ラジオパーソナリティのつらいこと・大変なこと・苦労

人々が憧れる華やかさの裏で、ラジオパーソナリティは多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、ラジオパーソナリティの仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

ラジオパーソナリティのつらいこと・大変なこと

ラジオパーソナリティは、番組でさまざまなことをテーマにトークをしなければなりません。

そのジャンルは、エンターテインメントから政治経済や、社会現象など多岐に渡ります。

パーソナリティ業のニーズが高い話題が豊富なパーソナリティになるには、日々の努力が必要不可欠です。

番組の本番までに時事問題や話題の映画、音楽などさまざまなコンテンツを見聞きして下準備しなければなりません。

生活のあらゆることが仕事につながっているため、プライベートと仕事の区別がつかないというパーソナリティも多くいるようです。

ラジオパーソナリティの悩み

自分自身を世間にさらす仕事

ラジオ番組でパーソナリティを勤めるということは、自身の考えや主義主張・人間性があらわになるということです。

どれだけおもしろい番組や人気番組のパーソナリティを勤めていても、そのパーソナリティをよく思わないリスナーもいます。

ときにはちょっとした一言でリスナーからの批判や大きなバッシングを受けたりすることもあるため、気苦労が絶えない職業といえます。

行き過ぎたファンの行為

ラジオは他のメディアに比べると、送り手側(パーソナリティ)と受け手側(リスナー)の距離感が近いメディアといえます。

そのため、リスナーがパーソナリティに対して、過度の追っかけ行為やストーキング行為に走ってしまうこともあります。

行き過ぎたファンの行為から身を守らなければならないことも、ラジオパーソナリティが苦労する点です。

体調管理

ラジオパーソナリティは、声が商売道具のため健康管理は欠かせません

とくに喉に関しては人一倍神経を使ってケアしなくてはなりません。

そのため、花粉症の時期やインフルエンザなどの病気が蔓延する時期は気を抜けません。

聞き苦しい声で放送をすることは許されませんし、万が一体調を崩して番組に穴をあけてしまっては多くのスタッフに迷惑をかけてしまいます。

また、番組を楽しみにしているリスナーの期待を裏切ってしまうことになりかねません。

毎日マスクをしたり、加湿をしたり、飲み物に気を使ったりとさまざまな努力をして体調管理に気を使うことが大切です。

ラジオパーソナリティの苦労のまとめ

ラジオパーソナリティは番組でさまざまなことをテーマにトークする関係上、休日でもトークのネタを収集し、プライベートと仕事の区別がつかない人も少なくありません。

また、パーソナリティとしてマイクの前で話すことは、少なからず自身の考えや主義主張・人間性を人前にさらす行為です。

ときにはちょっとした一言でリスナーからの批判や大きなバッシングを受けたりすることもあるため、気苦労が絶えない職業といえます。

ラジオパーソナリティは声が商売道具であるため、毎日マスクをしたり、加湿をしたり、飲み物に気を使ったりと、裏では涙ぐましい努力をしています。