ピアニストの1日のスケジュール・生活スタイル

ピアニストの業務スケジュール

生活スタイルはさまざま

優雅なイメージのあるピアニストですが、演奏旅行で忙しい人から、仕事をかけもちする人まで、生活スタイルはさまざまです。

その中でも練習を欠かせないのが、ピアニストの日常といえるでしょう。

特に各地を演奏会で飛びまわるような、多忙なピアニストの場合、生活はコンサートのための練習と、移動が主になります。

ピアニストによっては、年間公演数が50をこえることも珍しくありません。

一年の中では、秋ごろにコンサートが多い傾向にありますが、人気ピアニストは年中、繁忙期といえます。

講師の仕事もしている場合は、昼間に音大や学校などで教え、夕方からは自宅で生徒にレッスンを行う人もいます。

その合間に、自分の演奏会のための練習などもします。

交流も大切

ピアニストは数々のコンサートを鑑賞しに行ったり、音楽家同士の集まりに参加して、交友を深めることもあるでしょう。

音楽の世界では、人とのつながりも大切な要素なのです。

夜に、バーやラウンジなどで演奏するピアニストは、昼間はちがう仕事をしている人も多くいます。

音楽教室で教えたり、色々なイベントで弾いたり、オーディションやコンクールに参加することもあるでしょう。

もしくは、まったく音楽とは関係のない仕事をしている人もいます。

その合間をぬって、ピアノの練習をする生活です。

ミュージシャンとしてのピアニストの生活

スタジオミュージシャンなども、仕事の依頼に合わせ、不規則なスケジュールになります。

また、アーティストのツアーに同行するなど、ひんぱんに移動するピアニストもいます。

基本的にピアニストには、決まった休みというものは少なく、その日の仕事によって柔軟に動くことが求められます。

コンサートで演奏するピアニストの1日

ここでは、一例としてコンサート当日のピアニストのスケジュールを紹介します。

もちろん詳細はピアニスト個人によって異なりますし、コンサートや興行者によってもスケジュールは異なります。

6:00 起床、最終練習
当日の曲目に合わせて指の体操やさらっと通して弾くなど、軽い練習を行います。

コンサート当日は練習を行わないという人もいます。

7:00 朝食
消化が良く、エネルギーになる食材を中心に朝食を取ります。

人によってはリフレッシュのためシャワーを浴びたり、ストレッチをしたりなど、リラックスして本番をむかえられるよう整えていきます。

9:00 会場入り
会場に着いたら控え室やホール、当日使用するピアノの状態などをチェックします。
9:30 打ち合わせ
主催者や他の演奏者と打ち合わせを行います。

一緒に演奏する演奏者がいる場合、演奏の細かな打ち合わせがあることもあります。

10:00 リハーサル
本番の流れに即してリハーサルを行います。

器材や流れの最終チェックとなるため、気になる点はこの時にすべて確認しておく必要があります。

12:00 昼食
しっかりと食事を取る人もいれば、軽食だけとる人もいます。
13:30 身じたくを整える
メイクや衣装など、本番に向けた準備を行います。
14:30 開場・待機
開場後は自分の出番まで控え室で待機となります。

モニターで会場の様子や別の演者の演奏を見ながら過ごします。

15:00 演奏
自分の出番が来たらステージ上で演奏します。

これまでの準備や練習の成果が出るよう、精一杯演奏します。

17:00 終演
コンサートによっては終演後ホールやロビーで観客に挨拶をすることもあります。
17:30 片付け
使用したものを片付けたり、ストレッチやヨガをして体をほぐしたりしつつ、撤収の準備をします。
18:00 帰宅
関係者に挨拶をし、コンサート会場を後にします。

極度の緊張から解放されたら、しばらくゆっくりと過ごす時間を取る人もいます。

レストランで働くピアニストの1日

レストランで働く場合、毎日や毎週など、コンサートよりもひんぱんに本番がやってきます。

そのため、毎日の過ごし方もやや変わってきます。

ここでは、レストランで働くピアニストのスケジュールの一例を紹介します。

11:00 起床、食事
遅めに起床して、ゆっくりと食事をとります。
12:00 練習
毎日時間を決めて練習します。

練習量は多すぎても負担になりますし、少なすぎてもいけないため、ひとりひとり自分に合ったスケジュールがあります。

14:00 散歩
気分転換に近くを散歩するといった日課を取り入れている人もいます。
15:00 出かける準備
出勤の準備をします。
16:00 出勤・打ち合わせ
レストランに出勤したら、当日の流れや曲目について打ち合わせを行います。

イベントやお祝い事がある日には、ゲストのリクエストにこたえて、お祝いにふさわしい曲を演奏します。

16:30 軽食
営業開始後しばらく食事を取れないので、軽食を食べておきます。

レストランによっては従業員用の夕食が出ることもあります。

17:00 営業開始
レストランの営業開始と共に、演奏開始となります。
22:00 演奏終了
演奏時間が終了したら、自分が使ったものを片付けて退出します。

間に休憩が取れるケースもあります。

22:30 退勤
退勤前に翌日の演奏に関する打ち合わせがあることもあります。

また、レストランによっては従業員用の夕食が出ることもあります。

23:00 帰宅・練習
帰宅後、寝るまでの間しばらく練習します。
1:00 リラックス、風呂など
練習後はゆっくりお風呂に入るなどして心を落ち着け、寝る準備をします。

常に手に注意を払って生活

ピアニストの日常では、当たり前のことながら、手や指のケガには常に注意しなければなりません。

本番を控えている時には特に、刃物やハサミなど、危険なものには一切触れない人もいます。

また、練習をしすぎると腱鞘炎(けんしょうえん)になってしまうので、コンサートが近づくと、練習量を減らす人もいます。