サウンドクリエイターになるには

サウンドクリエイターになるまでの道のり

基礎を身につける

サウンドクリエイターを募集する各企業では、デモテープ審査をはじめ、音楽理論などの筆記試験、作曲などの実技試験が行われることが多いです。

何かしらの方法でサウンド制作の基礎は身につけておいたほうがよいでしょう。

DTMのスキルや作曲の基礎知識などを習得するためには、まずはサウンドクリエイター志望者向けの専門学校に進学する道が挙げられます。

音楽大学へ進学する道もありますが、ゲームや映画、アニメなどを作るには、クラシック音楽のみならず幅広いジャンルの音楽への理解や、コンピュータを使って作曲するスキルが求められます。

したがって、そうした実践的なことを学びやすい専門学校へ進学するケースが一般的です。

就職状況は厳しい

サウンドクリエイターは、おもにゲーム関連企業、音楽・アニメ・映像・コンテンツなどの制作会社、パチンコ・パチスロメーカーで活躍しています。

雇用形態は正社員、契約社員、アルバイトとさまざまで、非正規雇用で働く人も比較的多いのが特徴です。

大手企業であってもサウンドクリエイターとしての求人数は決して多くなく、数年に一度しか採用しないということもあります。

そのため、希望通りの会社へ就職できるかどうかは実力やセンスはもちろんですが、運やタイミングも重要であるため、根気よく、さまざまな求人を探して応募していくことが必要になるでしょう。

サウンドクリエイターになるまでのルート

サウンドクリエイターの資格・難易度

サウンドクリエイターになるうえで、何か特別な資格が求められるわけではありません。

資格よりも、知識や技術、センスが重視されやすい仕事であり、サウンドクリエイターがおもに活躍するゲーム関連企業やコンテンツ制作会社などでも、特定の資格を求められることはほとんどありません。

サウンドクリエイターになるための学校の種類

大学で学ぶ

大学の場合には、音楽大学と一般大学の情報工学系の学部・学科が選択肢として挙げられます。

音楽大学では作曲を専攻するのが一般的で、音楽を学問として体系的に学んでいくため、理論からしっかりとした知識を身につけることができます。

また、ピアノなど楽器演奏の技術も身につけられるでしょう。

一方、一般大学の情報工学系の学部・学科では、おもにコンピュータを使ったサウンド形成の技術を習得します。

現代のサウンドクリエイターはデジタルを用いた制作を手掛けることが多いため、サウンドクリエイトに特化した学びができる大学も増えてきています。

専門学校で学ぶ

音楽系の専門学校のなかには、サウンドクリエイター志望者に焦点を当てたコースを置いているところもあります。

音楽制作の基礎からDTMによる作曲・編曲、レコーディング技術などまで広く学ぶことができるでしょう。

大学に比べ、就職を見据えたより実践的なカリキュラムが組まれており、技術面の向上や、就職サポートに力を入れている学校が多いようです。

独学でサウンドクリエイターになれる?

サウンドクリエイターになるために、絶対に特定の学校に通わなくてはならないということはありません。

制作会社によっては、学歴は不問ということもありますし、独学で作曲の基礎を学び、自身でDTMソフトを使って曲作りをすることは可能です。

すでに経験のある人、実績を残している人ほど採用されやすく、さまざまな企業で活躍できるチャンスは多いといえるでしょう。

公募のコンテストに応募して業界関係者の目に留まったり、企業にデモテープを送ったりすることで声をかけてもらえる可能性もあります。

実力を高めつつ、自分を売り込む姿勢は必要になってくるといえるでしょう。

サウンドクリエイターに向いている人

サウンドクリエイターは、限られた時間の中でつねにクオリティの高いものを生み出さなくてはならないという精神的プレッシャーの強い仕事です。

ただ音楽が好きというだけでなく、よい作品を完成させるという覚悟やプロ意識、また音に対する自分自身のセンスや感性を磨き続ける努力ができる人こそが、サウンドクリエイターに向いているといえます。

サウンドクリエイターに向いている人・適性

サウンドクリエイターのキャリアプラン・キャリアパス

サウンドクリエイターを募集する企業のなかでも、大手のゲームメーカーはとくに人気が高いため、就職の競争倍率は極めて高くなっています。

複数の企業に何度もデモテープを送るなどして、自分を売り込む人もいます。

即戦力を求める企業も多く、実際のサウンド制作の技術を磨くために、学生時代にアルバイトをして実務経験を積んだり、インターンシップに応募したりするのもひとつの方法です。

コネクションも重要な要素となるため、まずは正社員以外の雇用形態であっても業界に入り、そこから人脈を広げて、思うような仕事ができるチャンスを掴み取る人もいます。

また、正社員としての就職が厳しい場合、まずはアルバイトとして制作現場に入り、経験と実績を積み上げて正社員を目指す人も少なくありません。

決して甘くはない世界ですが、スキルやセンスがあると認められれば、たとえ若くても売れっ子サウンドクリエイターとして活躍できる可能性があります。

サウンドクリエイターを目指せる年齢は?

年齢制限はない

サウンドクリエイターの求人数はさほど多いわけではなく、転職でサウンドクリエイターを目指すことは決して楽ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

年齢制限はとくにありませんが、実務経験の有無にかかわらず、DTMソフトを扱える技術や、作曲スキルを高めておくことは大事です。

また、実務未経験者はアルバイトや契約社員からスタートという例もよく見られます。

若い人材が多数活躍している仕事であるため、転職をするのであればできるだけ早いほうがチャンスを掴みやすいといえるでしょう。

人脈を利用する

サウンドクリエイターが活躍する業界は、人脈でつながっていくことも多く、業界関係者からの紹介で転職するケースも見られます。

人脈がない場合には、サウンドクリエイター関連の仕事に特化した求人情報サイトや転職支援サービスを利用するのもよいでしょう。

サウンドクリエイターの求人はあまり出ていないため、限られた時間で転職活動を成功させるには、効率よく求人を出している企業を見つけることが重要です。

また、ひとことでサウンドクリエイターといっても活躍の場はさまざまであるため、どのようなジャンルのサウンド制作に携わりたいのか明確にしておきましょう。

サウンドクリエイターは女性でもなれる?

女性も平等に働ける

サウンドクリエイターは、性別にかかわらず、自らのセンスや感性を発揮することができる仕事です。

しかし、その一方でハードな仕事であるということも理解しておく必要があります。

サウンドクリエイターは納期に追われて働く毎日となりますし、作品制作には大勢のスタッフが携わるため、すべて自分の思い通りに仕事ができるわけではありません。

女性の場合、周囲からの配慮はあるかもしれませんが、基本的に女性だからといって特別扱いされるわけではなく、男性が多い職場で同じように働かなくてはなりません。

実力がある人だけが生き残っていけるという厳しさもあるため、やりがいと厳しさの両方を感じながら、腕を磨き続ける努力が求められます。

さまざまな働き方ができる

サウンドクリエイターは、アルバイトとして働くこともできますし、フリーランスとなって個人で仕事を請け負うことも可能です。

もちろん、フリーランスとなれば会社のサポートを受けられないため、自分に実力がなければ継続して案件を受注して生活できるだけの稼ぎを得ることは難しいのは事実です。

しかし、会社勤めに比べて勤務時間の自由度はぐんと増すため、結婚や出産後もフリーランスとして働き続ける女性クリエイターは多いです。