音楽家のやりがい

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

音楽家のやりがい・楽しさ

音楽で人の心を動かす

クラシック音楽などの音楽は、言葉を使わずに人の心を動かすだけの大きなパワーを秘めています。

演奏する人はもちろん、指揮する人や曲を作る人もまた、音楽を通じて人々の心を動かすという実感を得られます。

演奏が終了したときの大喝采は、音楽家にとって最大の報酬となるでしょう。

実力次第で評価してもらえる

音楽家は完全な実力主義の世界ではあり、実力次第で高い評価を得られる世界でもあります。

演奏会での喝采も評価の1つではありますが、わかりやすい評価基準としては「コンクール」での評価が挙げられます。

音楽家にとってコンクールは一流音楽家になるための登竜門でもありますが、血のにじむような努力の成果が認められる場所としても、コンクールの存在は音楽家にとって無視できないものなのです。

音楽の道を突き詰めていける

音楽家は、ひたすらに「自分が信じる音楽の道」を突き進んでいきます。

音楽は数学などの学問と異なり、決まりきった答えというものが存在しません。

同じ楽譜でも奏者によって解釈と演奏方法は異なり、それぞれに異なる味わいを見せてくれます。

決まりきった答えがない世界ゆえに、同じ曲でも音楽家の数だけ異なる味わいを楽しむことができ、音楽家たちはそれぞれが信じる音楽の道を追求し続けていくことができます。

音楽という文化を次代に受け継ぐ

音楽家の役割には「音楽という文化を受け継ぐ」という使命があります。

演奏家として音楽を人々に届け、作曲家として新しい音楽を生み出し、音楽講師として次代の育成に注力する、方法は異なれども、いずれの道も音楽文化を人々に届け、次の世代まで引き継いでいくために必要なことです。

音楽家の中には、そうした役割に使命感を持ち、やりがいをもって音楽文化の継承に力を注いでいる人もいます。

音楽家の仕事内容

音楽家の魅力

専門性が高い

音楽家は、音楽という高い専門性を持つ仕事です。

音楽家という仕事は誰にでも模倣できるものではなく、実力次第で人々に大きな感動を与えられる素晴らしい仕事です。

音楽家には、例えば楽器演奏に携わる人の場合、楽器を演奏する技術面でのスキルだけでなく、感性や才能、ときには運のよさも必要となります。

それらを持ち合わせても大きく成功する人はほんの一握りではありますが、高い専門性を突き詰めていける音楽家という仕事に魅力を感じながら活動する音楽家は多いです。

さまざまな人と関わることができる

「音楽に国境なし」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、実際に音楽という世界に国籍や性別などの縛りはありません。

仮に言語が通じない相手であっても、音楽を通じてコミュニケーションをとり、ときには一緒の舞台で演奏するという機会もあるでしょう。

もちろん、言語で会話ができた方が深くコミュニケーションをはかることができますが、音楽を通じてお互いを理解することができることも音楽家の魅力の1つです。

生涯にわたって音楽に関わっていける

音楽の世界には、基本的に「定年」のような年齢の縛りはありません。

個人で活動を続ける限りにおいて、気力と体力の続く限り、音楽に人生をささげ続けることができるのです。

もちろん、音楽の世界も体力や身体的スキルが影響する分野もありますが、生涯を通じて音楽に関わり続けてきた音楽家の先人たちも多く、現代においてもそうした生き方をすることは決して難しいことではありません。

メディアで紹介されることもある

優れた演奏技術や作曲センスを持つ音楽家たちは、ときにはメディアでとりあげられることもあります。

世間に名前を広めるチャンスをつかみやすい仕事であり、場合によってはメディアでの紹介を通じて新しい世界を切り開いていくことも不可能ではありません。