音楽プロデューサーへの転職・未経験からなるには?

音楽プロデューサーへの転職状況は?

音楽プロデューサーは、ディレクターやレコーディングエンジニアなどのキャリアを経て、音楽に関する専門的な知識や技術を身につけ、実力とセンスが認められた人だけが就ける職種です。

したがって、これまでほかの職種で働いてきた人が、他社へ転職するタイミングで音楽プロデューサーにキャリアアップすることは大変難しいでしょう。

これが可能であるのは、自身がアーティストやミュージシャンであったり、人気作家として活躍していたりといった、すでに音楽業界において高い知名度を得ている人にほぼ限られます。

また、ごくまれに、大手レコード会社などでディレクターとして働いていた人がそれよりも規模の小さな会社にスカウトされ、転職を機に音楽プロデューサーに昇進するパターンがあります。

これはすでに音楽プロデューサーとして通用する実力をつけている一部の優秀なディレクターだけが経験できることだといえるでしょう。

一方、すでに音楽プロデューサーとして活躍している人が、ヘッドハンティングのような形で他社に転職したり、フリーランスとして独立したりすることはよく見られるパターンです。

音楽プロデューサーへの転職の志望動機で多いものは?

近年は、ミュージシャンやクリエイターとして活動していた人が音楽プロデューサーに転職するケースが多く見受けられます。

その場合の志望動機としては、「ミュージシャンとして活動していたが、逆にミュージシャンをサポートする側に立つことでもっと視野を広げたい」「アーティストをプロデュースする立場で、世の中に影響を与え、音楽業界を盛り上げていきたい」などといったようなことが挙げられます。

また大手レコード会社に転職するケースで多いのは、同じ業界からの転職です。

音楽業界では勤務時間が不規則になることが多く、休日も取りにくい場合があります。

よりよい給与待遇や労働環境を求めて、同業他社や関連会社から大手レコード会社に転職し、音楽プロデューサーを目指す人もいます。

未経験・社会人から音楽プロデューサーになるには

上記にもあるように、音楽プロデューサーになるには、音楽に関する専門的な知識や経験が必要です。

大手レコード会社の場合は、業界未経験の転職者向けに求人情報を出すことはほぼありません。

しかし、ごくまれに、正社員ではなくアルバイトとして、ディレクターのアシスタントを募集していることはあります。

また社員数が10名前後の小規模な音楽制作会社などでは、未経験者でもやる気があれば応募可能というところもあります。

音楽業界での実績がない場合は、まずは音楽制作会社などでアルバイトのアシスタントとして経験を積み、音楽業界の仕組みを学びながら専門知識や技術を身につけましょう。

音楽プロデューサーへの転職に必要な資格・有利な資格

音楽プロデューサーへ転職するにあたって必要な資格や有利な資格はとくにありません。

音楽業界では、あくまでも経験と実力が重視されます。

音楽プロデューサーとして認められるだけの十分な実績とセンスを身につけていることが重要です。

音楽プロデューサーへの転職に役立つ職務経験は?

サウンドプロデューサーに転職する場合は、アーティスト、ミュージシャン、DJとしてステージに立って活動していた経験があれば、プロデュースするアーティストの音楽活動に具体的なアドバイスができます。

クリエイターとしての経験があれば、作曲やアレンジのスキル、機材の知識や取扱い技術がそのまま制作現場で生かされます。

またレコーディングエンジニアとしての技術や実績が認められて、フリーランスの音楽プロデューサーになる人もいます。

音楽プロデューサーは、アーティストの音楽活動に関するさまざまな工程で、多くの人と関わります。

アーティストやエンジニアなど、さまざまなこだわりを持った個性豊かな人たちをまとめ上げていく必要がありますので、高いコミュニケーション能力が求められます。

アーティストの発掘・育成を担当するA&Rやアーティストマネージャーから音楽プロデューサーへの転職を目指す場合は、人と接する機会の多い営業職での経験が役立ちます。

音楽プロデューサーへの転職面接で気をつけるべきことは?

音楽や芸能に関わる業界だからといって、面接について、ほかの業界と大きく異なる特徴があるわけではありません。

一般的な就職面接と同じように、志望動機や転職理由などを聞かれます。

とくに音楽プロデューサーへの転職を目指す場合は、これまでの仕事内容や実績が重要になります。

今までにどんな経験をしてきたのか、即戦力として何ができるのかを明確に伝えられるように準備しておく必要があります。

また応募要項に「普段の格好でお越しください」と記載されている場合もありますが、入社のための面接ではあくまでもスーツ着用が基本です。

音楽プロデューサーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

音楽業界では、実年齢よりも業界での経験年数のほうが重視されるため、レコード会社などへ転職する際の採用条件に、具体的な年齢を掲げていることはあまりありません。

しかし、実際にレコード会社に転職した人の多くは、20代から40代前半までの人です。

音楽プロデューサーになるまでには、相当の実務経験を積む必要がありますし、心身ともにハードな仕事なので、ある程度の体力も必要です。

未経験、もしくは業界での経験が浅い人が音楽プロデューサーを目指す場合は、20代のうちから転職を検討したほうがいいでしょう。

ただし、音楽業界は専門学校を卒業してすぐに働き始める人が多く、転職をした時点で自分よりも年下の人が先輩になることがあるので、接し方には注意が必要です。

クリエイティブな職種にある程度経験がある場合も、長期的に働くことを考慮すると、実質的には40代までと考えるのが一般的です。

未経験から音楽プロデューサーの転職での志望動機

未経験から音楽プロデューサーを目指す道のりは簡単ではありませんが、実際に他業種からレコード会社に転職し、アーティストの発掘・育成などを担当するA&Rを経て、プロデューサーになったケースがあります。

また企業の広報部門をメインに仕事をしてきた人が、レコード会社の広告宣伝業務を担う広報部のマネージャー職に就いた例もあります。

この場合は、広報部門で身につけたスキルを生かして、アーティストのプロモーション活動などの広告宣伝や、テレビやラジオ、インターネット媒体を利用した広報活動を行っています。

未経験からの転職の際に、志望動機でとくにポイントとなるのは、今までの業務経験や身につけたスキルを音楽業界でどう生かせるのかということです。

また音楽への情熱を実体験を基に伝えることも重要ですが、音楽を客観性をもってビジネスとして捉える感覚が必要です。

音楽プロデューサーとしてどんな仕事がしたいのか、音楽業界にどのように貢献したいのかを明確に伝えることが肝心です。