歌手の求人・採用募集状況

スカウトやオーディションで合格を

歌手は誰もがなることのできる職業ではありませんが、人の心を感動させるような歌を届ける仕事として、一定の需要はあります。

ただし、一般的な仕事のように公然と募集をしているということはあまりなく、スカウトを受ける、オーディションに合格するなどといったプロセスが必要になります。

歌手になりたいのであれば、とにかく業界関係者の目に留まるように活動域を広げることが重要なのです。

具体的な方法としては、アマチュア向けに開催されるのど自慢大会や歌のコンテストなどに出て存在をアピールする、音楽事務所に履歴書やデモテープを送る、東京や大阪でバンド活動をしながらデビューの道を模索するなどがあります。

また、これ以外にもインディーズレーベルの事務所に所属して、そこで人気と実力をつけながらメジャーデビューの声がかかるのを待つという方法もあります。

近年ではインターネットで注目を集め、テレビに出演する人もいます。

チャンスを掴むためには、個人の努力と運が必要な世界といえるでしょう。

レストランやバーでは求人があることも

歌手のなかでも、レストランやバーで定期的に歌を歌うような仕事の場合は、求人が出ていることもあります。

ただし、正規雇用というわけではなく、アルバイトのような非正規雇用として募集することが多いようです。

結婚式場のコーラスやイベント会場での歌の仕事もありますが、こちらは不定期なので、あくまでも空きが出れば募集が出るという流れになります。

歌手への転職

会社に就職をしながらも、好きな音楽の道で生きるという夢を捨てずに、休日や仕事時間外を使って地道に曲を作ったり、ボーカルスクールに通ったり、ライブ活動をしていたりする人は多くいます。

一般的な「転職」のイメージとは少し異なるかもしれませんが、現在歌手として活躍する人の中にも「元会社員」の経歴を持っているケースは決して珍しくありません。

歌手は、実力やセンスさえあれば、学歴や資格は関係なく誰でも目指せる職業です。

また、年齢もあまり問われず、実際に30代を過ぎて「遅咲き」と言われながらデビューする人もいるので、別の業界からの転職も諦める必要はありません。

転職をする前の注意点

歌手は、良くも悪くも特殊な職業だといえます。

芸能人やタレントと同じように、人気商売の面も大きいですし、ある曲がヒットしたとしても、次の曲からはまったく売れず、稼げなくなり、第一線から消えてしまう歌手は大勢います。

歌手への転職を目指すのであれば、そういった厳しい現実を理解しておくことと、世間の逆風に負けずに立ち向かう勇気と精神力が求められます。

歌手として目立つようになれば、たくさんの人から「素晴らしい」と評価してもらえる反面、叩かれたり、批判の声にさらされたりすることもあります。

しかし、落ち込んで自分が立ち止った瞬間、歌手としての活動は終わってしまいます。

「歌が好き」という熱意は絶対に必要ですが、それに加えて「どんな逆境も跳ね返してみせる」という覚悟も持っておくべきでしょう。