ミュージシャンの募集情報はどこで探せばいい?

ミュージシャンのなり方

いつでもミュージシャンになることはできる

ミュージシャンになれる可能性は、いつ、誰にでもあるといえます。

音楽業界の不況は続いていますが、音楽そのものに対する需要は未だに衰えることはなく、毎年さまざまなミュージシャンが新しくデビューを果たしています。

音楽業界の関係者はつねにミュージシャンとして成功する可能性を秘めた人材を探しており、いつ、どこで業界関係者の目にとまるかわかりません。

もちろん、ミュージシャンとして成功するのはその中の一握りではありますが、ミュージシャンとして地道に活動していればいつかはデビューのチャンスもめぐってくるかもしれません。

スタジオミュージシャンの採用は厳しい現状

ミュージシャンの中には「スタジオミュージシャン」として働いている人もいますが、スタジオミュージシャンの採用は厳しい現状であるといえます。

他のミュージシャンのレコーディングなどをサポートする立場にあるスタジオミュージシャンの仕事は、どうしても一部のベテランミュージシャンに仕事が集中しやすい状況にあるため、新しい人材があまり求められていない環境なのです。

仮にスタジオミュージシャンとして仕事を始めても、新人にはなかなか仕事が回されなかったり、報酬の安い仕事しか任されないことも多いです。

海外で活躍するという選択肢も

ミュージシャンの中には、日本人でありながら海外を活動の中心として活躍しているミュージシャンも少なくありません。

一昔前と比較して日本人ミュージシャンの海外での活動が歓迎される傾向にあり、厳しい世界ではありますが世界的に活躍するミュージシャンとして大成することも不可能ではありません。

ミュージシャンのオーディション

ミュージシャンのオーディションとは?

レコード会社や音楽プロダクションは、年間を通じて数多くのオーディションを開催しており、オーディションは新人ミュージシャンの発掘を目的としています。

年齢や性別が問われないケースも多く、音楽を愛する気持ちとそれに見合う実力を発揮することができれば、基本的に誰でもオーディションに参加することができます。

バンドやボーカリスト、各楽器の演奏者その他にも作曲や編曲など、幅広いジャンルでプロのミュージシャンを目指す人がオーディションに参加します。

オーディション情報の探し方

現代におけるミュージシャンのオーディション情報の探し方として最も一般的なのは「インターネットを利用する」という方法です。

開催地は首都圏が中心となる傾向にありますが、全国さまざまな地域でも開催されていますので、参加しやすい地域に絞ってオーディション開催情報を探すこともできます。

デビューのチャンスを広げるためにはさまざまなオーディションに参加することも1つの手段ですが、開催するレコード会社等によって採用されやすい人材の傾向は異なります。

自分の音楽性や志向に合った会社が主催するオーディションに絞って参加するのも1つの手段です。

オーディションの流れ

オーディションは複数段階の審査が採用されることが多く、一次審査は「デモテープ」によって審査されることが多いです。

二次試験では審査員と面談を行ったり、審査員の前で腕前を披露するなどの手法がとられることが多いです。

審査員として参加する人は日ごろから数多くのミュージシャンの腕前をチェックしており、デモテープの1次審査に通るだけでも困難な道のりです。

自分の実力を最も発揮できる選曲、録音時の音質や音量などにもこだわり、最大限のパフォーマンスを発揮したデモテープを送りましょう。