音楽家の求人・募集状況

音楽家の就職先にはどんなところがある?

楽団

楽器を演奏する音楽家の就職先としては「楽団」が一般的です。

採用情報は各楽団のホームページに掲載されていることが多いですが、楽団の求人募集は楽団メンバーに欠員が発生したときなど、タイミングが限定的になることが多いです。

有名な楽団ほど応募者に求める技量もハイレベルになるため、日ごろからしっかりと音楽の練習や勉強をこなさなければなりません。

音楽事務所

コンクールで優秀な成績を残す音楽家になれば、楽団に所属せずに「ソリスト」として活動するという道も選択できます。

このとき、フリーランスとして活動する音楽家もいれば、音楽事務所などに所属して活動する人もいます。

事務所との契約には葛藤を覚える音楽家も少なくありませんが、音楽活動をスムーズに行うためには事務所に所属したほうがメリットが多くなるケースも多いです。

音楽大学など

音楽家として技量を披露するのではなく、音楽大学などで教鞭をふるうという道も音楽家には開けています。

しかしながら、楽団に所属する以上に狭き門であり、特に有名大学で音楽講師として採用されるためには音楽家としての知名度の高さや学歴の高さなど、多くの事柄が求められることが多いです。

音楽教室

大学などの教育機関ではなく、「音楽教室」で生徒を指導をするという道もあります。

大学と比較して選考基準はゆるめに設定されていることが多いのですが、大手の音楽教室であるほどに相応の実績が求められることもあります。

個人で教室を開く

雇われる立場ではなく、個人で音楽教室を開くという選択肢もあります。

自宅やスタジオを借りて教室を開くことができるため、生徒を集めらる工夫があれば、楽団やスクールに所属するより働き方や指導の仕方に関する自由度が高くなるなどのメリットがあります。

音楽家の求人募集の状況

求人はそれほど多くない

音楽家の求人全体でみると、他の仕事と比較してそこまで求人は多くない印象を受けます。

楽団は欠員補充のため、大学もそれほど多くの講師を雇うことはないので、一流楽団や一流音楽大学に就職しようと思ったら厳しい競争を勝ち抜かなければならないでしょう。

実力主義の音楽家の世界

音楽家の世界は、活躍する場所により異なるものの、全体的に「実力主義」であるといえるでしょう。

音楽家の実力はコンクールの受賞歴などで評価されることが多く、求人においてもそうした実績の大きさや豊富さが評価の中心となります。

実力を認められた音楽家であればさまざまな場所で活躍することもできますが、実力の伴わない人は楽団への所属すら難しくなるかもしれません。

個人で音楽教室を開くのも視野に入れてみる

求人が厳しいのであれば「個人で音楽教室を開く」という選択肢もあります。

実際、音楽の道を目指す子どもたちは音楽教室で学ぶことが多く、世間の求人とは基本的に無関係であるため音楽家としての活躍の場を自分で作ることができるという点はメリットになります。

重要なポイントは「生徒の集め方」です。

音楽教室を開くことと、音楽教室の収入で生計を立てることは必ずしも一致しませんし、生徒が集まらなければ音楽教室の指導者としてのやりがいも損なわれてしまいます。

教室を開く地域の他の音楽教室の立地状況や、自身の音楽家としての実績などを考慮して、その上で交友関係にある人に教室を宣伝してもらうなどの工夫をする必要があるでしょう。

地域のこども達の音楽教育をになう教室など、高い理念と収入のバランスがとれた音楽教室の経営を目指すのもよいでしょう。

音楽家の就職先の選び方

どのような形で音楽に関わるか

音楽家の活動内容は、人によってさまざまです。

例えば、
・楽器を演奏する
・歌を歌う
・曲を作る

といったように、同じ「音楽関連の仕事」であっても仕事内容は大きく異なります。

自分がどのような形で音楽に関わりたいのかによって、就職先もおのずと絞られてきます。

例えばポップスやロックなどで音楽に関わりたい人がオーケストラ楽団に所属するのはおかしな話ですし、第一線で活躍したい人が大学の音楽講師を目指すのも違うでしょう。

活動内容にも注目

楽団に所属するといっても、楽団によって活動方針は大きく異なります。

大きなコンサートの開催を中心とする楽団もあれば、チャリティー活動などを中心に活躍する楽団もあります。

演奏を披露するという形は同じでも、どんな人に技術を披露するのかは、楽団の活動方針によってある程度固定化されます。

所属する団体や事務所がどのような活動を中心にしているかは、ホームページやパンフレットなどの資料から調べることができますので、求人を調べる際にはそのあたりもしっかりと調べておくことをおすすめします。

「あこがれ」も1つの選考基準

音楽家を目指す人は、子どもの頃から「○○に所属することが夢なんだ」と頑張ってきた人も多いでしょう。

もし、特定の団体への所属を夢見てあこがれていたのであれば、その道をひた走ることも選択肢です。

しかし、活動内容などに認識のズレがあってはいけませんので、ホームページなどを利用した情報収集が欠かせないことは変わりません。

音楽家の志望動機・面接

音楽が好き

音楽家を目指す人の多くは「音楽が好き」という点が共通しています。

音楽に国境なし、音楽を聴くことで楽しい気持ちになることは世界中どこでも同じことであり、自分の音楽で人々に感動を与えたいという気持ちから音楽家を目指す人が多いです。

憧れている音楽家や楽団がある

音楽家を目指す人の中には、特定の音楽家や楽団などの団体に対して大きなあこがれの感情を抱いていることもあります。

最終的にその人に弟子入りしたり、楽団に所属して活動するなど、音楽家としての進路に大きく関わることも珍しくありません。

音楽は「人生そのもの」という人もいる

音楽家を目指す人の中には「音楽家以外の道はない」と断言できるほど、音楽が人生そのものであるという人もいます。

特に幼少の頃から音楽の道を歩んできた人は、自分の人生から音楽を切り離すことができないほど音楽活動にまい進する傾向にあります。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

音楽家の就職先はどのように探したらいい?

インターネットを利用する

求人情報を調べる方法として昨今とくに利用されているのが「インターネット上の求人情報サイト」です。

さまざまな条件で絞って求人情報を探すことができるので、勤務先や待遇など、自分に合った条件の就職先を探すのに便利です。

音楽家専門の求人情報サイトもあります。

なお、求人情報サイトで「音楽家」で検索すると、音楽事務所の事務員などの募集もヒットする可能性が高いので、音楽家としての活動ができる就職先に絞って調べるようにしましょう。

楽団のホームページで調べる

楽団などの求人情報は常に掲載されているわけではないので、とくに「所属することを希望している楽団が明確に決まっている場合」であれば、その楽団の求人情報に絞って調べることがおすすめです。

楽団がホームページを設置している場合、そのホームページ上で求人情報が掲載されることが多いので、つねにホームページの更新情報を確認しておきましょう。

ホームページでは団体のさまざまな情報が調べられるため、お気に入り登録していつでもすぐに見られるようにしておくと便利です。

知り合いからの紹介

音楽家は、音楽活動を通じてさまざまな人と出会い、親交を深めていくことになります。

そんな中で、知り合いから音楽家としての就職先を紹介されることもあるかもしれません。

また、コンクールなどで実力を認められれば、音楽事務所などからオファーが来る可能性もあります。

人からの紹介であれば一般的な音楽家としての求人への応募よりも難易度が下がる可能性もありますので、知り合いとの関係は常に良好な状態に保っておくことをおすすめします。