ローディーになるには

音楽の経験が重要

ローディーとして働くにあたって特に必要となる資格はありません。

しかし、アーティストやミュージシャンをサポートする裏方としてさまざまな楽器のセッティングやメンテナンスを行うためには、楽器に関する知識や演奏の技術を習得しておく必要があります。

音楽の専門学校や音大で勉強する、ロックバンドや弾き語りなどの音楽活動を通して独学で勉強する、あるいはコンサートやライブでのスタッフのアルバイトをして現場から学ぶなどの方法があります。

演奏技術に関してはプレイヤーとしてのプロになれるほどの技術が必要なわけではありませんが、一流のアーティストやミュージシャンと対等に話をして信頼を勝ち取るためにはそれなりのレベルまで到達していることが望ましいでしょう。

また、正確なチューニングや細やかなメンテナンスをするためには耳の良さも重要になるので、音感も磨いておくことも重要です。

学歴は重視されない業界

音楽業界は音楽への感性や演奏技術、楽器や機材に関する知識こそが何よりも重視される業界です。

学歴に関しては役に立たないことも多いので、高卒だから不利になるとか四大卒だから優遇されるというわけではありません。

また、音大や芸大、音楽の専門学校に行かなければ就職できないということもありません。

学歴を理由に諦める必要は全くないと考えておいてよいでしょう。

プロダクションや音楽制作会社に就職

ローディーの募集をしているのは、音楽制作会社や芸能事務所、アーティストやミュージシャンが所属するプロダクション、ライブハウスやコンサート会場など多岐に渡ります。

ときにはアーティスト自身が個人で付き人として募集していることもあるようです。

未経験者の場合、最初は見習いのアルバイトスタッフとして採用されることも珍しくありません。

また、業務委託という形態で仕事をしている人が多い業界でもあるので、正規雇用での採用を望むのであれば非常に狭き門となります。

採用にあたっては特別な資格を必要としないことが多いのですが、楽器や機材の運搬のためにワゴン車などを運転することがあるので、自動車免許だけは必須とされることがあります。