女性のラジオパーソナリティのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するラジオパーソナリティには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のラジオパーソナリティの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のラジオパーソナリティの現状

ラジオパーソナリティの業界では、男性も女性も同じように活躍しています。

特にFMラジオだと、女性パーソナリティの方が数多く活躍していると言っていいでしょう。

これは男性の声よりも女性の声のほうがやわらかい印象を与えることができることも大きいようです。

女性のラジオパーソナリティの強み・弱み

女性のラジオパーソナリティの強み

女性パーソナリティの強みは、男性よりも声がやわらかい、優しい印象を与えられることから多くの人に受け入れてもらいやすいことです。

テレビ局アナウンサーを経験した後にラジオパーソナリティを始めたり、イベントなどの司会業をしながらラジオパーソナリティをしたりしている人も少なくありません。

女性のラジオパーソナリティの弱み

ラジオはリスナーの距離が近いメディアです。

反面、ラジオパーソナリティに親近感を感じすぎるリスナーがいるのも事実で、「ラジオで話をしているタレント」と理解せずまるで友達のように錯覚してしまうこともあります。

稀なことではありますが、リスナーがパーソナリティをつきまとうなどのストーキング行為に及んでしまうこともあります。

特に、女性パーソナリティの場合は、男性リスナーにつきまとわれてしまうなど、恐怖を感じることもあるかもしれません。

ラジオパーソナリティの結婚後の働き方・雇用形態

ラジオパーソナリティは、妊娠・出産などをきっかけにフリーランスになる人が少なくありません。

結婚や出産などライフスタイルが変化するタイミングでフリーランスになることで私生活を優先したり、都合のよい時間帯だけ働いたりすることができます。

その分収入は不安定になりますが、人気や実力さえあればこれまでと同じように仕事を続けることができるでしょう。

ラジオパーソナリティは子育てしながら働ける?

ラジオパーソナリティが育児をしながら働けるかどうかは、仕事の内容や勤務スケジュールによります

既に帯番組を持っていたり、固定のスケジュールで働いている場合は、育児を助けてくれる人を見つけたり、保育所などの預け先を確保したりする必要があります。

もちろん、育児の悲喜こもごもをトークに生かして働き続ける女性パーソナリティは少なくありませんし、それによって新たなファンを得ることも可能です。

ラジオパーソナリティは女性が一生働ける仕事?

男性も女性も活躍できるのがラジオパーソナリティという職業です。

男性パーソナリティと女性パーソナリティでは担当するジャンルや傾向はかわりますが、リスナーからの支持や共感を得ることができれば男女問わず人気パーソナリティになることは可能です。

女性のラジオパーソナリティのキャリアパスのまとめ

ラジオパーソナリティの業界では、男性も女性も同じように活躍しています。

女性パーソナリティの強みは、男性よりも声がやわらかい、優しい印象を与えられることから多くの人に受け入れてもらいやすいことです。

妊娠・出産後も育児の悲喜こもごもをトークに生かして働き続ける女性パーソナリティは少なくありませんし、それによって新たなファンを得ることも可能です。

男女問わず人気パーソナリティを目指すことができるのもこの仕事の魅力です。