作曲家の求人状況・募集情報の探し方

作曲家の就職先にはどんなところがある?

求人の情報を見ていても、作曲家そのものの募集はほとんどありません。

誰でもできる仕事ではないので、一般から幅広く募集してもあまり意味がないからです。

作曲家の募集は、狭い音楽業界の中で行われることが多く、一般的には「レコード会社」「音楽制作会社」「音楽出版社」「音楽プロダクション」などで作曲家の需要があります。

作曲家の求人の状況

人材よりも「楽曲募集」

作曲家は直接人材を募集するのではなく、多くは楽曲募集という形で行われます。

作曲家として募集に応募するためには、自分の楽曲を収録したデモテープが必須です。

デモテープには、高音質で自分の個性が現れている、クオリティーの高い自信作を何曲も収録します。

デザイナーやイラストレーターは、自分の作品を「ポートフォリオ」として1冊にまとめ仕事の面接などで自己紹介のために使いますが、作曲家においてはデモテープがポートフォリオといえ、まさに名刺代わりとなります。

インターネットでのスカウト

頻繁にあるわけではありませんが、YouTubeをはじめとした動画サイトなどにアップした自分の楽曲がプロの目にとまることがあります。

プロは、その作品から作者の才能を感じ取り、楽曲の面白さや完成度の高さから、プロのシンガーに歌わせたいと感じる場合もあります。

近年はこうしたスカウトを受けてプロデビューする作曲家も非常に増えています。

動画サイトから作曲家になった人としては、ヒャダイン(前山田健一)さん、「ハチ」としてニコニコ動画で活動していたシンガーソングライターの米津玄師さんなどがあげられます。

作曲家の志望動機・面接

音楽に対する気持ち

作曲家に限らず、音楽業界を目指す人は音楽に対する情熱を伝えることが必要です。

音楽を聴くことで心が動いた経験は誰しもがあることでしょう。

自分が音楽からうけた経験を元に、自分も感動を与える側になりたい、多くの人を音楽で楽しませたいと作曲家を志す人が多いようです。

作曲家やアーティストへの憧れ

作曲家のなかには、特定の作曲家やアーティスト、演奏家などに対してのあこがれから音楽業界を目指すという人も多いです。

いずれはその人と仕事をしたい、その人に楽曲を提供したいという強い思いをもって作曲家を目指す人は少なくありません。

就職先はどのように探したらいい?

インターネットを利用する

インターネットで「楽曲募集」「作曲家募集」「デモテープ募集」などを調べてみましょう。

デモテープを募集している会社を見つけることができますし、なかにはオーディションをしているところもあります。

また音楽業界の求人情報サイトもあるので、積極的に利用してみるとよいでしょう。

知り合いやコネクションを使って

音楽業界は仲間内から仕事を依頼されることも多く、音楽活動を通して親交を深めた仲間や、一緒に仕事をしたスタッフから仕事が舞い込むことも少なくありません。

作曲家として活動をしていくのであれば、作曲家同士の人脈はもちろん、演奏かやアーティスト、その他のスタッフなどと交流を深め、仕事につなげられるよう実力をアピールしておきましょう。