シンガーソングライターの仕事内容

シンガーソングライターの仕事とは

「シンガーソングライター」とは、主にポピュラー音楽(ロック、ポップス、フォークなどの大衆音楽)の世界において、自作の楽曲を歌う人のことです。

自分で作詞・作曲することから、ピアノやギターなど、何らかの楽器を弾ける人も多く、ステージで演奏するケースもあります。

主な活動は、

・楽曲を作る
・CDや配信で楽曲を発表する(シングル、アルバム)
・ライブを行う
・イベント(ファンサービスなど)開催

などです。

有名になると

・他歌手、アーティストへの楽曲提供、プロデュース
・映画やテレビ番組などの主題歌・テーマ曲の制作
・俳優業に進出する
・起業する

といった活動をする人もいます。

とはいえ、このようにマルチに活躍できる人(グループ)はほんのひと握りです。

まずは動画サイト(インターネット)での楽曲配信、地道なライブ活動、インディーズレーベルでのCD販売といった下積みを経て、メジャーデビューを果たす厳しい業界だといえます。

シンガーソングライターの業務の内容

作詞作曲と歌唱

シンガーソングライターは、作詞作曲を行い、さらに自身が作った曲を自ら歌っています。

一般的にシンガーソングライターという場合、さまざまな音楽のジャンルのなかでも大衆音楽(ポピュラーミュージック)の分野で活動する人のことを指しています。

創作をし、CD制作をしての発表やライブ・コンサートでのパフォーマンスが主な活動となりますが、メジャーになればテレビ・雑誌などのメディア出演、イベント出演なども積極的に行います。

楽器の演奏

シンガーソングライターのなかには、ギターやピアノなど、楽器を演奏しながら歌を歌う人もたくさんいます。

作曲には楽器を用いるケースが多いことから、ひと通りの楽器は弾きこなせるだけのスキルを持つシンガーソングライターも珍しくありません。

歌と楽器の両方を使いこなせるようになると、表現の幅が広がっていくでしょう。

楽曲の提供

自分でパフォーマンスをするばかりでなく、他のミュージシャンや歌手に制作した楽曲を提供したり、アレンジを担当したりするシンガーソングライターもいます。

ここまでくるにはある程度の知名度が備わり、実力が認められるようになる必要がありますが、アーティストのプロデュースにまで携わっていくような人もいます。

そのほかの活動

シンガーソングライターをきっかけに、役者や俳優、タレントとしても活動の幅を広げていく人も多いです。

また、音楽学校や音楽スクールの講師など、自身の持つ音楽のスキルやセンスを生かして幅広く活躍することも可能です。

持っている音楽の知識や技術、人前でパフォーマンスするセンスなどを生かしながら、マルチ実力を発揮している人も少なくありません。

シンガーソングライターの役割

シンガーソングライターの役割は、自分だけの世界を生み出し、多くのファンの心をつかむことです。

自分の世界観を持ち、詞や曲に込めて歌で表現することは、ただ歌うだけ、演奏するだけのアーティストとはまったく異なります。

より歌に対するスタイルやセンスが問われる職業ではありますが、多くの人の心に感動や希望を与えることができる仕事です。

シンガーソングライターの勤務先の種類

事務所とレコード会社

シンガーソングライターをはじめ、一般にプロとして活動するミュージシャンや音楽アーティストは、「事務所(プロダクション)」と「レコード会社」それぞれと契約を結んで活動しています。

事務所とレコード会社は混同されることがありますが、まったく違う機能を果たします。

まず事務所は、シンガーソングライターが所属する会社のことです。

シンガーソングライターは事務所に所属して「マネジメント契約」を結びます。

事務所はライブやコンサートのブッキングやCDのレコーディングをはじめ、さまざまな仕事のスケジュール調整やプロモーション、その他のサポート業務を行いながら活動をサポートします。

一方、レコード会社とは、レコーディングの専属契約を行ったうえでCDを発売する会社です。

あくまでもCDの製造や流通、宣伝に関わる事業を手掛けるのがレコード会社であり、レコード会社は事務所のように、シンガーソングライターのマネジメントを行うわけではありません。

メジャーとインディーズ

一般には、レコード会社と契約を結び、CDをリリースするシンガーソングライターは「メジャー」といわれます。

それに対して、レコード会社と契約をせずに自主的にCDを制作して活動するシンガーソングライターは「インディーズ」と呼ばれています。

シンガーソングライターになるうえで、必ずしもメジャー契約を結ばなくてはならないわけではありません。

しかし、メジャーになるとレコード会社の力を借りて大々的に制作や宣伝を行うことができたり、さらに事務所に所属すれば多方面でサポートが受けられたりします。

そのため、多くのシンガーソングライターは、メジャー契約を結ぶことを夢見て活動しています。

一方、メジャーになると事務所やレコード会社の方針に従わなくてはならない場面も出てくるため、あえてインディーズで自分の道を歩み続ける人もいます。

プロとアマチュア

シンガーソングライターと呼ばれる人は、大きく分けて「アマチュア」と「プロ」の2種類います。

アマチュアの場合、ライブハウスやストリートで楽曲を披露し、自作のCDを販売したり、SNSなどを利用して宣伝をしたりしながらファンをつけていきます。

基本的に個人で活動していき、一般の会社員とは大きく異なる生活となりますが、アマチュアであってもある程度人気が高まってくると、きちんと生活できるほどの収入を得ることも可能です。

他の仕事をしながらシンガーソングライターとして活動している人も少なくありません。

一方、「プロ」といわれる人になると、音楽事務所とマネジメント契約、メジャーレーベルともCD販売の契約を結びます。

テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア出演やCD発売、ライブおよびコンサートなどでパフォーマンスしながら活動していくことになります。

シンガーソングライターと関連した職業

シンガーソングライターと同じように歌を歌う仕事には、歌手やミュージシャンがあります。

歌手は、歌をうたうことを職業とする人で、広い意味ではシンガーソングライターも含まれます。

歌手との大きな違いは、自分で作詞作曲をするか否かという点でしょう。

また、ミュージシャンは作曲や演奏をする人のことをですが、演奏をしながら歌う人もミュージシャンと呼ばれることがあります。

こちらも、ある意味ではシンガーソングライターもミュージシャンということが言えるでしょう。

歌手の仕事
ミュージシャンの仕事