「コンサートスタッフ」の仕事とは

コンサートスタッフの仕事内容

コンサートやライブをはじめとするステージの準備と運営を行うのがコンサートスタッフの仕事です。

音量や音質を調整するPAエンジニア、照明を操作する照明エンジニア、映像を操作する映像エンジニア、楽器や機材の運搬を行うローディー、設営、受付、警備スタッフなどがコンサートスタッフを構成しています。

それぞれが制作会社やプロダクション、派遣会社から派遣され、自分の専門とする仕事をこなしながら、出演者と一体になって感動のステージを作り上げます。

コンサートスタッフになるには

コンサートスタッフには資格や免許は必要なく、学歴、性別、年齢が問われることもほとんどありません。

ただし、体力や腕力が必要なシーンが多いため、若い男性が重宝される傾向にあります。

アルバイトからコンサートスタッフのアシスタントを始める人も多いですが、大半は専門学校などで各分野の技術や基礎知識を身に付けてから就職しています。

専門学校では技術と知識を習得しますが、卒業後は即プロとして通用するということはなく、最初は先輩スタッフに仕事の仕方を教わりながら勤務。

一人立ちまでには数年かかる人もいます。

コンサートスタッフの給料・年収

エンジニアの場合は本人の能力に加え、所属する会社やクライアントなどにより給料には開きがありますが、年収300〜1000万円が相場だといわれています。

下積み期間は、日給5000円前後、またはアルバイトとして時給800〜1200円ほどで働くことが多いようです。

またローディーの平均月給は、新人では15万円ほど、経験を積んでベテランになると50万ほどだと見られています。

設営、受付、警備スタッフの場合は時給800〜1200円ほどで、とくに力仕事が多い設営スタッフがもっとも高時給のようです。

コンサートスタッフの現状と将来性・今後の見通し

音楽配信サービスをはじめとするデジタルコンテンツが進化するほど、「人は本物を見たくなる」といわれ、2001年以降、ライブ公演数、ライブ入場者数は右肩上がりに増えています。

今後ますますライブエンターテインメントの人気も高まり、その質を高めて円満に運営するために欠かせないコンサートスタッフのニーズは増えていく傾向にあることが予想されます。

体力を使う仕事が多いため現場で一生続けられる職種だとはいえませんが、小規模な会場に職場を移して働き続けたり、音響プランナーやなどへキャリアアップしていく道もあります。