作曲家のやりがい・楽しさ・魅力

作曲家のやりがい・楽しさ

メロディーで人の心を豊かにする喜び

自分の中から生まれたメロディーがCDやネットで世界に配信され、多くの人の心に伝わっていく喜びは、とても大きなものです。

素晴らしいメロディーは聞く人の心を豊かにし、感動を伝えます。

作曲家として評価されれば、後世に残り世界中で歌いつがれることも夢ではありません。

作曲家の仕事はある意味芸術ともいえ、自分の表現したことが人を幸せにできる大きなやりがいのある仕事です。

社会に大きな影響を与える

音楽には、世の中を変える力があります。

平和を祈る音楽が世界中で歌われたり、災害や事故の最中(さなか)、人々が歌を歌って支え合ったり、スポーツの応援で何万人が同じメロディーを口にして心を一つにしたりと、音楽は大きな影響力を持っています。

作曲家は自分の作る音楽が世の中を変え、社会を大きく変えることもあるかもしれませんし、ときには社会貢献さえできる仕事なのです。

作品に花を添える

作曲家は、ときにドラマや映画、ゲームなどの作品作りに携わります。

こうした仕事を受ける場合は、事前に明確なシーンは出来上がっておらず、あらすじや大まかなイメージのみで作曲することも非常に多くあります。

実際に完成品を目にし、イメージ通りの作品に仕上がっていたり、思い通りに場面にハマっていると感じたりしたときには、大きな達成感を感じます。

自分が想像力を働かせながら作った曲が、作品に花を添えることができるのは、大きな魅力です。

作曲家の仕事内容

作曲家の魅力

作曲の魅力

人は音楽を聞くことで、時として心が大きく動きます。

音楽を聞いて不意に涙が出てしまったり、さみしいときに音楽を聴いて勇気が沸いてきたり、仲間と共にメロディーを口ずさむことで、友情を感じたりなどした経験は誰でもあるでしょう。

音楽は太古の昔から人間によって生み出され、愛され続けてきた人の心にとって大切なものです。

それを自分の心から生み出すことができるのが、作曲家の仕事の最大の魅力といえます。

著作権による印税

作詞と作曲には「著作権」が認められています。

正しく著作権の契約を結べば、その曲が売れたりメディアで流れたりする度に印税が発生します。

カラオケや楽譜の出版、動画配信、ライブハウスでの演奏などでも、印税が発生し、もし作曲した楽曲が大ヒットすれば、何千万円単位の巨額の印税を手にする可能性もあるのです。

自分にしかできない仕事

作曲家はときに「ぜひあなたにお願いしたい」と依頼を受けることがあります。

人気や実力があれば「この曲はあなたにしかできない」と言われることもありますし、曲を聞いただけで「この曲は○○さんの作曲」だとわかるほど認知されることもあります。

実際に作曲家が手掛ける楽曲は他の人が簡単にマネできるものではありません。

作曲家が手掛ける楽曲は唯一無二のものであり、ほかの仕事のように簡単に代理が利かない大切な仕事といえます。