持ちや情熱は、一流になるために欠かせないものだといえるでしょう。

ミュージシャンの雇用形態・働き方

専業で生きていけるミュージシャンはわずか

ミュージシャンは、一般的な会社員のように、毎月会社から決まった給料をもらって生活するような仕事ではありません。

誰もが名を知るプロミュージシャンとなり、印税収入などによってお金持ちになれるのは、ミュージシャンとして活動する人の中でもほんの一握りの人だけです。

多くの人が音楽活動をしながら、別の仕事(アルバイト含む)に就いているのが現実です。

こうしたことから、ミュージシャンは、兼業や副業で働く人も比較的多い職業だといえるでしょう。

ミュージシャンの勤務時間・休日・生活

生活は不規則になりがち

ミュージシャンの生活パターンに決まったものはありません。

その人がどのような活動をメインで行っているのかにもよりますし、同じミュージシャンでも今年と来年、今月と来月ではまったく違うスケジュールで動くこともあります。

たとえばCDをリリースすることが決まり、作曲やレコーディング作業で何ヵ月もスタジオにこもることもあれば、全国ツアーをするために飛行機や車などを使って各地を飛び回る日々が続くこともあります。

全体としていえるのは、ミュージシャンは夜型の人が多く、バンドでのリハーサルやレコーディング作業は深夜に行うという人も多いようです。

ミュージシャンの現状と将来性・今後の見通し

売れない時代に、どう自分を売り込んでいくか

娯楽の多様化や音楽ダウンロード配信が一般的になったことによって、人気ミュージシャンであっても、かつてのように多くのセールスを上げるのは難しくなっています。

そのような時代のなかでミュージシャンとして生きていくためには、自分自身で「どのように地位を築き上げていくか?」と考えることが、ますます大事になっていくでしょう。

黙っていても売れる時代ではありませんから、メディアへの戦略的な露出や営業活動、時代に合った音楽表現など、これまで以上に売れるための工夫が必要となります。