このサイトはミュージシャンを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ミュージシャン」

仕事内容
ミュージシャンは、世の中の人々に向けて楽器を演奏したり歌を歌ったりする仕事で、特にロック、ポップス、ジャズなどの大衆音楽の演奏家のことを指します。演奏以外に自分で作詞・作曲・編曲をする人もおり、レコーディング、ライブハウス・ホールでの演奏、テレビ出演、音楽学校講師など、さまざまな活動を行っています。プロとして食べていけるのはほんの一握りの人で、技術やセンス、業界との人脈も求められる厳しい世界です。
なるには
ミュージシャンになるのに、決まった方法はありません。学歴も資格も全く必要ないので、誰でもミュージシャンになれる可能性があります。メジャーデビューする一般的な方法としては、レコード会社にデモテープを送付、オーディションへの出演などが挙げられますが、他にもプロのミュージシャンのサポート活動をしているうちに引き抜いてもらったり、ネット配信で自分の演奏を流したりといった方法もあります。
給料
ミュージシャンの給料は、実力や活動内容によってピンキリとなっています。プロダクションに所属できても、新人のうちはほんの数万円程度の給料しかもらえないことも多いです。また、CDが売れなければ印税も入りませんので、高収入を得ることや、10年も20年も安定して 売れ続けることは非常に大変です。実際、ミュージシャンとしての活動の傍ら、アルバイトをして生計を立てている人も少なくありません。
将来性
音楽業界の流れはとても激しく、次から次へと新たなミュージシャンが生まれては消えていくため、この仕事で生きていくには強い覚悟と情熱が求められます。厳しい面も多々ありますが、自分の歌や演奏で世界中の人を感動させることもできる可能性も秘めた魅力的な仕事です。まずは自分がどうありたいのか、何を伝えたいのかを明確にし、その上でどのような活動をしていくべきかを戦略的に考えることも重要だと言えるでしょう。