このサイトはサウンドクリエイターを目指す人のための情報サイトです。

サウンドクリエイターとは?

サウンドクリエイターは、ゲーム音楽やアニメ、映画などのサウンドを作る仕事です。「作曲家」や「サウンドディレクター」と同じような意味で使われることもあります。この仕事をするうえで必須の資格はありませんが、作曲能力はもちろん、DTM(DAW)ソフトを使いこなす力も必要になり、サウンドクリエイターの専門学校や音楽大学を出て、ゲーム関連企業、音楽・アニメ・映像・コンテンツなどの制作会社へ就職する人が多いようです。若手も多く活躍しており、平均年収は300万円~400万円程度といわれますが、個人の実力や勤務形態の違いによってもだいぶ差が出るでしょう。コンテンツ産業のさらなる発展が見込まれるなか、サウンド制作会社に所属する独立系のサウンドクリエイターがさらに活躍するものと考えられています。

サウンドクリエイターの仕事内容

ゲーム音楽やアニメ、映画などのサウンドを作るのがサウンドクリエイターの仕事です。

広義には作曲家やレコーディングエンジニア、コンサートのPAエンジニア、サウンドディレクターなどを含むこともあります。

ゲームサウンドクリエイター(音屋)の場合は、作曲者(コンポーザー)とサウンドプログラマーで分業することもあります。

おおむね作曲者がBGMを担当し、サウンドプログラマーが効果音(SE)とサウンドのプログラミングを行います。

依頼を受けるとクライアントやゲーム制作の各担当者と打ち合わせを重ねます。

作曲はPro ToolsやCubaseというDTM(DAW)ソフトを使い、声優のボイスや演奏楽曲はスタジオでレコーディングします。

最終的にサウンドプログラマーがMIDIデータに仕上げます。

サウンドクリエイターになるには・必要な資格は?

サウンドクリエイターになるために必須の資格や学歴はありません。

ゲームメーカーやゲーム制作会社(プロダクション)などのゲーム関連企業、音楽・アニメ・映像・コンテンツなどの制作会社に就職するのが一般的です。

採用されるまでにはデモテープ審査、作曲や楽譜作成またはサウンドプログラミングといった実技試験、一般教養や音楽理論などの筆記試験、面接が実施されます。

DTM(DAW)ソフトなどのパソコンスキル、サウンド制作の実力が試されます。

音楽大学やサウンドクリエイターの専門学校のほか、情報工学部などの出身者もいます。

一般社団法人「音楽電子事業協会」が認定する「MIDI検定」(民間資格)もありますが、楽器演奏やMA(マルチオーディオ)業務などの実務経験が重視されます。

サウンドクリエイターに向いている人

サウンドクリエイターには作曲者とサウンドプログラマーという役割が存在し、分業することも多くなっています。

また、サウンド担当者以外のプロジェクトメンバーとも共同作業を行います。

作曲やプログラミングにかかる時間と同じぐらい各スタッフと打ち合わせを繰り返します。

大勢の人とスムーズに連携することが重要な仕事ですから、コミュニケーション能力や協調性、社交性、理解力、折衝力がある人はサウンドクリエイターに向いているでしょう。

パソコンや音楽全般に対する造詣が深いことは必須条件です。

そのうえで音楽以外のエンターテイメントやあらゆる分野について好奇心が強い人、多趣味な人は発想力が豊かになるため適性があるでしょう。

サウンドクリエイターの就職状況・雇用形態

サウンドクリエイターの雇用形態は正社員、契約社員、アルバイトとさまざまです。

勤務先は、ゲーム関連企業、音楽・アニメ・映像・コンテンツなどの制作会社、パチンコ・パチスロメーカーなど。

また、フリーランスで活躍する人もいます。

国内のゲーム市場はスマートフォンなどのオンラインゲームも含めると1兆円規模の成長産業です。

ただしサウンドクリエイターの募集人数は決して多くはなく、大手のゲームメーカーはとくに人気が高いため就職の競争倍率は極めて高くなっています。

複数の企業に何度もデモテープを送るなどして、自分を売り込む人もいます。

実際のサウンド制作の技術が即戦力として求められるため、学生時代にアルバイトをして実務経験を積んだり、インターンシップに応募したりするのもひとつの方法です。

サウンドクリエイターの給料・年収・待遇

大手ゲームメーカーに正社員として就職した場合のサウンドクリエイターの初任給は、大学卒業者で20~23万円程度です。

専門学校や高専・短大卒業者は18~21万円程度、大学院卒業者は21~24万円程度でしょう。

個人の実力や勤務形態の違いなどによって収入には大きな幅があります。

平均年収は300~400万円程度がボリューム~ンとなりますが、大手企業の正社員であれば、勤続年数3年までが年収200~300万円程度、5年までが400~500万円程度、10年までが500~800万円程度です。

実績を重ねてフリーランスとして独立した場合は年収1000万円以上も夢ではありません。

ただしデジタル機材の普及により、質の高さは要求されますが、単価が安く納期の短い仕事の依頼が増加している現状もあります。

サウンドクリエイターの生活・勤務時間・休日

正社員として勤務するサウンドクリエイターの場合は、土日祝の週休2日制、実働8時間が基本になります。

勤務時間についてはフレックスタイム制を取り入れている企業もあります。

平常時は残業が少なく、繁忙期は残業が月に40~60時間になるでしょう。とくに決算前の3月に忙しくなることが多いようです。

声優のスケジュールによってはボイス収録のため土日にスタジオ入りすることもあります。

各スタッフとの打ち合わせ、楽曲制作、効果音制作、ボイスや楽曲収録、サウンドプログラムの構築を行う毎日です。

また、日常的に身の回りの音を聞き分け再現できるように記憶したり、いい音楽を聴いたりするなど、プライベートでのインプットも重要です。

サウンドクリエイターの現状と将来性

ゲーム業界全体は成長していますが、スマートフォンなどのオンラインゲームが売上の6割以上を占め、家庭用ゲームはソフト、ハードともに減少傾向が続いています。

とはいえ大手ゲームメーカーへの就職希望者は非常にたくさんいます。

ゲームやアニメのサウンド制作を希望しながらもかなわず、パチンコ関係のサウンド制作に携わる人がいるのも事実です。

また音楽制作会社によっては請け負う仕事の大半はパチンコ関連というところもあります。

ゲームやアニメ関係希望者は独学で作曲やプログラミングの技術を高め、精度の高いデモテープを数多く作る努力が必要です。

今後はますますコンテンツ産業が発展することが見込まれています。

それにともないサウンド制作会社に所属する独立系のサウンドクリエイターがさらに活躍するでしょう。