サウンドクリエイターの1日のスケジュール・生活スタイル

サウンドクリエイターの業務スケジュール

サウンドクリエイターの1日の流れは、担当している案件や進捗状況などによっても変わりますが、基本的には、サウンドを制作することと、他のスタッフとのミーティングや打ち合わせの繰り返しです。

どのような作品も各分野のプロフェッショナルたちが協力して作られていくため、ミーティングや打ち合わせで各スタッフがお互いにコンセプトや世界観を共有することが重要です。

その後、サウンドクリエイターはディレクターなどから指示を受けて、実際にサウンド制作の作業を進めていきます。

ゲーム制作会社で働くサウンドクリエイターの1日

10:00 出社
一般的な企業よりも出社は少し遅めです。
10:15 メールチェック、スケジュール確認
当日の作業内容を確認し、作業の段取りを考えます。
10:30 情報収集
インターネットなどで、業界や業務に関連する最新情報をチェックします。
11:00 ミーティング
他のサウンド担当者や、ディレクターなどと作品の方向性についてミーティングを行います。
13:00 休憩
14:00 制作
午後はサウンド制作に集中して取り組みます。
16:00 小休憩
18:00 進捗報告
リーダーに作業の進捗状況を報告し、日によってはさらに作業を進めます。
19:30 退社
納期直前は毎日遅くまで残業しなくてはならないこともあるため、仕事の切りがよいときには早めに帰宅します。

サウンドクリエイターの勤務時間

正社員として勤務するサウンドクリエイターの勤務時間は、たいてい8~9時間程度です。

コンテンツ制作会社などでは、遅めの出勤が認められており、10時頃に始業する会社も珍しくありません。

またフレックスタイム制を取り入れている企業も増えており、個人でスケジュールを調整しながら、より柔軟な勤務時間で働けるところも増えてきています。

ただし、残業はやや多めのところが多いようです。

納期が迫っていたリ、案件が立て込んでいたりする時期は非常に忙しくなり、朝早くから夜遅くまで仕事をしなくてはならないこともあります。

サウンドクリエイターの休日

サウンドクリエイターの休日は、土・日曜日を休みとする完全週休2日制が一般的です。

平常時は問題なく休みが取れますが、納期直前になると休日出勤をして作業を進めるようなこともあります。

また、声優を使うような作品制作に携わる場合、ボイス収録のために土日にスタジオ入りすることも少なくありません。

サウンドクリエイターの休日の過ごし方

サウンドクリエイターは、自らの音に対するセンスや感性も重要視される職業です。

さらに新しいものを生み出すクリエイティビティが必要な仕事であることから、勤務時間以外にどれだけインプットができるかが重要です。

たとえば、日常的に身の回りの音を聞き分け再現できるように記憶したり、さまざまなジャンルの音楽を聴いたりするなどのことを意識的に行っていかなくてはなりません。

仕事とプライベートを分けて考えていない人も多く、日常生活で得たり感じたりしたあらゆることが、仕事に生かせる仕事ともいえます。

在宅のサウンドクリエイター

在宅のサウンドクリエイターとは

サウンドクリエイターは、制作会社などに正社員などの形態で雇用されるだけでなく、在宅でもできる仕事です。

在宅の場合、多くはフリーランスという形で、クライアントと業務委託契約を結んで案件を請け負います。

この場合、クライアントからの指示の下に在宅でサウンド作りを行い、期日までに完成した曲やデータを納品するといった形が一般的です。

場合によっては、クライアントのところまで出向いて打ち合わせに参加することもあります。

在宅のサウンドクリエイターとして収入を得ていきたいのであれば、実力や信用は必要不可欠であるため、まずは会社勤めをして腕を磨き、それから独立して在宅勤務をするといった人が多くなっています。

在宅のサウンドクリエイターのメリット

フリーランスのサウンドクリエイターは会社に所属するわけではないため、勤務時間や休日は自分で自由に設定でき、ルールに縛られずに仕事をすることができます。

また、さまざまな種類の案件に挑戦することができたり、実力次第では会社勤めの人よりも大きな収入を手にしたりすることも可能です。

働く場所も問わないため、自分の思うような生活スタイルを確立しながら仕事を続けやすい働き方だといえます。

在宅のサウンドクリエイターのデメリット

会社勤めのサウンドクリエイターであれば、仕事は基本的に会社から与えられます。

もちろん、個人の能力や経験などに応じて任される業務範囲は変わってきますが、どのような状況でも仕事をすることができます。

しかし、フリーランスになると、仕事は自分の力で取ってこなくてはなりません。

営業活動も必要になりますし、実績やスキルが不足している場合は思うように仕事がもらえないこともあり、どうしても収入は不安定になりがちです。

フリーランスになったからと言って、思いのほか稼げないといった可能性も出てくるでしょう。