シンガーソングライターのやりがい、魅力

自分の声や曲で多くの人に感動を与えられる

シンガーソングライターにとって最大のやりがいとなるのが、自分の歌声や楽曲などを通じて、たくさんの人の心を動かし、感動や希望を与えられることです。

日本全国はもちろん、世界中の人に自分の演奏を届けることができるのは、シンガーソングライターの大いなる魅力といえるでしょう。

そして「音楽は国境を超える」といわれるように、国籍や文化の異なる人たちとさえも、音を通じてつながりを実感することが可能です。

多くの人に「自分」という存在を示すことができ、そして認められたときには、何物にも代えがたい達成感が味わえることでしょう。

好きなことを仕事にできる

世の中では、よく「好きなことを仕事にしたい」という風にいわれますが、シンガーソングライターとして生きている人は、まさに自分が好きなことをそのまま仕事にしている典型例だといえるでしょう。

逆にいえば、作詞作曲をして歌うという行為が好きでなくては、とても続けられない部類の仕事だともいえます。

会社員のように、毎日出社して与えられた仕事をしていれば給料がもらえるというわけではなく、創造を続けていかなくてはならないからです。

誰かにやらされるのではなく、自分がやりたいことをやって、それでお金を稼いで生活できるようになれば、それほど幸せなことはありません。

毎日が充実感にあふれ、生涯を通じて自分らしく生きることを追求していけるはずです。

たくさんの人と出会える

シンガーソングライターは、業界関係者をはじめ、たくさんのファンの人と触れ合いを持ちながら、日々新しい出会いに恵まれる仕事です。

1日の過ごし方や仕事内容も日々変わってくるため、とても刺激的で、さまざまな人との出会いのなかで自分を成長させていくことができるでしょう。

また、活動の方向性も自分で考えていくことができますし、自分自身で歩む道を切り開くことができるのも、シンガーソングライターという仕事の魅力だといえるでしょう。