ラジオパーソナリティになるための学校・スクールと学費

基本技術が学べる学校

ラジオパーソナリティになるためには、やはり基本的な技術を習得する必要があります。

滑舌や発声練習・基礎的な話術を学ぶには、スクールに通うのが効率的です。

アナウンス・ナレータースクールや養成所、専門学科がある大学や専門学校では、このような技術を学べるカリキュラムが組まれています。

番組を担当するパーソナリティになった時、どれだけ魅力的な人物だったとしても、滑舌が悪かったり、話が下手だったりしては聞き苦しい番組になることは間違いありません。

リスナーにあなたが伝えたいことをきちんと伝えるためには、最低限の技術が備わっていなければなりません。

独学でその技術を学ぶことも不可能ではありませんが、専門の先生がいる学校に通い、そのノウハウを習得することもパーソナリティへの近道になるはずです。

ラジオパーソナリティになるには? 未経験からなれる?

スクールに入校するには

一般的に話し方を学ぶスクールや養成所に入校するのに、特別な資格は求められません。

年齢制限もなく、誰でも通うことができることがほとんどです。

ただし、テレビ局主催のアナウンススクールや、芸能事務所が主催している養成所などは人気が高く、オーディションや面接などが行われることもあります。

スクールで学ぶメリット

スクールで学ぶと、効率的に技術を身につけることができたり、業界での人脈が形成しやすくなったりするといったメリットがあります。

また、こうしたスクールでは、一流の講師から実際に指導してもらえるのが強みで、自分の話し方の良いところや悪いところを客観的に判断することができます。

さらに、スクールに通うことで同じ目標を持った人々と出会うことができます。

その場で、友人を見つけ、彼らと共に切磋琢磨することは、刺激にもなり、励みにもなります。

また、ライバルを見つけることで、自分自身の強みや弱みを自覚することができ、技術の向上を計ることもできるのです。

くじけそうになったとき、支え合える仲間がいることは必ず大きな支えになるはずです。

スクール以外の方法で学ぶ

時間や費用、場所などの制約のために通うことが難しい場合には、もっと手軽に通える各種講座や通信教育などでナレーターの勉強をすることを検討してもよいでしょう。

話し方の講座は、各地で開催されており、現役のアナウンサーやラジオパーソナリティをはじめ、経験を積んだ経験者が指導してくれるところも少なくありません。

こうした講座を受講したのち、オーディションを受けたりラジオ局への入社試験を受けたりしてラジオパーソナリティとしての道が開けることもあります。

また、通信講座であれば、通学制の学校に比べて比較的安い費用で学ぶことも可能ですし、近年ではインターネットを利用して離れていても対面で受講できる講座も増えてきています。

スクールに通う以外にもさまざまな方法があるため、費用や時間など自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。