歌手やアーティストから女優になれる?

歌手から活動を広げる方法

歌手や音楽アーティストとして活動している人のなかには、歌を歌うことだけではないマルチな才能を発揮して次々と新たな仕事を切り開いている人もいます。

たとえば、この数年間で数々のヒット曲を連発しているミュージシャンの星野源さんを例にとって見てみましょう。

星野さんは作詞や作曲を行うシンガーソングライターとして活躍しており、楽曲がミリオンを達成したり全国ツアーを行ったりすることで注目を浴びている一方で、制作して提供した楽曲がNHKの子ども向けの番組で放送されています。

さらに、音楽以外の分野でも活躍しています。

声優としてアニメの制作にも携わっていますし、俳優として映画やテレビドラマにも出演しているのです。

このように、本人の能力や熱意さえあれば、歌手やアーティストとしての活動だけではなく、俳優や女優としての活動も行うことも可能です。

「歌手になりたいけれど、歌うこと以外のクリエイティブな仕事にも興味がある」という人は、歌手やアーティストとしてデビューしたことをきっかけに他の仕事にも活動の幅を広げていけるようチャレンジしてみるとよいでしょう。

歌手から俳優や女優になるために

感性や表現力を磨く方法

それでは、歌手やアーティストから俳優や女優への転身を目指すためには、具体的にはどのような努力をすればよいのでしょうか。

まず、俳優や女優として活躍するためには、音楽的な能力だけではなく芸能全般に対する興味があることが大前提となるので、さまざまなジャンルの音楽を聴くのと同時にテレビや映画などで有名な映像作品に触れたりして感性を磨いておくとよいでしょう。

自分で作詞をしている人の場合、歌の歌詞だけではなく詩やエッセイ、あるいは小説のような長い文章を書いてみることで、文才がさらに磨かれることもあります。

また、最近のミュージシャンは自分の楽曲をリリースする際にミュージックビデオを制作するのが一般的なので、このような映像作品を作る際に主体的に制作することで新しい才能が開花することもあります。

あらゆる感性や表現力を磨くことが、演技の道を目指すための大事な一歩となるのです。

声優やナレーターなどの道も

自分の最大の武器である「声」を生かしてさまざまな表現できるようになれば、いつかはドラマや舞台などに出演するチャンスが巡ってくるかもしれません。

実際に、AKBグループやジャニーズの人気タレントを見ていても、アイドルグループのメンバーとして歌を歌いながら俳優や女優として活躍している例はたくさんあるのです。

歌手から俳優や女優に転身するのは決して珍しいことではありません。

これ以外にも、歌手の場合は性質が独特であったり魅力的であったりすることが多いので、アニメの声優やナレーター、あるいはラジオ番組のDJなどとして仕事をすることも可能でしょう。

歌手は、さまざまな場で活躍するチャンスを掴むことができる職業なのです。