作曲家になるには

作曲家になるまでの道のり

レコード会社主催のオーディションやコンクールに応募する

作曲家になるためには、レコード会社やプロダクションなどで行われているオーディションに参加するという方法があります。

オーディションのテーマに合った曲を作り、選考に残っていくことで、アイドルやアーティストの曲を作曲できるチャンスをもらうことができます。

これは参加者のセンスや実力、楽曲の良さ、デモテープの完成度などを問われる、非常にハードルの高いものです。

以前はオリジナル曲を持って、レコード会社に直接売り込みに行くことも方法としてありましたが、現在では、各レコード会社がオーディションやコンテストを立ち上げているので、まずはそこからチャレンジするのが一般的です。

音楽活動をして業界に入る

作曲家といってもジャンルが多くあり、ロックからクラシックまで多岐に渡ります。

まずはスタジオミュージシャンやシンガーソングライターなどとしての活動いくなかで、作曲センスが認められ作曲家としての道が開ける人も少なくありません。

作曲家になるまでのルート

作曲家になるための学校の種類

作曲家には音楽に関する高い知識が求められます。

とくに、クラシック音楽の場合は楽譜が読めたり書けたりすることが必須条件ですし、各楽器パートの譜面を作ることになるため、多くの楽器を知っている必要があります。

クラシック音楽や映画音楽などの作曲家として活躍したいのであれば、音楽理論が非常に重要になってくるので、音楽学校や音大に通って本格的に学んでおくべきでしょう。

卒業後は教授などの人脈で作曲家に弟子入りしたり、自らの曲をコンクールで発表したりしてチャンスを掴みます。

ちなみに作曲家には資格が必要ないため、絶対学校に通わなくてはならないということはありません。

むしろ正式な教育を受けたらかといって、作曲に関する全てが身につくわけではなく、卒業してからも一生勉強の連続と考えましょう。

作曲家になるためにはどんな学校に行けばいい?

作曲家に向いている人

表現力のある人

作曲家として生き残るためには、まず自分のメロディーを美しく聞かせるための「表現力」を磨かなければなりません。

表現力とは、演奏力や歌唱力、アレンジ(編曲)と人によってさまざまです。

せっかくの楽曲が、下手な演奏や聞くに堪えない歌唱力、メロディーを生かせないアレンジなど表現力が足りないために世に出ない可能性もあります。

勉強を続けられる人

作曲家を一生続ける仕事と考えれば、何にでもチャレンジし、学んでいく姿勢を持つべきです。

基本的には作曲家はどんなジャンルでも対応しなくてはなりません。

そのため自分の目指したいジャンルに特化するだけでなく、いままでチャレンジしたことがない音楽に着手したり、興味のない音楽も聴いてみたりするなど、努力が欠かせません。

作曲家は自分の作った音楽が多くの人の心に届き、そこで感動が伝わるかどうかが勝負を分けるカギとなります。

どんなに自分でいい曲ができたと思っても、相手に心や感動が伝わらなければ意味がありません。

そのためには作曲家としての努力を欠かさず、自分の心や感性も高めていく方法を考え続けなくてはなりません。

作曲家に向いている人・適性・必要なスキル

作曲家のキャリアプラン・キャリアパス

音楽業界からの転身

Jポップの場合、バンド経験者やシンガーソングライターから作曲家への転身というのが多く見られます。

地道にバンド活動をしていくなかで、レコード業界に名前を知られ、作曲の発注が来るようになるという道のりです。

同じようにインディーズでCDを作ったり、YouTubeで発表したりして、作曲能力を業界にアピールしていくというアプローチもあります。

バンドやシンガーソングライターとの両立

作曲というと、メロディーやコード進行といった面に注意が行きがちですが、バンドでは、ノリ・ビート・グルーブといったリズム面の感性がとても重要です。

そのためにバンドのメンバーとして音楽活動を通して、いろいろなリズムの乗り方や演奏方法、揺れるリズム(グルーブ)の感覚を身につけることは貴重な経験です。

またメンバー同志の会話や心の交流を通じて、音楽づくりの現場や音楽業界で働く人間としての成長も望めます。

ちなみにヒップホップやダンスミュージックを作曲する人は、トラックメーカーと呼ばれることが多く、メロディーというよりも、バックサウンドを作るのが仕事です。

作曲家を目指せる年齢は?

音楽業界ではいわゆる定年はなく、歳を重ねても作曲家として活躍している人は非常に多いです。

しかしいままでまったく音楽に触れてこなかった人がいきなり作曲家を目指すのは現実として非常に難しいです。

趣味としてならまだしも、プロとして音楽で生計を立てていくと考えるのであれば、できるだけ早い段階で作曲の勉強を始めるのがよいでしょう。