シンガーソングライターになるには

さまざまな道のりがある

シンガーソングライターは、「この学校を出ていればOK」「この資格を取ればなれる」といった類の職業ではありません。

シンガーソングライターになるための道のりは一つではなく、どのような人にもシンガーソングライターになるチャンスがあるといえます。

以下では、シンガーソングライターになる代表的なルートを紹介していきます。

SNSなどを利用して、楽曲を発表する

アマチュアのシンガーソングライターが、メジャー、大手インディーズ契約のきっかけを作るためには、いくつかの方法があります。

手頃なところでは、各種動画サイトに自分(自分たち)の演奏やプロモーション動画をアップすることでしょう。

動画再生数が増えて話題になれば、視聴した業界関係者からスカウトされることもあり、実際にデビューしたシンガーソングライターもいます。

ただ、業界人の目に留まるためにはかなりの再生数が必要なので、動画サイトの活動だけでは難しいといえます。

ライブ活動を積極的に行う

シンガーソングライターの知名度を上げるには、ライブハウスやイベント、路上などで行うライブ活動が欠かせません。

ネットで検索をすれば、出演者募集が出ていますし、ポスターや告知の貼ってあるお店なら、直接問い合わせてみるといいでしょう。

ライブハウスの中にはインディーズレーベルを持っている、関係者に知り合いがいるケースも多いので、チャンスも広がるといえます。

また「路上ライブ」もシンガーソングライターの登竜門として、多くの有名人、グループを輩出しています。

ただ、許可を取らずに勝手に演奏をすると、「道路交通法」違反となりますから注意が必要です。

最近は「井の頭公園アートマーケッツ(東京都)」「ヘブンアーティスト(東京都)」「柏ルール 音街かしわ(千葉県)」ほか、公式エリアもありますから、これらを利用すれば問題なくライブができます。

コンクールやオーディションに応募する

音楽プロダクションなどが主催するボーカルコンクールやオーディションなどに参加し、そこで高い評価を得ることによってスカウトされる可能性があります。

このような場は、才能ある新人を発掘することを目的としているため、光るものがあると認められればシンガーソングライターとしてデビューする近道になるでしょう。

レコード会社に持ち込む

シンガーソングライターとになるには、とにかく業界関係者の目に留まることが重要です。

自分で作詞作曲をして歌った楽曲のデモテープをレコード会社に送ったり、人脈をたどって業界関係者に直接渡すことがきっかけで、声をかけてもらえることもあるようです。

必要な知識やスキルは?

シンガーソングライターの場合、「歌を歌う」という技術に加え、「ギターやピアノなどの楽器演奏」の技術、さらに「作詞・作曲」のセンスやスキルも必要になってきます。

ボーカルスクールや音楽専門学校、また音楽大学で音楽理論や作曲、演奏、発声などの知識・技術を身につけていく人は多いようです。

一方、完全に独学で作詞・作曲をしながら、ライブハウスや路上などで地道に活動を続けていくシンガーソングライターもいます。

多くのファンの心を掴むためには、技術だけではなく、人前で自身の魅力を伝えていく「パフォーマンス」のスキルも求められてきます。

シンガーソングライターを目指すうえで大事なこと

シンガーソングライターを目指す人はたくさんいますが、これを職業として、生計を立てていけるだけの収入を得られる人はほとんどいないのが現実です。

たいていの人は、アルバイトなどをしながらシンガーソングライターとして少しでも有名になることを目指し、自分の世界観を作り上げて発表しています。

また、すぐに結果が出るとは限らず、どれだけ努力しても成功するとは限らない、厳しい世界であるのも事実です。

「シンガーソングライターとして何を伝えていきたいのか」という確固たる思いや信念がなければ、この仕事を続けていくことは難しいでしょう。

「本気でシンガーソングライターを目指したい」そんな思いがある人は、シンガーソングライターの専門学校に通うことも検討してみましょう。

ヒューマンアカデミーの講師には、音楽業界で実際に活躍しているプロの方も多くいます。

本格的な設備が整った環境で、プロによる指導を受けることができるのです。

詳しい資料は完全無料で取り寄せることができますので、シンガーソングライターを目指したい人は、まずは無料資料請求してみましょう。

※入学願書の受付は4月1日時点で満18歳以上の方が対象です。