女性の作曲家のキャリアパス・結婚後の生活

女性の作曲家の現状

女性の作曲家は非常に多く、映画音楽の作曲家として名を馳せた大島ミチル、NHK東日本大震災プロジェクトのテーマソング「花は咲く」などの作曲で知られる菅野よう子など、多くの女性作曲家が活躍しています。

女性作曲家のこうした活躍は、これから作曲家を目指す人にとって大きな励みと目標になることでしょう。

女性の作曲家の強み・弱み

女性作曲家の強み

作曲をする上では、女性ならではの繊細なセンスが求められることもあります。

また女性アーティストやアイドルなどに楽曲を提供する場合は、同じ女性としての感性が生かされることも少なくありません。

女性作曲家の弱み

作曲家は一人で作曲仕事をすることが多く、繊細な感性がプレッシャーやストレスにつながることもあります。

とくに締め切り前で追い詰められたり、コンペで落ち続けたりするなどの状況が続けば精神面で不安を抱えることも増えるでしょう。

とはいえ男性の中にもプレッシャーに多い人はいるため、女性特有の弱みとはいえないでしょう。

女性の作曲家の結婚後の働き方・雇用形態

作曲家の場合は、一般的な職業とは違い、結婚後や出産後も自由度が高いため、作曲を続けることは比較的容易です。

ただし家庭に時間を割くことで音楽業界の第一線から離れ、本格的に復帰した際にブランクを感じることも多く、活動の規模が縮小する可能性は否めません。

作曲家は子育てしながら働ける?

子育てとの両立は、作曲の活動の仕方によるところが大きくなります。

自宅で一人仕事をしている場合は続けることは難しくありませんが、事務所や企業に所属している場合はこれまでのように作曲が続けられなくなる可能性もあります。

そのため子ども向けの楽曲の作曲に切り替えたり、自宅で音楽教室を開いたりなど働き方を変える人も少なくないようです。

作曲家は女性が一生働ける仕事?

活動の幅は変わる可能性も

結婚や出産、子育てなどをするために作曲の規模を縮小したり、作曲以外に形を変えて音楽業界で仕事をしたりするという人は多くいます。

ただし、子どもを産んだことで幼児教育や子ども向けの楽曲に興味が沸き、自分で子ども向けの童謡を作曲したり、子ども向けの音楽教室を開いたりと、新たな活動を始める人もいます。

こうした期間をブランクととらえるか、新たなチャンスととらえるかは人によるでしょう。

作曲家に定年はない

音楽業界で働く人に定年はなく、何歳になっても作曲家を続けることはできますし、実際に高齢になってからも活躍している人は非常に多くいます。

ブランクや年齢を重ねることによって、これまでと同様の活動ができるとは限りませんが、働き方を変えたり、作曲のジャンルを変えたりしながら仕事を続けることは不可能ではありません。

長く働き続けるためには、作曲と言うジャンルにとらわれず、さまざまな角度から広い視野をもって仕事のチャンスをうかがうことが大切になるでしょう。