シンガーソングライターの仕事内容

自分で作詞作曲をし、歌を歌う

「シンガーソングライター」とは、主にポピュラー音楽(ロック、ポップス、フォークなどの大衆音楽)の世界において、自作の楽曲を歌う人のことです。

自分で作詞・作曲することから、ピアノやギターなど、何らかの楽器を弾ける人も多く、ステージで演奏するケースもあります。

主な活動は、「楽曲を作る」「CDや配信で楽曲を発表する(シングル、アルバム)」「ライブを行う」「イベント(ファンサービスなど)開催」ですが、有名になると「他歌手、アーティストへの楽曲提供、プロデュース」「映画やテレビ番組などの主題歌・テーマ曲の制作、さらに俳優業に進出する、中には起業する人もいます。

とはいえ、多角的に活躍できる人(グループ)はひと握り。

まずは動画サイト(インターネット)での楽曲配信、地道なライブ活動、インディーズレーベルでのCD販売といった下積みを経て、メジャーデビューを果たすことが先決の厳しい業界だといえます。

そして何より、自分だけの歌世界を生み出し、多くのファンの心をつかむことが大切です。

自分の世界観を持ち、それを詞や曲に込めて歌で表現し、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。

シンガーソングライターの働き方、活躍の場

シンガーソングライターと呼ばれる人は、大きく分けて「アマチュア」と「プロ」の2種類います。

「アマチュア」の場合、ライブハウスやストリートで楽曲を披露し、自作のCDを販売したり、SNSなどを利用して宣伝をしながらファンをつけていきます。

基本的に個人で活動していき、一般の会社員とは大きく異なる生活となりますが、アマチュアであってもある程度人気が高まってくると、きちんと生活できるほどの収入を得ることも可能です。

他の仕事をしながらシンガーソングライターとして活動している人も少なくありません。

一方、「プロ」といわれる人になると、音楽事務所とマネジメント契約、メジャーレーベルともCD販売の契約を結び、シンガーソングライターとしてテレビ・ラジオ・雑誌などのメディア出演やCD発売、ライブおよびコンサートなどでパフォーマンスしながら活動していくことになります。

楽曲提供や講師を務める人も

シンガーソングライターのなかには、他の歌手などに自分の楽曲を提供したり、楽曲のアレンジや音楽プロデュース業などを務める人もいます。

また、音楽学校や音楽スクールの講師など、自身の持つ音楽のスキルやセンスを生かして幅広く活躍することも可能です。